トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

アラン・チューリング 映画 イミテーション・ゲームが観たい

イミテーション・ゲームが観たい



新作で観たくなる映画はあまりないし
普段からアンテナを張っているわけでもないのですが
この映画は観たいなって思いました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

03/13ロードショーということです

アラン・チューリングを
ベネディクト・カンバーバッチが演じます

イミテーション・ゲーム エニグマ 暗号

アラン・チューリングという
実在の数学者の生涯を描いています

今日の人工知能研究にも影響を与え
現在のコンピューターの基礎を理論的に構築
ジョン・フォン・ノイマンとともに
コンピューターの父と呼ばれる人

26歳で独ナチスのエニグマの暗号解読に参加
そして41歳で没

事故死とも自殺とも言われています

この人がもっと長生きして
研究に没頭できていれば
研究はもっと進んだのかもしれません
多くの成果が残せたように思います

ジョン・フォン・ノイマンも53歳で没
ともに短命ですね


アラン・チューリングさん

名前や成果は、ぼんやりと知っていたのですが
どんな人だったのかは、さっぱり知りませんでした

どうやら何にでも没頭してしまう人のようです

14歳の時、登校初日がゼネスト予定日と重なったため
前日から100kmの距離を一人で自転車で行くことにして
途中で宿をとって登校

フルマラソン2時間46分03秒の記録を持っていて
当時、五輪出場選手に近いタイムだった
オリンピック出場を考えたこともある

ロンドンで重要な会議に出席しなければならないとき
長距離走が得意だったチューリングは約64kmを走った
Wikipediaより抜粋

ちなみに猫ひろしさんの最高タイムが 2時間30分台です

コンピュータ・サイエンスのノーベル賞と言われる
「チューリング賞」
その功績を称えて名が刻まれています

人口知能の分野で功績をあげた
マービン・ミンスキー、ジョン・マッカーシー
ともにチューリング賞を受賞しています



そういえば
セミリタイア村にもマラソンに出場したり
自転車で長距離走ったり
自動トレードシステム作ったり
何かに没頭することが大好きな人がいましたね

頭に思い浮かんでしまいました



チューリング

B・ジャック・コープランド 2013-12-05

by ヨメレバ








Ads by Ninja AdMax



[参考記事]
Wikipedia アラン・チューリング


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 映画 チューリング 暗号 エニグマ ナチス
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3128: by プライア on 2015/02/21 at 15:40:30

あれ?セミリタイア村にそんな天才的な人いましたっけ?w

それにしても歴史の中にはダビンチとか曹操とか芭蕉とか、
文武両道の天才型が普通に存在するんですよね。
現代で言えば誰になるんだろう。古田しか浮かばない私の発想は貧弱過ぎ・・。

カンバーバッチといえば現代版ホームズのおっさんですね。
そういえばホームズも割と文武両道で、イメージはぴったりです。

3129:飽き性 by たんちん on 2015/02/21 at 18:58:50 (コメント編集)

飽き性で何をやっても長続きしません。唯一、長続きしたのは今の仕事です。

今、気が付きましたが気に入った仕事についたのは幸運でした。

3133:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/02/22 at 22:35:59 (コメント編集)

マラソンをしている時にチューリングマシンの着想を得た
なんてエピソードもあるようです

プライアさんをなぜか連想してしまいましたよ

3134:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/02/22 at 22:38:32 (コメント編集)

私も勤続20年を超えてしまいました
我ながら自分の忍耐力に驚いています

気に入った仕事かぁ

私の場合、時間の経過とともに
やっぱり飽きてしまいます

あとは惰性というか消化試合というか
そんな感じですね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS