トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

映画 そして父になる の感想

脚本の余白が話題作りになる



映画 「そして父になる」 を鑑賞して感じたこと の続きです

昨日 地上波放送されたので
ネタバレを含んだ感想です

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

登場人物の配役名は一切憶えていません
だから俳優名で書くことにします

福山雅治は福山、リリー・フランキーはリリー
その他は妻とか子という続柄で書いています

ストーリーと補足



この映画のタイトルは「そして父になる」
福山が父親になっていくという意味なんでしょう

リリー家の子の血液型検査で
両親の血液型と一致しないことが発端です
検査の結果、取り違えの事実が確定します

それから家族同士での付き合いが始まります

福山の上司が不思議なアドバイスをします

「両方とも引き取っちゃえよ」

福山は あっさりその話に乗り
弁護士にその戦略を打ち明けますが
弁護士はその無茶なストーリーに呆れます
相手が納得しないだろうと

上司は本当にそのとおりに行動する福山を見て
こいつはダメだなと思ったように感じます
結果的に福山は左遷のような扱いを受けてしまいます


お金の話ばかりをするリリーに向かって
福山が唐突にぶち上げます

「ふたりともこっちに譲ってくれませんか」
「お金なら まとまった額を用意できます」

リリーは福山の頭をポンと軽く叩きます

その後 険悪な関係になると思いきや
なぜか、そういう展開にはなりません

ここも不思議です、普通はあり得ません
なぜか福山もすんなり引き下がります

子供との血の繋がりを重視する福山と
過ごした時間を重視するリリー

価値観の全く異なる両者です

まるで相容れないと思いきや 子供の交換をします

葛藤や話のくだりは、ほとんど描かれていません

案の上、福山の実の子は福山に懐かず
リリー家にひとりで戻ってしまいます


最後のシーン

福山は育てた子に向かって、こう言います

「もうミッションは終わりだ」

そしてリリー家に2人で戻って、話が終わります

結論は描かれていないですが
以前の状態に戻るのだろうと予測できます


感想



リリー家は信じられないくらい従順な設定です
果たして これくらい従順な人が世の中にいるか
そこに大いなる違和感を感じました

病院や福山の言う「子の交換」という提案に乗ります
失敗することがわかっていただろうはずなのに
子供の交換にもあっさり応じています

ストーリー上に葛藤の様子は一切ありません

「もうミッションは終わりだ」

福山が勝手に育ての子に向かって言い放った言葉です
リリー家や福山の妻への確認はありません

今まで自分が抱えてきた数多くのミッションが終わりだと
自分で宣誓しているかのようです


実は昨日 もう1度 シーンを観なおして
もしかしたら、こういう設定だったのか
ってことが頭に浮かびました

それはリリーが福山のことを

「何もわかってない気の毒な子供」

と認識していた場合です

子供だったら、多少のわがままは許容されます
殴ったりもしません、頭をポンと軽く叩き
過ちをやさしく諭してあげます、そして許します

・話していることと、本当に考えていること
 この間にはそれなりの乖離があること

・自分の思い通りに事態が進まないこと


多数の人が暮らす社会で
ある程度の人生経験を積んでいれば
きっと誰でも知っていることです

消費しないピノキオの場合
子の交換という選択はありえません
一緒に過ごした時間は
それくらい重いと思っているからです

監督がどこまで意識して脚本を書いたのか
私には想像も出来ないことです

観客にそこまでの余白を与えてしまう脚本
賛否が出ることまで期待していたのでしょうか
続編への含み残しなんでしょうか







Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3061: by クロスパール on 2015/02/08 at 12:35:27

何もかもがシナリオ通りに進むと感じました。現実の人間はもっと複雑な感情があると思います。

3062:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/02/08 at 14:36:40 (コメント編集)

普段は映画にリアリティなんて求めないのですが
まるでドキュメンタリーのように観てしまいました

おっしゃるとおり、複雑な感情が抜けたまま
話しが進むので、ぽかーんとしてしまいました

3063: by プライア on 2015/02/08 at 17:25:04

この映画、続編はいらないなあw
いちいち現実的と照らし合わせずに感動を求めて映画を見る人にとっては、
それなりに心揺さぶられるのかも知れませんが、現実主義には合ってませんね。

3064:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/02/09 at 06:33:08 (コメント編集)

続編、可能性ありかも

なにしろ亀山さんが制作ですから

ラストの曖昧さは制作側からの
要請だったんじゃないかくらい考えていますw

その先の脚本を勝手にいろいろ空想してしまいました

3077: by いろいろでセカンドライフ on 2015/02/11 at 16:42:30

何かコメント書こうと思いながら、書けませんでした。
一つ気になったのは、「もうミッションは終わりだ」
のセリフ、私はこの映画見ていないけど、このセリフがどのような場面で出てきたのかによるけど、共感する場面だったらなぁと思います。
何しろ、娘が留学のために出国する時に、夫婦二人だけになる自分たちを思い、まさに私はこのように思いましたから。
「私たちの人生最大の役割は終わりつつある」と
まぁ、この先何があるかわからないんだけど、人としての使命の最重要の部分は終わりつつあると感じました。

3080:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2015/02/11 at 18:06:14 (コメント編集)

残念ながら いろいろでセカンドライフさんが
共感できる場面ではなさそうに感じます

交換した育ての子供に向かって福山が発した言葉です

育ての子供に放ったミッションの内容は
交換した相手の家で
本来の息子として暮らすことでした

それを終了と福山がひとりで宣言したってことです

3081: by いろいろでセカンドライフ on 2015/02/11 at 18:30:18

そうなのですね。

多分、私には、育てた子供に対して
「交換した相手の家で
本来の息子として暮らす」
というミッションを与えようと考えつくことすらなかったでしょう。
難しいお話なんですね・・

見ないといけなんだろうけど、やはり、見ることはできそうもないです。

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS