トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

諦めの株式投資

悲観的な諦め 楽観的な期待



株式投資の大雑把な指標に思うこと

で書いたとおり、現時点での企業価値の評価ですら
完璧ではありません、限界があるわけです

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

ましてや将来の企業の収益予測なんて素人では難しく
会社の財務担当者ですら、頭を悩ませて公表しています

株価の動きなんて、それこそ まるで予測不可能なわけです

だからこそ、せめて現在の企業価値くらいは
おおまかにでも評価をしておきたいと思っています

チェス ゲーム 戦略


投資銘柄の選択は難しいですが
バカ除けという投資不適格探しは簡単にできます

そうやって苦労して選んだ会社であっても
不本意に株価が下がることもあります
バカ除けした会社の株価が急騰することだってあります

企業価値と株価は分離して考えています
リスク=変動幅 なんて、どうでもいいんです


諦めた上でスタートラインに立つ



「株価なんてどう動くか わからない」

この「諦め」を持っているかどうか
限界を理解しているかどうかが
結構 大事なことだと思っています

限界を知っているからこそセーブが出来ます

一攫千金を夢みて、鉄火場にやってきた投資家さんは
きっと「諦め」を微塵も持っていないに違いないと思うんです

投資をしていなければ
きっとギャンブルに のめりこんでいたはずです

そんな人たちは想定外の事象に直面してから
「なぜ」を繰り返します
あるはずのない、理由探しに没頭します

理由らしきものを見つけてはホッとします
安堵したいから理由を探しているにすぎません

誰かに依存している投資家さんは
「あのバカのせいで失敗した ふざけんな」と言い残し
正解を求めて、別の怪しげな笛吹男に正解を求めます

外れても外れても飽きもせず正解を求め続けます


正解ってなんでしょうか
そんなもの存在するのでしょうか



そんな投資家さんには

「ご苦労さん」

と声をかけたくなるんです


[参考記事]
リスク=変動幅をほとんど気にしていない



企業価値経営

マッキンゼー・アンド・カンパニー
ダイヤモンド社

by ヨメレバ



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 ファンダメンタル 期待 諦め 相場心理
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4250: by クロスパール on 2015/12/03 at 20:51:40

個別株を買うときに何を基準に買っているの?と聞かれれば何と答えるでしょうか?
もちろん、数値をみることは見ます。しかしそれが買う基準の何%を占めるだろう。

私の場合は「直感」としかいいようがないです。

4251:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/03 at 21:07:49 (コメント編集)

「何を基準に買っている」

私の場合、銘柄選択に関しては、ほぼ数値です

財務数値だけでなく、その他の数値全てをみます

でも、売り買いのタイミングだけは直感が少し入ります
最後の最後は難しい決断を迫られます

4252: by プライア on 2015/12/04 at 08:17:03

時として失敗を銘柄のファンダメンタルやチャートのせいにし始めますよね。
そして○○な銘柄は絶対に買わないなんてトラウマルールが出来ちゃって、
かえってチャンスを逃すことになったりもします。単なる確率の問題なのに。

あ、それ私のことでもありますw。なのでテクニカルな統計しか信用しません。

4253: by いろいろでセカンドライフ on 2015/12/04 at 16:29:38

いや、なんだか恥ずかしいのですけど
私は、バカそのものです^^

初めに、商品の説明と信託報酬チェックして、後は目をつぶってインデックスを唯買うだけ。売ることも乗り換えも最近はリバランスもしないので(昔買った個別株は売ってます)、もう、ほったらかし。もしかしたら高い確率で、死ぬまでそのままかもしれないなと思い始めてます。
何しろ、最近は投資行動に全く時間かけたくないし、いろいろ調べるのがイヤになってきていて^^
まぁ、最大の理由は、自分に投資に関する才能が、かけらもないっていうことなんですけどwww

年なのかなぁと思っています。

4254:正解は存在するんですよ by アホンダラ on 2015/12/05 at 00:44:58

個人投資家は、ほぼ9/10人の確率で損をしてい
ます。もちろん、生涯総トータルの話です。

最初に、エイヤで訳も解らず投資したらそれなり
に儲かった。俺は不労所得で生活できるエリート
かも?と、銘柄について勉強して拡大投資すると
少し損する。アレっ?勉強が足りなかったんだと
さらに勉強してツッ込むと、ズコーンとやられる。

スネて放ったらかしにしておくと、ドンドン含損
が増えていた。塩漬け。で、市場が大暴落すると、
日々十万百万単位で口座残が減っていき精神的に
耐えきれなくなり、どん底でピンポイント売りし
てしまう。

ほとんどの一般投資家にとっては、バクチと言っ
て間違いはありません。勉強?してもそんなもの
はプロの間じゃ織り込み済だし。悪い銘柄なんて
ものは、逆にチョイとした良材料でブッ飛んでく。

複雑系の、さらに他人の価値でゆらぐ美人投票で
すから、予想なんて不可です。で、インデックス
のパッシブ運用となるのですが、個人投資家は種
銭が少なく絶対額があまり増えないので、ファッ
トテールリスク=大暴落を考えると割に合わない。

好きな人が、道楽でするモンだと思います。知的
なゲームで世界経済にダイレクトに繋がっていて、
こんなリアリティのあるゲームは他に無いからです。

4255:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/05 at 10:56:18 (コメント編集)

失敗=株価下落した後に理由を探し始める
もし失敗していなければ、その方法が「良かれ」となる
だからバイアスがかかりやすくなり
投資額が膨張して、いずれどこかで倒れる

たしかにそういう流れはありそうな気がします

確率っていうのは、偶然が支配する確率って意味かな

4256:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/05 at 11:05:21 (コメント編集)

投資に関する才能ってよく耳にしますが
才能があれば勝てるんですかね

私にはそこが疑問なんです

情報を獲得することや得た情報を分析することで
差が生まれることはあるでしょうけど
それが勝つこと直結するかはわからないと思っています

「投資行動に全く時間かけたくない」
そうですよね、普通はそうなんだろうと思います

私は娯楽だと思っているので、少し感覚が違うんでしょうね

4257:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/05 at 11:17:09 (コメント編集)

生涯で1割の個人しか収益がプラスになっていないんですか

それは驚きの数値です w|;゚ロ゚|w
証券口座をいくつも持っている人もいるだろうけど
どうやって統計を取ったんだろう

株価の予測は不可能だと私も思っています

パッシブ=受け身 という意味では
私はパッシブな個別株投資のスタイルですw

仮に大暴落が来ても 企業価値に大きな変化がなければ
そんなもん気にしなければいいと思っています

「道楽でするモン」← そう思います(´▽`)

4259: by ぱある on 2015/12/06 at 00:47:50 (コメント編集)

そもそも「勉強」って、するのは簡単だけど、それで利益を得ようとすれば、色々大変です。株式投資なんて、誰でもできるのですから、さらに難しいのは当然かと思います。

投資全般に、色々な勉強法がありますが、どの程度の勉強をすると、「勉強をしても意味がない」と言い切れるのでしょうね?そこまで勉強してみたいです・・

ちなみに、FXだと、ある程度勝ってしまうと、それを証拠金で使い続ければ、負けることはないですけどね。証拠金(=利益)にして増やさなければいいだけです。それで適当に利益出ますけど・・

4260:ぱあるさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/08 at 06:19:09 (コメント編集)

おっしゃるとおり 勉強って奥深いですよね
実際に取り組んでみて、初めてわかることもあります

テキストの読み方にも個人差があって
ミスリードする可能性も高いし
そもそもテキストにまとめる段階で
言葉になり損ねた数々の思考の断片は抜け落ち、選別されます
それも的確な言葉で表現されているのか
相手に正しく伝わっているかもわかりません


事実という情報だけを得るために読む人もいます
何かを信じたいから、すがりたいから読む人もいます

人それぞれです

そもそも どこまで「わかる」ことが出来るのか
という限界の話もあるし
本を手に取った時の自身の能力や先入観も影響します

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS