トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

サラリーマン意識と鬼上司の意識の攻防戦

根性論はやっぱり不滅なんだろうな



ユニークなおじいさんを発見した

染谷和巳という人だ 74歳で存命

社員教育のアイウィルという会社の創業者

「鬼上司」シリーズの著書多数

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

手取り25万貰うにはいくら稼げばいいか

サラリーマン意識とは、ひとことで言うと「給料を手取りの額で考える」意識である
月給30万円だと、社会保険料や税金などを引かれるので手取り25万円
「自分は会社から25万円の給料をもらっている」と考えるのがサラリーマン意識である
ところが一般に会社が社員に支払っている人件費は、給料の約3倍といわれる

経営者の本音は「手取りの額の分だけ働くなんてとんでもない
今の3倍は働いてから文句を言え」である

だから意識の低い社員に対しては
「会社はあなたに毎月90万円かけている」と
具体的な数字を明示するべきなのだ

君は会社という組織に属さず、何もかも1人でやって
25万円のお金を月々コンスタントに手に入れることができるか
「できる」と答えられる人は
よほど優秀か、よほどの世間知らずか、どちらかだろう


怒り 激怒 狙い
By ManicMorFF

サラリーマン意識 たしかにそんな感じかな

空からお金が降ってくるわけじゃないからね

間接費を自分で稼いだ上で更に利益を乗せて
ようやく給与相当と言えるって話 よく耳にするし
まあ、そうだなってことは思う

仮に会社の看板を背負わなくても
自分ひとりで今の給与の数倍をコンスタントに稼ぎ出せるようになったら
果たしてサラリーマンを大人しく続けるのかなってことも同時に思う

経営層や資本家の視線で見れば
ここに書いていることは、もっともな話なんだけど

従業員、労働者の視線で見れば
何言ってんだ、このじいちゃんってことになるんだろうな

まあ、立場(ポジション)が、そもそも違うよってことだね

この記事を書いた染谷和巳さんの主張の根っこ
その思想は昭和人らしく あまりにシンプルだ

上司は鬼であるべきだ

部下に嫌われるとか憎まれるなんてことを
一切 気にしてはいけない

部下を叱咤しながら組織を強くすることが
上司の使命、それが出来なければ上司失格

部下に有無を言わせない
そういう覚悟がなければ人の上に立つ資格はない


染谷和巳さんに共感する経営者も多いらしい
だから企業研修を請け負ったりもしている

その一方で、こんなサラリーマンも増えていたりする

俺たちサラリーマン224人「絶対出世したくありません」

企業サイドも何か対策しないといけないから
いろいろと考えて知恵を絞るのでしょう

根性論は相変わらず不滅だなって思う

おそらく脳にとって心地が良いんだろうね

勘違いだろうがなんだろうが
不法行為でなければ、抑止は働かず
突っ走ってしまうことが多い

上司と部下、経営側と従業員側
双方ともに気持ち良さを感じることだってあるから
合致することだって、あり得る

競争に生き残ることは快感だから
そういう仕組みを導入したりする

そんな攻防が続いていくんだろうな


ところで染谷さん 早期リタイアなんてキーワードを聞いたら
激怒して卓袱台をひっくり返しそうですね
血圧が上がって、自分がひっくり返るかもしれないけど





Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: サラリーマン 意識 労働 会社 鬼上司
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3730: by プライア on 2015/06/28 at 22:10:41

うーん、残念ながら確かに古いですね。

でも主張されていることは正論だと思いますし、少なくともこの人が現役時代ではそこが真髄だったのだとも思いますね。時代によって、活躍しやすい人のタイプも変わってくるのでしょう。

3731: by 招き猫の右手 on 2015/06/28 at 22:50:58

確かに会社はかなりのコストを従業員にかけているのは事実でしょうね。
でも労働者はその代わり時間や自由を全てささげてますから、そこはトレードなのでは、と思いますが。
どちらが偉いとかの話ではなく、お互い納得してやってるだけかなと。

3732:流動性 by アホンダラ on 2015/06/29 at 00:26:48

日本は特に、労働力の流動性がありません。基本的
に新卒採用・年功序列・終身雇用です。又、最高裁
の判例から、トンデモ社員でもない限り解雇できま
せん。

これらは太平洋戦争で成人男子が多く徴兵されたり
落命したりして労働者が不足したので、雇用主側が
労働者を囲い込む為に作った制度だそうです。

だから、どうしても飼いゴロシになります。若い頃
は貢献度に対して賃金は安く、高齢になって初めて
果実がもらえるからです。「サラリーマン意識」と
いうのは、それの裏返しとして存在して当然です。

私は、すべてのサラリーマンが早期リタイヤを目指
して労働に励めば、労働力も流動化して日本が活性
化し、人口減を克服してさらに発展すると思うので
すが・・少なくとも、飼いゴロシ社員はずっと減る
ハズです。

3733: by クロスパール on 2015/06/29 at 05:50:42

時代によって方針を変えないと人材育成はできんしついてこないと思うな。
そもそも、今の時代はパワハラ・セクハラ・モラハラなどあり規制がありすぎて昔の上司では務まらないでしょう。

3734:当然の事 by パルタ7 on 2015/06/29 at 15:10:36

こんにちは。
人件費って、給与手取りの3倍もかかってるのですか?私が現職時代に計算したところでは、2倍程度でした。増加要因は不明ですが、いずれにしても、経営者は従業員に対して、給料以上に働けって言いたくなる気持ちも分からないではありません。でもそれが会社経営というものだから、声を大にするようなことは時代錯誤でしょうね。

3735:当然の事 by パルタ7 on 2015/06/29 at 15:11:27

こんにちは。
人件費って、給与手取りの3倍もかかってるのですか?私が現職時代に計算したところでは、2倍程度でした。増加要因は不明ですが、いずれにしても、経営者は従業員に対して、給料以上に働けって言いたくなる気持ちも分からないではありません。でもそれが会社経営というものだから、当然のことだと思いますけどね。

3736: by いろいろでセカンドライフ on 2015/06/29 at 16:20:55

まさに、昭和の運動部か軍隊の乗りですね。
全人格を会社に埋没させて、命がけで働けと。

何も考えない、埋没できる人には天国のようなところでしたね。第二次大戦後の昭和では、死ぬまで会社に抱えられて世界がその中で完結してましたから。

主婦の働きをお金に換算なんて、夢にを思わなかったでしょう。今の職種のいくつが彼にとっての仕事の範疇に入るのか興味引かれます。
こんなもの仕事じゃない、なんて叱られそう。

3737:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/06/29 at 21:57:14 (コメント編集)

時代が人を選ぶっていうのは確かにありますよね
コンプライアンスバブルが弾けたら
ようやく、このおじいさんの出番かもしれませんw

3738:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/06/30 at 05:28:16 (コメント編集)

そうそう、契約ですから基本的に対等なわけです
対等でないと感じるのは立場上弱いから
その原因は金銭的なものが大きくて
そこを克服したら、ほぼ対等なんでしょう

歪がある上に、辞めたら再就職が難しいなどの
困難があるから、おかしな人も退場せず、こんなことになってる

「どっちが偉いという話ではない」

そうだなって思います

3739:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/06/30 at 05:41:26 (コメント編集)

そのとおりだなって読んでいたのですが

最後のところだけ、ちょっと疑問でした

早期リタイアを目指して全員が労働に励むと
労働市場は活性化するのかなってことです

きっと無理な投資をして失敗する人も出てくるはず

早期リタイアできた人は悠々自適な生活
早期リタイアできなかった人は あくせく労働

これを「良い状態」と多くの人は思わないだろうなと
ヘンな運動をする人が出てくるんじゃないかなと

やっぱり、社会の片隅で人知れず暮らすくらいが
早期リタイアさんの生きやすい道なんじゃないかなとw

早期リタイアを絡めなければ
雇用の流動化で労働市場は
活性化しそうな気がしています

3744:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/07/01 at 21:18:11 (コメント編集)

ハラスメントバブルみたいになっています

染谷さんの会社は社会教育をビジネス展開しているそうですが
今も引き合いはあるのかな
企業は変化に順応できないと厳しいですよね

3745: by 消費しないピノキオ on 2015/07/01 at 21:22:15 (コメント編集)

手取りと比較すると2倍じゃすまないんじゃないかなと感じます

おっしゃるとおり、経営者も従業員も投資家も
それぞれに事情を抱えています
その中で折り合いながらも最適な行動をしているだけなんでしょうね


ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS