トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

人生の勝ち組 負け組 基準は何ですか

人生の勝ち負けってなんですか



勝ち組、負け組という言葉
ITバブルの頃によく利用されていたような気がします

招き猫の右手さんが
私と正反対の先輩 というエントリーの中で
人生の勝ち負けについて、記事を書いていました

消費しないピノキオも思うところがあったので
記事にしてみることにしました

招き猫の右手さん ありがとう

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

ITバブルの頃、うちの社内においても
勝ち組、負け組という言葉を
得意気に使っていた人がいました

勝負事には基準があります
その基準で勝ち負けが判定されます

気球 バルーン レース

ある基準の中で競争している人にとっては
勝ち負けは意味を持つ言葉となります

先の得意気に話していた人は
社会の中で生き残っていくための
会社員としてのスキルを
基準として話をしていました

基準の外にいる人にとっては
競争とは無縁の生活をしているため
仮に勝ち負けのラベリングがされたところで
本来は痛くもかゆくもないはずです

しかし痛いと感じる人が結構いるように思います

その痛いという感覚は
周囲からの視線でもたらされているはずです

この視線をうまく利用すれば
それはビジネスになります

他人の視線すら気にならなくなれば
他人の視線以上に重要視する尺度を持てば
もう痛くもかゆくもないでしょう

余計な基準を自分の中に取り入れて
その枠の中で暮らしていくこと 私は好きじゃないです

たとえばリタイア

私にとって会社勤めは苦痛であり
さっさと早期リタイアすることは
勝利に似た気分になるのかもしれません
まあ、ここを目標にして走ってきました

でも、これは自分の中の基準に過ぎません

自分の好きなことがたまたま仕事として成立して
そこそこの収入が得られている人や
会社での出世こそ我が生きる道と確信している人

そんな人から見れば、早期リタイアさんは
自分の好きなことを仕事に出来ない人
出世街道の途中で道を外れた人
可哀想な負け組さんってことになるのかもしれません

人生という長い尺度と多様な基準の中で見れば
勝ったり負けたりなんて、たくさんあります

そして日常生活の中で、勝負事なんて、そんなにありません
気持ち1つなんだろうと思います

最後に1つ問いかけです

人生の勝ち負けという曖昧な言葉に便乗しました

自分が人生で負けてると思って生きている人 いますか
人生の勝ち負けを判断する基準ってなんですか

良かったら教えてください

私は人生で負けてるなと思ったことがありません
そもそも人生の勝ち負けの判断基準を持ち合わせていません

基準なんて時々で変化するもので
永遠不滅の基準があるとは思っていません

でも、人生の勝ち組 負け組の記事って
結構目にすることが多いです
概ね「お金」が基準になっていますね




Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 競争 人生 勝ち組 負け組 基準
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2506: by たんちん on 2014/10/30 at 22:58:00 (コメント編集)

人を羨ましく思う時に負けた感が有ります。勿論、羨ましい部分だけです。いぜんは価値観をお金だけにおいていましたから、相手より少ないと負けた感が有りました。今は部分的な負けた感だけですから勝っている部分もあるかもしれません。節約競争、ミニマム競争が頭の中にあります。

2507: by prire on 2014/10/30 at 23:16:35

自分自身に嘘をつかされたら負け組かな。

本来利己的である本能に反して気を使ったり親切でいるのも、
ある意味自分に嘘をついているんだけど、それが自分の美学なら良いと思います。
でも自分に嘘をついて我慢を重ねなければいけない生き方は負け組です。

2508: by 招き猫の右手 on 2014/10/30 at 23:46:58

トラックバックありがとうございました。
人生は競争なので当然勝ち負けは発生しますが、その勝ち負けの基準を勝手に決められ押し付けられるのがイヤですね。結婚なんかもまさにそうです、勝ち負けで煽っています、それで金儲けできるからでしょう。
世の中の沢山ある競争ごとの中で自分が勝てる、頑張れる分野を見つけて勝てばいいのです。
単に競争から逃げる弱者ともまた違うと思います。
私が負けた感を覚えるのは、やはり自分の思い通りに生きている感が自分より強い人でしょうね、簡単にいえばやりたい放題やってる人。負けというか、すごいな、と脱帽する感じです。

2509: by toshixr on 2014/10/31 at 01:57:39

私のブログタイトルですね。
「勝ち組負け組み」は本来、他人と比較したとき出てくる概念です。でも、私は他人と比較すること自体間違いだと思っています。言うならば、他人と比べた時点で負け組です。では、なにを持って判断するかというと、他人とは比較せず自分の中で満足して人生を遅れていると思えれば勝ちだと思います。そうでなければ負けだと思います。ただ、進行形で判断きないと思います。人生いいときもあれば、悪いときもあります。それはリタイアをしていも同じでしょう。従って、人生の最後の時に自分の生きた全人生を振り返って満足できたと思えれば、その時自分が勝ち組に入ったといえると思います。今の世の中、何かと勝ち負けが言われています。アーリーリタイヤについても、周りは勝ちとか負け言うと思います。でも、私はそんな短絡的な判断は意味がない、そういう判断を超えたところでアーリーリタイアを考えたいというも思いであえてこのタイトルをつけました。そして、これまでの他人と比較する生き方を止めたいという思いもありました。いわばアンチテーゼです。難しい判断ですが、最後の時、満足できた言えるように残りの人生を送りたいと思っています。

2510:自由かどうか by アホンダラ on 2014/10/31 at 02:27:03

自分の意志通りに行動していられれば、勝組だなぁ
と感じるし、窮屈さを感じてイヤイヤ行動していれ
ば、俺りゃ負組だぁ奴隷かぁ?と意気消沈します。

仰るとおりそれはお金に起因する事が多くて、自由
の為にお金を稼ぐのに従属が発生するというパラド
ックスに墜ちます。そして大多数の人が、十分なお
金を手にする前に墓に入るのです。

お金はホントに大事だ、というのはココです。

至高体験ほどでもないのですが、年に数回は突如と
して幸福感に包まれる事があります。まったりとリ
ラックスした状態でキレイな風景・音楽・写真など
がトリガーとなり、とにかく幸福な気持ちになりま
す。

数分間程度ですが、生きるって無条件にイイなぁー
もうナンも要らねぇわ、と思う。その時は勝組負組
なんて頭の片隅にもありません。

2511: by ぱある on 2014/10/31 at 02:39:28 (コメント編集)

私は努力で何かをなしえた人は、羨ましくないですが、運のいい人は単純に羨ましいです。

ブログを読む限り、ピノキオ様は、生まれ持った才能(仕事でも投資でも)とか、家族が自由を許してくれる環境であるとか(本人の努力もあるにせよ)運のいい人であると思います。普通の人が努力しても持てない色々なものを持っていると思います。

悲惨な運命の人は、気持ち次第と言われても、簡単に乗り切れない。やはり、「運がいい人」は勝ちですよ。

2512: by のん on 2014/10/31 at 11:06:25 (コメント編集)

人がいる以上人を気にしないというのは無理だなと思いますが、気にした上であまり比べることはないかなと思います
英語が得意な人もいれば数学が得意な人もいるように人は違うわけですから、自分の伸ばすべきところを伸ばして生きやすくしていけばいいのかなと
人よりできないことはあっても、何かできることがあってそれを大勢から褒められる経験が小さい頃からあったのでそれが自信になり、今でもできないことがあってもこれができるからいっかと悲観的にはなりません

なので、自分の理想と自分を比べる気持ちのほうが大きい
こうありたい自分に向かってないときは負けというよりダメだなと思います

ピノキオさんはリタイア人生に自信を持ててるからこそ他のことで人に劣っている所があっても勝ち負けをあまり意識しないのではないでしょうか


2513: by いろいろでセカンドライフ on 2014/10/31 at 11:34:35

物心ついたころから、他人と競わされていましたから、無意識に優劣をつけていることが多くて、勝ち負けの価値基準が自分の中にどこまで侵入しているのかか、わかりにくい部分があります。
現在は、自分が負け組とは思っていませんが、心理状態によっては、自分がダメダメ人間に感じることもあります。人生の大半を過ごした価値体系から簡単には逃れられないということなのでしょう。
さすがに、最近は「スキルアップ」とか「より高い目標の設定」とか「有意義な人生」、「より高い収益性」などという言葉には全く反応しなくなったと思い込んでいますが、「損はしたくない」とか「楽しく暮らしたい」なんていう思いはあるので、物事に優劣付けたがる感性は残っているのだと思っています。

2514: by 正吉 on 2014/10/31 at 11:38:52 (コメント編集)

いつも深いテーマを投げかけてくださるので、とてもありがたいです。
勝ち負けを意識しなくなるようになることが究極なのかなぁ、なんて思いました。
ピントずれしているかもしれませんが、記事にしてみました。よろしければ読んでみてください。

2515: by クロスパール on 2014/10/31 at 20:35:21

他者は関係ないと思います。自分の気持ちを押し殺して生きることが負け組ではないでしょうか? 自分の気持ちに正直に生きることが勝ち組だと思います。

2525:皆さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/11/01 at 16:04:23 (コメント編集)

コメントを頂いた方 皆さん 本当に深く考えていて
読んでいて新たな発見や共感すること たくさんありました

こうしてコメントを読んでいると、多様な考え方があることに
改めて気づきます 自分の気持ちと向き合って暮らすこと
なかなか出来そうで出来ていません
このコメントを受けて、また記事にしたいと思います
どうもありがとうございました 感謝しています

3581: by karaムクドリ on 2015/05/26 at 08:22:24

こんにちは、確かに勝ち組ってなんでしょうね?私の中では好きな時に好きなものが買えて好きな所へ行ける。かなと思いますが、我が社内でも諂いごまをすり上を目指す人がたくさんいます。ばかばかしいと横目で見ながら、来月3回目のヤンバルに旅をします。ここで、人も動物も土になるって気づかされました。でも、ここに行くのにお金も掛かる・・

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS