トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

株式投資の大雑把な指標に思うこと

何を拠りどころにしていますか



ひさしぶりに株式投資の話題

普段から株式投資について
思っていることを書いてみます

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

砂 砂漠 渦


大雑把すぎる指標



株式投資ではいろいろな指標が出回っています

誰でも知っているのがPERとかPBR、ROE、PCFRなどです

フローとストックの指標では意味が違います

フローは一定期間の状態を示すもので
ストックは累積を示しています

フローは急変することも多い指標です
ストックですら減損や税効果により大幅減することがあります

PER、PBR、ROE、PCFR

どれも あまりに大雑把すぎる指標です

傾向を掴むには有効なのですが

この指標だけで投資の決断に至るには
あまりに心もとない指標です

投資をはじめた頃の私自身がそうでしたが
つい簡便な指標を拠りどころにしていました

折角 もっと詳細な情報の提示が
法的に義務付けられて公開されているわけだから
しっかりと見た方がいいです


企業価値も正確にはわからない



仮に財務諸表の全てをチェックしたところで
会社の属性がすべて数値化されているわけではありません

すべてが時価で示されているわけでもなく
簿価のまま表記される勘定科目もあります

そして数値化されている情報ですら
一定の制約の下での調整の自由があります

昨今の東芝の問題を含めて
会計監査がどこまで有効なのかという
実務上の問題もあるわけです

以前と比べると会計制度もかなり改善されてきました
それでも、自暴自棄な悪意の前では無力です



完璧にはわからないのですが
おおまかにはわかるってところがポイントです

結局のところ過去10年くらいを遡って
フローとストックの傾向を確認しながら
想像力を駆使して バカ除けをして
なんとか銘柄を選定をしていく手続きになります


諦めの株式投資 へ つづきます



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4243:人気投票? by パルタ7 on 2015/12/01 at 20:00:59

こんばんは。
株価って人気投票のような側面がありますよね。小難しい各種の指標とは全く関係なく株価が変動してしまう。こうなると手に負えませんよね。やっぱり素人が簡単に稼げるほど甘くないと思います、株の世界は。

4245:パルタ7 さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/01 at 20:12:14 (コメント編集)

はい、株価の変動は全く読めませんよね

株価を追うことは、早々に諦めてしまいました

4246: by いろいろでセカンドライフ on 2015/12/02 at 05:08:44

そういえば
PER、PBR、ROE、とか、財務諸表などに注意を払わなくなったのはいつからなんだろう?
株式会社の指標、全く見なくなりました^^
インデックス投資の弊害ですかねぇw

4247:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/02 at 07:15:22 (コメント編集)

そうですね、企業の株価指標ですからね

インデックス投資は分散でリスクを回避しているんですよね

4248: by プライア on 2015/12/02 at 07:42:34

昔ファンダメンタルを意識しながら投資をしていた時期もありましたが、
書かれていることは全て本当で、調整しようもない数値だと思っていました。

そのへんの裏を読みながらやる投資も楽しそうですね。
知識と経験が必要でしょうから私には到底無理ですが。。

4249:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/12/02 at 23:42:53 (コメント編集)

今では投資方法なんかよりも
知ることの限界を知ることの方が大事なように感じています
リタイア村の住人は、「限界」を感じている人が多いですよね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS