トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

会社で退職カードを切る自由 退職のタイミングと退職理由

退職カードを切るのは自分の自由です



衆議院の解散は総理大臣の専権事項と言われます

会社を退職するタイミング

社員が退職カードを切るタイミングは
自分だけが持っている権利です

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

残念ながら、専権事項ではないのですが
契約期間の定めのない社員にとって
辞める気もないのに辞めさせられる場合には
一定のプレミアムが付与されます

開放 リタイア 爽快

どこでカードを切るかは本人の自由です

カードを切る準備さえ、しっかりしておけば
後は自分の好きな理由、好きなタイミングで
事務的にカードを切ればいいだけの話です

個々人でココがベストという絶妙なタイミング
きっとあるはずです

仕事に対する思いも人それぞれだから
退職という一大イベントでは
その人が本当に考えていたことが表面化するはずです


退職理由



たとえばですね

「朝 雨が降っていて通勤が面倒くさいと感じたから」

っていうことが退職の理由でも何の問題もありません

公にはそれっぽく、相手が受け入れやすく
納得しやすい理由を書いてあげましょう

たまたま「朝 雨が降っていたから」では
さすがに相手はキョトンとしてしまうはずです

不条理な理由は拒絶反応が示されます

上に報告するためにも、それっぽい理由が求められます


退職タイミング



退職カードを切るタイミングについてですが
周囲への配慮も出来るだけした方が望ましいと
個人的には思っています

でも、急いでいる時や、切羽詰った時などは
そんな配慮に伴う躊躇の必要は一切ありません

会社は組織で動いています

急な退職で業務が回転しなくなるという問題は
組織が個人に属人化しすぎていたことによる
問題なので、管理する側の手落ちでしかありません

管理する側は、そのようなことは基本的に心得ていて
リスクを減らすために配置転換したり
仕事を引き継がせたりしています

中小企業などでは人員リソースが限られているから
属人化が一般化していると思いますが
それはリスクが顕在化しただけのことなのです

組織として負うべきリスクなので
従業員がリスクを被る必要はありません

とはいいつつも

専門的な仕事に従事している人ほど
仕事が属人化していくことは実務上 仕方のない話です
出来るだけ周囲に配慮した方がいいと思います

円満退職がやっぱり一番だなと思います


手の内を明かすこと



リタイア志望者は転職活動という
動きをする必要がないので非常に気楽です

しかも会社はリタイアという選択肢を
まるで頭に描いていないはずなんです

だから「辞める=転職」と考えているはずです
40、50代 は辞めないと思っているはずです
だから、無理難題を振ることも多かったりします

会社が勝手に、そう思いこんでくれているのなら
早期リタイアさんにとっては、好都合だったりします

だからリタイアという言葉をカミングアウトするのは
控えておいた方が得策だと思っています

相手の一方的な誤解はこちらに利益を創出することが多いです

ここでも損得勘定で動いてしまいますw



会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド

土屋 信彦

by ヨメレバ





Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 会社 退職 リタイア 退職理由 カミングアウト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3681:カード by たんちん on 2015/06/15 at 19:30:22 (コメント編集)

今日は同僚を含めてブルーな事がありましたが、自由へのカードがあると緩衝になりますね。

準備が整うにしたがって体の力ぬけてきます。

社員と会社はイーブンな関係で相互利用。リタイアカードは最強

3682: by プライア on 2015/06/15 at 22:04:23

前も書いたような気もしますが、リタイアがまだ先だったころは「絶対辞めてやる!」だったのに、今はそんな気持ちではなく円満退社にこだわっています。
上層部の手落ちを指摘する気分の良さよりも、互いに気持ちよく終われることの方が優先ですね。そんなところはプチ社畜なのでしょう。

3683: by 招き猫の右手 on 2015/06/15 at 22:14:03

僕は去年リタイアカードを見せていますから、全くもって意外なジョーカーを持っているわけではないです。
でもいつまたこのカードを切ろうかな、という楽しみはあります。
とはいえやはり円満退社を目指したいのでまずは穏便にやると思います。

3684:皆さん、スゴイですね by アホンダラ on 2015/06/16 at 23:48:04

私の最後に残したカードは非常にショボくて、明かす
も隠すも、モンダイにすらなりません。

逆に、そんな素晴らしいカードを持っているのなら、
最後まで切らずに、高等労働者で過ごせますねぇ。
リタイヤなどしなくても、雇用主が大事にしてくれそう。

私など、(歓迎されながら)去るか、(パワハラに耐え)
しがみつく、しかありませんでしたわ。

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS