トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

合理的な価格形成ってなんですか

市場にも諦めの気持ちを持つ



私の保有株 最悪どこまで下落するんだろう のつづきです

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


合理的な価格形成ってなんですか



現在保有している会社の10年を振り返ってみました

時価総額は大きく変動しているのですが
大半は増収増益を続けていました
つまり会社は成長をしているにも関わらず
成長鈍化を懸念されて売られたわけです

孔雀 華麗 アピール
Nevit Dilmen


売られる時はそんなことは考慮されません

市場まるごと売られます

売られて株価が下がり続けていくことで
下がることに狼狽した人は楽になりたい一心で売ります
それがスパイラルしていきます

持っていて安心と考えている会社だったとしても
他の会社の株価が急激に下がっていったら
乗り換えたくなる気持ちも出てきます
そして循環していくわけです

その結果、あんなグラフの推移になったんだと思います

少なくとも、私が保有している株については そんな感じです


合理的な価格形成とは程遠い世界です



そして今回も業績への影響は軽微なはずです

新興国に工場も持たず、現地企業との取引もない
むしろ原油安メリット、円高メリットが多い

直接的なダメージはありません

もちろん間接的なダメージは多少あるはずです

個人消費者向けだけではないので
受注が減ったり、取引先の債権回収が困難になるかもしれません



その一方で債務超過にも関わらず
圧倒的な販売店舗数と顧客数により
潤沢なCFを保持しているため
資金ショートの可能性はないものの
赤字を垂れ流しながら存続している企業もあります

そんな企業の株価は未だに高値を維持し続けたりしています


こういう結果を見ると やっぱり株は娯楽だなって思うんです

そして諦めの株式投資になるわけです



[参考記事]
諦めの株式投資
レバレッジ収縮と不景気は全く違う


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 合理的 効率的市場 総悲観 過熱感
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4406:もっともっと騒いでヨ!1勝9敗 by アホンダラ on 2016/01/18 at 23:58:15

なんか静かだなぁ。こんな時はまだまだグヮ~と
落ち続けるし、紫の老魔女の言う日経3000円まで
行っちゃうかも・・ まだまだ楽観視するシロート
が多いうちは、底なんて遠いと思いますわ。

投資なんてものは、その元来の性質からして損を引
き受ける行為だから、娯楽の女王であるMアソビの
ようなモンです(私は実際に縛られたことはないよ)。

私も、既に諦めています。まあ10年待てばナンとか
なるでしょう。高級ウイスキーの醸造を思えば短い
もんですわ。ただ、腐ってなきゃいいけどねぇ~

4407: by プライア on 2016/01/19 at 07:38:00

かつては市場は合理的というのが一般的な考え方でしたが、
投資の世界にも最近は理不尽が蔓延して来てますねw

でも長い目で見たらやっぱり合理的なんだろうし、
瞬間瞬間の確変状態時に強い人が勝てる人なんでしょうな。

4408:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/01/19 at 21:21:34 (コメント編集)

紫さんは3000円って言ってるんですかw

その値段で売買が成立するってことは
売る人もいるってこと 面白いです

4409:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/01/19 at 21:29:18 (コメント編集)

株式市場の場合、たしかに長い目でみれば
合理的な水準に寄って行くような感覚はあります


株式市場だけに限らず、多くのリアルな市場で
合理的な価格だなって思えることが私の場合は少ないです

だからこそ、消費から遠のいてしまっています

人口知能の発展は合理性を高める方向に進むはずです
いつの日か情報格差は今よりも格段に減っていることでしょう

4417: by 招き猫の右手 on 2016/01/22 at 17:55:45

大きく動く時は合理性なんて関係ないですもんね。
信用でやってるひとが、資金を用意するためにまともな会社の現物も売ったりするとなるともう関係ないです、逆に言えばそういう時が仕込み時なんでしょうね。

4418:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/01/22 at 20:57:30 (コメント編集)

株式市場では期限が決められた売買を余儀なくされている
人たちが占める割合もきっと多いはずですよね

指摘のような切羽詰まった状況の売買もあるだろうし
急な金策が必要とか相続関係で株を動かせないとか
本当にいろいろです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS