トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

パニック売りに備えておきました

レバレッジ収縮と不景気は全く違う



株価が急上昇したり急落したり
私は売買をすることもなく、ぼーっとしていました

先週末 自分の保有銘柄の
有価証券報告書を再度見直しました
そして欲しいなと思っている銘柄もチェックしてみました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

いずれも海外の影響は直接受けないことを確認しました
でも間接的には影響を受けるんでしょうね

リーマンショックの時の決算内容もチェックしてみました
財務諸表にほとんど影響がありませんでした
しかしながら、株価は見事に下落していました
今から考えても財務面からみて、明らかに異常な下落でした

会社の業績動向などは、ある程度推測も可能でしょうけど
株価だけは、さっぱり動きが掴めませんね


先週末、ある動画を観てみました

世界最大級のヘッジファンドである
ブリッジウオーターのCEOを務めるレイダリオさんが語ったとされる
30分で判る 経済の仕組みという動画です



16:30くらいからの解説が面白かったです

不景気とレバレッジの収縮は全く意味が異なる
低金利にしても、後者の問題は解決しない
後者では借り手の負担があまりに大きくなっている
これは利子を引き下げても回復が不可能です

ではレバレッジが消滅したときどうすればよいのでしょうか
耐えきれないほど大きい債務負担を縮小しなければなりません
これには4つの方法があります

第1に、人、ビジネス、政府が支出を縮小する。
第2に、債務は不履行となりまた再編される。
第3に、資産は富裕層からそれ以外に再分配される。
第4に、中央銀行が新しい紙幣を印刷する。

今の中国経済はどんな状況なのでしょうか
単なる景気後退ではないように思います
そして中国のうしろにはロシアやブラジルが控えています

いざパニックになると、想像もつかないような株価になることもある

そのことだけは、頭に叩き込んでおきます
自分がパニックになって、大事な保有株を手放さないためにも


[参考記事]
バブル 投機 買ってくれるはずと期待して買う
株式投資ほど素敵な娯楽はない





Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 暴落 信用収縮 景気後退 バブル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3961: by 招き猫の右手 on 2015/09/12 at 00:04:11

財務諸表がまともな株だって、売られますもんね。
信用やってる人は何でも売りマクって資金を確保しないといけないから。
そうなると暴落ですが安く買えるチャンスなんですよね。

3962:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/09/12 at 10:22:38 (コメント編集)

小型株だったら、個人が保有主体

信用取引はもちろん
現物でも換金の必要に迫られる人もいるだろうし
夜も眠れず、楽になりたい気持ちだけで売る人もいます

暴落時しか まとめて買うことも出来ないから
おっしゃるとおり、チャンスなんです

会社にとっても自社株買いのチャンスです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS