トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

欲望の資本主義 労働を基本にしたシステムの今後

NHK 欲望の資本主義を観ました



興味本位で録画予約をしていた番組でしたが
内容はとても良かったです

いろいろな気付きを与えてくれました


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


スコット・スタンフォードというゴールドマンサックス出身の
ベンチャーキャピタリストが出演していました

現在は シェルパキャピタルCEOとして
ウーバー・テクノロジーズの事業にも関わっているようです

「人間が運転することが違法になる日が生きているうちにやってくるだろう」

イーロン・マスクが語った言葉を「仮定」としながらも
自動化が進んでいくことで、未来の生活が劇的に
変わっていくことを、目をキラキラさせながら語っていました


子供 勇気 欲望
Rick Englert

労働を基本にしたシステムから
高度に自動化されたシステムへ移行していく

人の労働に基づくシステムだから
そのうちの半分が仕事をしなくなったら
社会システムそのものが変わらざるを得ない


雇用は人を扱っているからコストを限界まで落とすことができない
ブラック企業問題などは、その過渡期で顕在化している問題の1つ

最新テクノロジーで自動化できる仕事が増えてくれば
コストは極限まで減らしていくことができる
コストが減れば、サービスの提供価格も下がっていく

でも、仕事を失う人もいるから 失業率は増えていく

働く必要はなくなったけど、収入を得る機会も途絶えてしまった時
政府はどんなカタチで、どこまで保障をしていくのだろうか

やっぱり、いろいろな意見を丁寧に聞いたフリをしながら
そこそこの時間をかけて、合意形成を作って
まったりと決めていくんでしょうか まったりとね

そんな未来は、富がより偏在化していくわけです
租税回避問題も含めて、現行税制でどこまで財源を確保していけるのか

問題山積だけど、のろまな政府、のろまな国民意識の脇では
急激なスピードで変化を企んでいるトップランナーがいるわけです


セドラチェクさんも最高でした

自由とはかつて「物からの自由」を意味していた
しかし、今や自由といえば「消費する自由」だ

要らないものを買うために、したくもない仕事をしている


ああ、もう完全に同意です (´▽`)/


こんな番組だったら、4時間くらい観ていられる

民放はこういう番組作らないですよね

特に現在 プレッシャーのきつい あの局とかは

貧すれば鈍する ですな


善と悪の経済学

トーマス・セドラチェク 東洋経済新報社

by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 仕事 自動化 欲望 資本主義 租税回避
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4772: by いろいろでセカンドライフ on 2016/05/31 at 11:30:30

学生のころに読んでいたSFには
完全に自動化され自己修復・自己進化機能の付いた農業工場や生産ライン、そして、細胞培養による畜産が良く書かれていました。
人間は生きるための労働からは通常解放されていますから。
後は趣味としてホメオスタシス状態の宇宙船内で
数万年の旅なんてことしているわけです。
生殖する必要も無いし、寿命も物理的な制約からはほぼ逃れていて。長寿命による精神的な破たんも、データの再構築でほぼ無限の安定性を持っている。
まぁ、人間じゃなくなっているんですけど、別に人間である必要も無いわけです^^


4773:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/05/31 at 21:37:36 (コメント編集)

生きるための労働から全員が開放されるかは
結構 微妙なところだと思いますよ
人の欲望の中には、他者との優越も含まれますから

趣味としての仕事っていうのは
暇な時にトレーニングジムに行って
気まぐれに汗を流すような感じなのでしょうかw

4774:ネオお江戸 by アホンダラ on 2016/06/01 at 02:01:49

現在でさえ、結果平等にしてしまえば午前中働いて
午後は帰宅して自由時間、なんだそうです。まるで
江戸時代のお江戸の生活ですね~、朝湯して夕方も
湯ぅへ行ってと・・風流ですね。

そうならないのは資本の原理のせいですね。バクチ
ですから、損するくらいなら24時間働いてでも取り
返せるものは取り返さねばならぬ。

共産主義の理想のように、政府が一番効率的に社会
を動かせばいいんですけど。出来るワケない。逆に
政府がすることは全て一番効率的で正しい、と主張
し出して、まったくグロテスクな社会になります。

お江戸は遠くなりにけり。

4787:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/06/06 at 06:46:30 (コメント編集)

コメントを読みながら、そうだよなぁと思いました

江戸時代のお話 昔読んだことがあります
のんびりしていて、いい時代だったようですね

やはり自分でコツコツ貯蓄して
理想的な生活を実現するのが早そうです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS