トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

もし上場株式等の相続税評価額が7割になったら

もし実現したらビックリ 祭りが来るかも



何を言ってるんだと思われた方
きっと多いと思います

消費しないピノキオも金融庁が
そんなプランを考えていることに驚きました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

日本経済新聞社の記事を見て知りました
会員限定記事なので引用はしません

無料登録できるので、気になる方は直接ご覧ください

⇒ 証券税制、変更前に再チェック

平成28年度税制改正 要望事項には
より詳しい内容が掲載されています

⇒ 平成28年度税制改正 要望事項

上場株式等は他の価格変動リスクの小さい資産と比べて
相続税評価上の扱いが不利となっている。
当該相続税の負担感の差により
投資家の資産選択を歪めることがないよう
上場株式等の相続税評価の見直しを要望するものである
平成28年度税制改正 金融庁の要望事項より一部を抜粋

ブル 強気相場 右肩上がり

他にも大和総合研究所がレポートにまとめています

⇒ 上場株式の相続税評価額に関する試算

こんな記載がありました

相続発生日から相続税納付期限日までの間に
30%以上株価が下落していたのは全 7,352 営業日中
日経平均で 301 営業日(4.09%)
TOPIX で 278 営業日(3.78%)であった。

相続発生日から相続税納付期限日までの間に
30%程度価格が変動することが一定程度あることを考えれば
換金可能となる時までの価格変動を考慮して
時価の70%を評価額とすることを検討してもよいのでは


こんな考え方もあるんですね ちょっと強引な印象を受けました




金融庁からの税制改正 要望事項には
7割という具体的な表記はありません

土地の相続税評価は路線価を基準とされています
路線価は実勢価格の7割程度と言われていて
その数字が想定されているのだろうと思います

案が承認されれば来年度にも実現可能になります


もし実現したら、そのインパクトはかなり大きいはずです
ご老人の預貯金の一部が株式市場に流れ込むことが予想されます

現金、預金は10割で上場株式等が7割だったら
個人のお金の流れがかなり変わるはずです


富裕層のお金を市場に持ってくるには
とっても いいアイデアだと思いますが
でも、同時に批判も相当に多くなるはずです

富裕層優遇と言われるでしょうね

おそらく実現しないでしょうけど
この話題もウォッチしていこうと思います

株価対策 なかなか弾が尽きませんね w




ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 証券税制 富裕層 相続税 評価額
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4164:まぁ、何やってもいいんだけど・・・ by パルタ7 on 2015/11/11 at 19:27:48

こんばんは。
株価対策については国は何をやってもいいんだけど、「子供NISA」ってのはちょっとやり過ぎだと思う。汗水流さずして金儲けが出来るような錯覚を子供に植え付けるようで、怖いな。

4165: by プライア on 2015/11/11 at 21:55:18

なるほど、そんな手がありましたか。
でもそれを利点と考えて投資を始める老人がどれくらいいるんだろう。
銀行員達の口車テクニックの役割が重要ですねw

4166: by 小黒とら on 2015/11/11 at 23:20:48 (コメント編集)

こんばんは。
興味深いニュースですね。不動産と金融資産では相続税のバランスが悪いなーと感じてました。タワーマンションで節税する人のお金の一部は株式に回るかもしれませんね。

4167:くそ役人 by アホンダラ on 2015/11/11 at 23:28:40

私は、小さな政府で税金は最小限にするのが当たり前
と思っているので、ヤクニンが相場の世界にも手を突
っ込んできて、アーダコーダとゼニを盗ろうとするの
には心から憤慨し、怒髪が天を突きますわ。w

バラマキも中短期的には株式をはじめ効果があると思
いますが、長期的にはそのツケを何倍にもして支払わ
されます。ここんとこバラマキの効果が消えてきたの
で、ヤクニンが作った次の小手先の刺激策でしょう。

ところで、「第三の矢」ってナンだったのでしょうね?
本当の富を生んで蓄積していかないと、社会全体が豊
かになれるハズもありません。バブル期の株価を越えら
れずに、もう26年だなんて悲しすぐる。いくら空前の
バブルだったにせよ、その事実は泣けます。日本で実
生活してるので、外国株式を買う話ではすまない。

まあ、手っ取り早く稼ぐ相場の腕があれば、こんな長い
ヨタコメなんて書かないんですけどねぇ・・

4168: by のろのろ on 2015/11/12 at 09:46:00

こんにちは〜!
これは確かにできると面白い事になるかもしれませんね。
制度に敏感で比較的反応の良い人たち対象なところがいい感じでしょうか?

またどこぞの制度を参考にしているのかと思ったのですが、パッとググった範囲では、NISAの元ネタ(?)国イギリスではなさそうでした。特に株式に誘導されたくなるような制度は拾えませんでした。
http://www.hmrc.gov.uk/manuals/ihtmanual/ihtm34010.htm

4169: by たんちん on 2015/11/12 at 17:22:04

こりゃやすい時、17000円くらいに仕入れときましょかねえ。

4174:パルタ7 さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/12 at 21:53:42 (コメント編集)

子供NISAは子育て世代に向けた優遇措置みたいなもの
株式の相続税評価額の減免よりは筋がいいかなと思ったのですが...

4175:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/12 at 21:56:49 (コメント編集)

プライアさんも知りませんでしたか

老人たちは、本当にお金の話をよくしています

トレーニングジムのジャグジーにいると、よく聞こえてきます

相続にも関心が高いので、お金が動くと思いますよ

偶然かどうかわかりませんんが
タワマン節税には監視の目が光るわけですし
流動資産で3割引きなら いうことないですよ

4176:小黒とらさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/12 at 21:58:56 (コメント編集)

不動産に向かっていた相続税対策が
株式市場に向かう可能性が非常に高くなります

とはいっても、家を売ってまで
相続税対策はしないでしょうけどね

いずれにせよ、おっしゃるとおり 興味深いですよね

4177:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/12 at 22:07:57 (コメント編集)

安倍さんも昔は小さな政府志向だったと思うのですが
今はそういう感じがまったくないですよね
ヤクニンさんと仲良くしながら政治を運営しているように思います

4179:相互リンクのご連絡 by 管理人 on 2015/11/13 at 00:06:24

相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人

4181: by 招き猫の右手 on 2015/11/13 at 17:55:07

おお、そんな策がありましたか。
是非やってほしいな。
株価対策としてもそう思うけど、もともと不動産の評価減についてもなんで不動産だけ優遇するの、という疑問がありましたから。

4182:のろのろさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/14 at 07:49:16 (コメント編集)

諸外国の制度で前例があるかどうか

そこまで、考えが至りませんでした
情報ありがとうございます

英国って相続税割合が一律40%(課税対象は285000ポンド以上)なんですね

とてもシンプルだけど、あまりに斬新だと思いました

4183:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/14 at 07:50:42 (コメント編集)

17000円くらいまで、また戻るかな

年内に戻ってくれるとNISAで買えるのですが
期待して待ってようかな

4184:管理人さんコメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/14 at 07:53:10 (コメント編集)

相互リンクのお誘い ありがとうございます

折角ですが相互リンクは現在 やっていません
期待に沿えず 申し訳ありません

4185:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/11/14 at 08:01:18 (コメント編集)

不動産=マイホームという認識
持ち家率が高く幅広く徴収できること
流動性が低く、投機的要素が低いこと
滞納時に差し押さえが容易なこと(隠せないこと)
固定資産税など実質的な資産課税を既に強いていること

などから、総合的な税の減免措置として
7割評価になっているように考えていました

実際はどうなんだろう

4194: by のろのろ on 2015/11/15 at 21:00:02

おぉ!制度自体もお調べになられたんですね。
(ローカルネタで申し訳ないのですが、折角なので...)
私は、スレッシュホールドの変遷と、インフレを比較して、ニヤニヤしていました。
https://www.gov.uk/government/publications/rates-and-allowances-inheritance-tax-thresholds/inheritance-tax-thresholds

http://inflation.stephenmorley.org

後日、とらさんの100年定期の記事を拝読して、似たような発想の方がいらっしゃるものだと爆笑いたしました。

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS