トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

パソコンとスマホとウェアラブル 市場空間の拡大

利用と消費と収集 モバイルの役割



「若者のパソコン離れ」が意味すること

の記事がアゴラに掲載されていました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

記事を要約させていただきました

テクノロジー 発展


パソコンという「道具」は何かを「作る」ための装置だった
インターネットが登場しても「作る」ための装置として機能していた
スマホやタブレット等の携帯端末の登場により
スマホやタブレットは「作る」機能をなくして
「消費する」ことに特化されるようになった

あまり普段 意識していないことが書かれていました

消費しないピノキオにとってのスマホは
移動中にパソコンを使うことが困難だから
仕方なく使う程度のモノでしかありませんでした

家ではパソコン、外ではスマホという棲み分けです
家でスマホをいじることは、まったくありません

「作る」と「消費」で分けるような考えはありませんでした

「消費」というよりも「利用」の方がしっくりくるように思います

今後普及すると思われるウェアラブルメディア

ウェアラブルが登場するようになると
情報を収集するという役割がクローズアップされそうです

現在も検索エンジンを通じて嗜好をプロファイルされて
上位にクリックするであろう記事が並んだり
マッチング広告が表示されるようになっています

検索キーワード、訪問サイト、プロフィール等の情報だけでなく
ウェアラブルからの大量の情報が追加されれば
マッチングの精度が一気に向上するように思います

まるでコンシェルジュのように自分のことを知り尽くしたような
動きをすることも期待できそうです

「利用」「消費」という面では大きな効果が得られそうです

今まで情報化していなかったことが情報化されるようになれば
市場空間が拡大することとなり、そこにはビジネスが生まれます

人そのものが情報発信機になるようなものだから
収集された情報を集約し活用することで
テクノロジーは飛躍的に発展しそうです

お金を出して情報を買っていた企業
これからは無料で大量の情報が入手できるかも

この分野で活躍できる日本企業がたくさん出てくるといいです


コンテキストの時代―ウェアラブルがもたらす次の10年

ロバート・スコーブル,シェル・イスラエル 日経BP社 2014-09-20

by ヨメレバ





Ads by Ninja AdMax


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: パソコン スマホ ウェアラブル メディア 役割
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2468: by prire on 2014/10/24 at 08:05:08

さらにもっともっと便利になっていくということですね。
TVの見過ぎはバカになると言われて来ましたがこれからは、
コンピュータの使い過ぎはバカになる、も通説になったりして。

2469: by 招き猫の右手 on 2014/10/24 at 23:30:18

観るだけではつまらないとも思うんですがねえ。
僕も家ではパソコンのみでタブレットとかスマホとか一切使わないです。
キーボードになれてしまったオッサンなんですかねえ。

2472:http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/ by たんちん on 2014/10/25 at 15:24:50 (コメント編集)

これ以上進化したらどうなるのでしょう。20年後の情報は今とは比較にならない量でしょうね

2482:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/25 at 17:39:54 (コメント編集)

行動することで情報を垂れ流す時代になりそうです

今でも相手のことを知りたければ
スマホやPCのブラウザ履歴を見れば
趣味嗜好は概ね理解できそうです

どこかの知らない人が
自分のことを知り尽くしていたら
かなり気味が悪いですよね

3Dプリンターもそうですが
銃を取り締まることは容易かもしれないけど
銃の設計情報の流出を取り締まるのは大変そうです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS