トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ルールに対する2つのポジション

最大の成果を出そうとする人、変えようとする人



ルールに基づいて社会は形作られている
ルールが間違っている、おかしいと考える人がいる

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

ルール変更を申し出るならば政治に働きかける必要があります

政権与党がそのルール変更に積極的な姿勢を
示していないのなら、ルール変更の実現はまず不可能でしょう

ワイングラス ペア 共通

仮に積極的な姿勢を示していても
実現しないことだって、たくさんある世界です

ルールに文句を言って、ルール変更を申し出ることは
とても高いバーを越えることに相当します

そんな事情を知っていても
果敢にも高いバーを越えることに必死で夢中な人がいます

その一方で自分でコントロール可能なことを選び出し
ルールの中で最大の成果を出そうとする人がいます

ルール自体を変えようとする人
ルールの中で最大の成果を出そうとする人


この両者の境目はどこにあるんだろう

諦めずに理想を追いかけている人にとって
高いバーは目標としては最適だったりします

その裏で多くの人は「諦め」を感じつつ
日々の生活を少しでも良くするために
高いバーを越えることには目もくれず
ルールの中で最大の成果を出そう頑張っています

理想を追いかけている人にとっては
理想を失った愚者に見えているかもしれない

理想を失った愚者にとっては
理想ばかり追いかける青い鳥症候群の
人に見えているかもしれない

この二本線は互いに交わることがなさそうですが
お互いに同じ社会の中で共存して暮らしています

根っこのところでは、大きな相違はないのでしょう


[参考記事]

高さ2メートルのバーの考現学
システムを熟知し、巧みに活用する人


脳には妙なクセがある

池谷 裕二 2013-11-30

by ヨメレバ



Ads by Ninja AdMax


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 政治 参加 ポジション 自己満足 ライフスタイル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2416: by prire on 2014/10/15 at 07:52:34

それらのタイプは決して二元的に分かれるものではないと感じました。
ひとくちにルールと言っても変更難易度(規模)には階層があって、
世界/日本/会社/部/課/係/家庭/友人間さらには自身の中のルールに到るまで・・

どこからをコントロールできると感じるかが個性や立ち位置によって違うだけで、
結局前進するには何らかのバーを跳ぶ必要があるんじゃないですかね。

2417: by しゃあない商事 on 2014/10/15 at 10:53:34

prireさんのコメントでいうと、私は家庭まではルールを変えようと思えます。
会社はできないこともないですが、苦労の割に報酬なしという現実を知りました。
国に対しては、完全にルール内でがんばるだけです。
だからこそルールを変えようとしている人をいつも応援したくなります。

2418: by たんちん on 2014/10/15 at 16:00:29 (コメント編集)

若い時は青い鳥を探し、今は現実の中で最適を探すようになりました。今も小さなことでは青い鳥を探しています。

2419:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/15 at 21:21:24 (コメント編集)

おっしゃるとおり、ルール変更できる立場なら
ルールを変更することは容易だし、低いバーです

何をするにしてもバーを跳ぶ必要はありますが
自身でコントロールできない場合でもルール変更を要求する人がいます
かなり大変だと思うのですが、やりがいを感じて頑張っているようです

まったく別世界の人たちかと思っていたのですが
満足感を得るために行動しているという点では一緒なんだろうなと
最近では思うようになりました

2420:しゃあない商事さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/15 at 21:27:21 (コメント編集)

そういえば、以前にしゃあない商事さんも
同様の記事を書かれていましたね

ルール変更が良い変更ならいいのですが
改悪の場合もあるので、気をつけないといけないです

2421: by prire on 2014/10/15 at 23:05:25

なるほど、コントロールできない高いバーを跳ぼうとしている人のお話ですね。
最近では国会を取り囲む人達とか?確かに別世界の人達のように感じます。

でももし参加してみたら、結局跳べないと感じつつも充実できるのかな?
理解できるようなできないないような、不思議な感覚ですね。

2422: by 招き猫の右手 on 2014/10/16 at 00:05:49

ルールを変えるのは大変な努力なので面倒ですね。僕はそんな大変なことはイヤなので、無理だと思ったら転職してきました。その会社を頑張って変えようなんて無駄が多いし、だったら適材適所な会社を見つけたほうがラクでしょうから。
そういう意味では日本の国のルールも変えるのは大変で、これに飽きたり、無理だと思ったら変えるのも手ですね、つまり海外移住。
僕はなんとなくそんなタイプの人間です。

2423: by ぱある on 2014/10/16 at 05:11:07 (コメント編集)

私は自分のブログで、やる気のない仕事と書いてますが、その一つの理由がルールを決める権利があるのは社長だけだから。やる気なんか出したら、やってられない事がいろいろあります。

どんな組織であっても、トップの決めたルールが守れないなら辞めるべきです。守れるところを探すか、自分がトップになるべきです。

ただ、家庭内ではそうであっては面白くないので、共存出来る人を探したいです。

2424:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/16 at 06:24:58 (コメント編集)

はい、そうでした わかりずらくてすみません
私も参加したことはないし、今後も参加することはないと思いますが
我々がブログネタを探すように、デモネタを探しているんじゃないですかね

一生懸命の方向が違うだけだと思いました

2425:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/16 at 06:29:25 (コメント編集)

ルールから逃走する人もいましたね
大事なところが抜けていました、ありがとうございます

招き猫の右手さんは行動力ありますね

退職報告のスピードも早かったし
私にはなかなか出来ない動きで羨ましいです

トレーラー生活も本当に実現してしまいそうです

2426:ぱあるさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/16 at 06:36:43 (コメント編集)

ぱあるさん カッコいいです
組織に属する以上はルールに従うものですよね

平野啓一郎さんの著書で「分人」ってワードがあります
自分としては、結構しっくりくるワードです
あらためて語る話でもないのですが、こういうワードが出てくるってことは
自己統一感を守ろうとする人が多くなってきているのかなと思いました

2427:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/10/16 at 06:38:03 (コメント編集)

そうですね 変化していますよね
リタイアしたら、私も変化するのかな

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS