トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ノイズに振り回されない生き方を選択できる人へ

流れのスピードを意識して行動を組み立てる



子供の顔も表情も言葉も日に日に変化しています

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

先週 部屋の片付けをしていた時
子供が小さかった頃の写真が出てきました

子供 凝視 眺める

その頃 仕事が非常に忙しい時期でしたから
子供と遊ぶのは決まって週末となっていました
遊ぶといっても、平日は疲弊しているので
思う存分に遊ぶことも出来ない有様でした

仕事に没頭していて充実していたとはいえ
家庭生活においてはあまりに実りの薄い時間でした

このころの時間を取り戻したいくらいです

子供 今 小学校低学年です

塾やら稽古事やらで忙しそうにしている子
学校にたくさんいるようです
私が小学生だった頃から、中学受験組はいましたが
40人のクラスの中で5人くらいだったかな
まあ、少数派でした

今 1クラスの人数はたったの23人だけど
同じくらいの人が中学受験を目指しているようです

こんな早い時期から一部の小学生は競争に参加しています
こっちは、そそくさとリタイアしようとしているのに ご苦労様です

今の時代 知りたいと思う気持ちさえあれば
自分で調べて情報を収集していくことが容易に出来ます

私が小学生の時は、インターネットなんてなかったから
図書室とか図書館で本を借りてきて読んで調べていました
本が図書館になければ、取り寄せる必要がありました

つまり調べることのハードルがとても高かったわけです

知りたいと思った時にすぐにネットにアクセスして知ることが出来る
テクノロジーが劇的な変化を生み出しているのに
やっていること、学んでいることは大して変化していません

昔と大して変わらない仕組みの中で競争しています

これからの社会を生きていく上で、学業も時に必要なツールだから
仕方ないと諦観しながら受験勉強に勤しんでいる人と
学業が必要だと信じ込んで
受験に向かって必死に取り組んでいる人とでは
その後のアクションに大きな違いがでるように感じるわけです

親としてはその「違い」を理解できる子になってほしいところです



[参考記事]

時代の波に逆らって努力しても報われない
目の前に塀がある




Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 教育 育児 人生 受験 選択
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2639: by いろいろでセカンドライフ on 2014/11/17 at 18:10:26

上から目線ですみませんが、お子様、小学校低学年とのこと、後10年は親子の交流楽しめます。
私も偉そうには言えないけど。

子供たちは、中学からは受験塾には入れませんでした。子供たちが行きたくないと言ったので。
その代わり、学校の勉強には手を抜かずに、学校の成績は良い成績とっていました。
私はせっせと貯蓄に励みました(塾の代金うきましたからw)
子供はともに、日本の大学には進学しませんでした、自分で行きたい海外の大学を自分で見つけて、行ってしまいました(やはり貯蓄は子供の学費になりました、ただ、一人は奨学生となったので助かりました)。

それがよいのか悪いのが、私のようなものにはわかりません、ただ子供たちが望んだ結果ですので。

言えるのは、彼らとても楽しそうであると。
大学の勉強も、とても大変のようで、寝不足の連続みたいです。それも、自分で選択した結果なので、楽しく頑張れるようです。

2640: by クロスパール on 2014/11/17 at 18:13:17

その違いは大きそうですね。普段の生活や仕事でもちょっとした違いに気づける人とそうでない人は決定的な差があると思っています。

2641: by たんちん on 2014/11/17 at 20:23:34 (コメント編集)

必要だが、やりたく無いので、しない子もいます。人生のどこかでは自ら進んで勉強が必要な時期が有ると思っています。学生時代か社会人かリタイア後かは分かりませんが。

2642: by prire on 2014/11/17 at 22:55:07

今は勉強もその気になればやりやすいでしょうね。
もし我々が今の時代に育ったら、まるっきり違うおっさんになるんだろうなあ。
よくなるのか悪くなるのか分かりませんけどね。

2643: by ぱある on 2014/11/19 at 02:04:40

子供が小学校低学年でリタイアできるって、素晴らしいというか、天才の域です。

田舎の地方の場合、中学時代まで塾なんて行かず、家でろくに勉強もせず(これは我が家の場合)、高校時代に学校から渡される大量の宿題をこなせば、超難関大学以外は、入学できますねけどね。すごく出来のいい子は。それで東大とか、医学部にも行けますよ。慶応とか早稲田なんて、こんな子でも入れる?って程度の人でも入学できるし。(そもそも門戸広くなってます。少子化で・・)

我が家も勉強系の教育費に関しては、学校教育以外1円も使っていないです。(ピアノとかはやりました)超難関(東大とかのレベル)以外は余裕でした。

東大とか超難関までの受験対策まで、普通の公立高校では無理でしょうが、そこまで望まなければなんとかなります。それがなぜ東京とかの首都圏でできない(みんな塾に行く)のか不思議です。(勉強そのものより、家庭環境がいい子が多い学校に、早くから行かせたいとかあるようですけどね)

2644:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/19 at 06:42:29 (コメント編集)

お子さん 小学生の頃からしっかりと意見を持っていたんですね

日本の大学に進学しないという決断は
よくよく考えての行動だったと思います

子供が海外に行ってしまうのは寂しい気もしますが
理想的な子育てだと思いました

是非 今度 記事にしてもらえると嬉しいです
コメントありがとうございました

2646:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/19 at 20:39:50 (コメント編集)

そうなんです、結構な違いなのですが
誰かが教えてくれる可能性の低いことです

世の中の出来事なんて表面だけ見ていても
よくわからないことだらけです

2647:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/19 at 20:55:17 (コメント編集)

必要に迫られた時の勉強と準備のための勉強
後者に大方の時間を取られているように感じます
基礎知識はどこまで必要なのか 何が必要なのか 時々気になります

2665:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/22 at 08:57:49 (コメント編集)

土台は変化しているのに
やってることは古典の反復演習ばかりです

その時代で振る舞いも行動も変わるはずですが
変わることが合理的な選択になりえないところが
この国の根っこの病なんでしょうね

2666:ぱあるさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/22 at 09:06:59 (コメント編集)

ありがとうございます

そこを目標に駆け抜けてきたとはいえ
ぱあるさんが以前にコメントして頂いたとおり
運も相当に大きいと思っています

教育費ゼロはいいですね、うちもそこを目指したいです

超難関大学に入学することはあまり実のないゲームだと思っています

大学自体 大して実になる場所でもありません

そのゲームに中学から大枚を払って参加するのは
贅沢の極みだと感じます 親の自己満足が大きいんじゃないかな

進学校にしかない独特のコミュニティはあるので
そこで興味の範囲が拡散するメリットはあるでしょうけどね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS