トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

手元に資金もないのに借金をしてマイホームを買うことの問題

問題の本質はどこにある



総務省統計局の家計調査は金融資産のみを評価しています
バランスシート全体を見ているわけではありません

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


手元に金もないのに借金をしてマイホームを買うこと



住宅、土地のための負債
マイホームが大半だと推測されます

住宅ローン 負債 家計
家計調査 貯蓄 負債
総務省統計局の家計調査 世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況


40代のローン残高は平均で1400万円くらいでしょうか
近年、ローン残高が増えつつあるようです

マイホームの時価は評価されていないので
資産全体で見れば債務超過ではないはずですが
こうして見ると借金額 やはり大きいです

この状況で家計貯蓄が880万円程度あったところで
積極的な投資運用なんて、出来るはずもなく
繰り上げ返済でもした方が確実で安心となります


その結果、株式投資などでアベノミクスの恩恵を
直接的に授かっているのは
こんな構造的な問題の蚊帳の外にいる人か
ローン返済を終わっている人に限られているように感じます

余裕資金での投資が基本です
その余裕資金を失っているのが
この迷宮に迷い込んでしまった 30代、40代ということになります

だから、この世代が自ら進んで
早期リタイアすることは相当にめずらしいことです

そして、早期リタイアさんが この構造を問題視することも
まあ当然の帰結だと思うんですよね


問題はどこにあるのかというと お金に余裕がないにも関わらず
借金までして、収益を生むことのないマイホームという
耐久消費財に一点集中で多額のお金をつぎ込んでいることです


そして、あまりに高い価格帯でマイホームを
購入してしまっているという紛れもない事実です


もし、どうしてもマイホームが欲しいのなら
余裕資金が出来てから、あえて借金をして
買うのがべストな選択だろう と思っています


お金は人を選ぶと言われますが
借金はそれ以上に人を選びます

借金は資本主義の原動力そのものです




[参考記事]

お金がある人しか借金をしてはいけない
借金をさせない方法
借金がなくなる瞬間


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: マイホーム 不動産 ローン 家計 投資
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4307: by さいもん on 2015/12/29 at 08:11:32

有利子負債ゼロは投資機会が見えてないって事ですから、あまり威張れた事ではないですよね。それでも勝算なしに借金するよりは遥かにマシなんですが、自宅を買うときにシビアに勝算を考える人は殆どいませんね。

4308:さいもんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/29 at 08:39:50 (コメント編集)

まったく、おっしゃるとおりです

なぜマイホームを蚊帳の外に置きたがるのか
私には さっぱりわからないです

4309: by 煙々 on 2015/12/29 at 08:53:30

収入次第と思うところはありますが、多くの住宅ローンを組むことが問題なだけと思っています。1000万円や2000万円程度で、平均的なサラリーを貰っているような人なら、問題になりえることは少ないかと。

それを無謀にも5000万円とか6000万円も借りるから。ローンなんて、余裕な返済計画で組むべきだと思ってます。それが分かっていない人が多すぎ。

4310:煙々さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/29 at 09:24:12 (コメント編集)

フローは突然途絶えることがある点が要注意だと思っています
これはリスクをどこまで見込むのかってことですね
私が慎重すぎる部分も多分にあると思います

おっしゃるとおり 借金と収入のアンバランスの結果で
概ね破たんするわけですが
ストック価値も最終局面では大きく影響します

4311: by プライア on 2015/12/29 at 15:23:13

投資に興味を持とうとしない者がその恩恵を受けられないのは当たり前のことです。

でも住宅を買うのも一つの投資なのに、それをしたがためにその恩恵に預かれないなんて想像を絶しますね。

4312: by とま on 2015/12/29 at 17:24:18

上がる(高く売れる)なら借金付きでも問題ないですが、単なる消費(下がる)なら買わないのが得策ですね。
下がるものを借金付きで買うならいくらフローがあっても完済するまでは皆債務超過で破綻予備軍ですよ。
住居費を浪費している方が大半ですが、ほとんどの方がそれに気づいていません。

4313:http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/ by たんちん on 2015/12/29 at 18:24:08 (コメント編集)

50歳くらいならマイホームを売って残債がなくなる程度で残金は残らないケースが多いです。

家賃よりローンの方が、家のグレードが高く支払いが安いので買うらしいです。



4314:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/29 at 18:39:27 (コメント編集)

投資だとわかっていれば真剣になると思うのですが
多分、そこまで考えが至ってないです

「相場です」の一言だけで価格を応諾する人が多いです

「ローン抱えているし」が不幸自慢のネタのようになっています

たった1回のミスが命取りなんて
自業自得とはいえ、可哀想 悲劇的です

4315:とまさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/29 at 18:44:33 (コメント編集)

そうですね、ストック価値が増えるならいいんですけどね

フローが回っているうちは、自宅の価値なんて
何も考える必要もないから
おっしゃるとおり、気が付かないです

フローが停滞した最終局面で、査定されて
ストック価値に愕然として
競売で売れたとしても残債が残ることに気づきます

気が付かないでいられることは幸せの証ともいえますね

4316:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/29 at 18:49:41 (コメント編集)

50歳だと30歳でローンを組んで20年目ってところですか

比較対象が利回り重視の賃貸物件だったら
グレードで勝ることなんて楽勝ですね

与えられた選択肢の中から選んでいるうちは
どちらも五十歩百歩ってことなのかな

4317: by クロスパール on 2015/12/30 at 07:35:22

転勤でいろいろと回っていますが田舎に行くほどマイホーム思想は強いです。都会だと高すぎるという理由もあるかもしれないけど。
マイホーム思想が強い人ほど、その購入が自分の人生にどのような影響を与えるのかを考えていない人が多いと思います。そして購入できたことに満足してその後何十年と続く支払いに気を向ける人も契約時にはほとんどいないような感じです。
当然、負債という考えはないですね。

4318: by 小黒とら on 2015/12/30 at 12:16:42 (コメント編集)

住宅の購入は「人生最大の買い物」という表現がありますが、「人生最大の投資」という考えもできますね。
借り入れでレバレッジを効かせて、数十年の長期投資で、しかも個別性が強くて流動性の低い資産への集中投資。ハイリスク投資です。
投資に失敗したら痛手を負うのに、住宅を購入するとき、帰属家賃の水準からNCFを弾いて、借り入れのLTVを考慮して、経年による資産価値の減価を見積もって・・・で、頭金に対するIRRは?なんてことはしないですよね。
やはり、家は夢やライフスタイルや思い入れといった定量化できないものを含んでいるからでしょうか。

4323:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/31 at 07:07:49 (コメント編集)

田舎で借家住まいだと小馬鹿にするような風潮もあるんですかね

「その購入が自分の人生にどのような影響を与えるのか」

ええ、まさしくそこですよ

大きな買い物は自分と家族の方向性を決める重要な決断です

そして消費者が賢くなれば、相場も下がるし
ぬるま湯につかってる不動産業者も淘汰されます

でも消費者が能天気なショッピングを続けていれば
誰も改善の動機を持たないから、このままです

悲しい話です

4324:小黒とらさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/31 at 08:25:56 (コメント編集)

そうそう、おっしゃるとおりです
人生最大の投資です

ファイナンスの知識を持ち出すことはおろか
相場を信じて価値を疑うこともなさそうです

広告が常識を作り出す力の存在を痛感します

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS