トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

感情労働 心が疲弊しない仕事選び

自由度の高い仕事と低い仕事、個性が埋没しない仕事



なぜ あなたは狭い場所にあえて止めるのか のつづきです

先日、正吉さんのブログ
「会社を辞めたい 自由になりたい」の中で
感情労働という言葉を目にしました

心が異常に疲れる場所で生き延びるには

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

感情労働は肉体労働、頭脳労働と分別されています

刑務所 パノプティコン 一望監視装置

Wikipedia には感情労働について、以下のような説明がありました

事前に作業量の予測や計画を立てるのが、はなはだしく困難であり
作業習熟による労働効率の向上があまり期待できない点において
従前の肉体労働、頭脳労働と決定的に異なる

計画とおりに物事が進んでいく そんな恵まれた仕事があります

その場合、主導権の多くは自分にあるわけだから
自身でコントロールできる自由度が高いお仕事といえます
確実性が見込め、予定が立ち易い仕事は精神的にも楽です

対して、自分だけでコントロールできる比率が低い仕事は
相手に主導権があるため、不確実性が高く
予定を立てても、相手の都合ひとつで簡単に崩れてしまう
そんな状況下では、ストレスが自然と溜まっていくように思います

Wikipedia には感情労働に従事する職種として
以下の職種が挙げられていました

旅客機の客室乗務員
医療従事者
コールセンターのヘルプデスク
官公庁や企業の広報、苦情処理

どれも相手が人であり、相手の都合に左右されます
対応に際しては、自身の感情を上手に封じ込める必要のある お仕事です

たとえば顧客からの電話応対

今では、ほとんどのケースで顧客との会話が録音されています
応対品質も、もちろん評価の対象となります

電話応対についていえば、際立った個性は必要なく
均質なレベルでサービスを提供することを目指しているに違いありません

あるべき姿として求められる行動指針のマニュアル

そのマニュアルに沿った対応をしなければいけない気持ちと
その対応に理不尽を感じる自分自身の気持ち

二律背反の状況は、大きなストレスを生みます

感情をコントロールする仕事は昔からありました
なぜ 最近になって、感情労働で疲弊する人が増えているのだろう

従事者の感情コントロールの制御にまで監視、評価する
より精緻な管理が行き届いてきたからのように感じています



Ads by Ninja AdMax


その一方で、従事者の自由度を高める施策をしている会社もあります
過度な管理は創造性やアイデアの創出にとっては
むしろマイナスでしかないことをわかっています

以前、Chikirinさんが 新4つの労働者階級 という著名な記事を書いていました

仕組みとおりに働く人の職場環境は管理がより精緻になっていき
仕組みを作る人の職場環境は、従事者の自由度が拡大していく

そんなことを思い浮かべました
そして監視のことで監獄の誕生を連想しました

職場環境も、既に大きな差が生じています

就職活動している人は既に考えていると思うのですが
仕事選びの際には、こんなことも考えた方が良さそうです


管理される心 感情が商品になるとき

A.R. ホックシールド 2000-04

by ヨメレバ


[参考記事]

感情労働
感情労働の現場を生き延びる


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 仕事 労働 感情労働 監獄の誕生 監視
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1709: by prire on 2014/06/18 at 08:14:56

サラリーマン自体に適正がない中何とかやりくりしていますので、
もしかしたら感情労働もやってみたら意外とこなせるのかもなんて考えました。
でもそっちの方がむしろ向いているタイプの人っていますよね。

1710: by 輝夜姫 on 2014/06/18 at 17:53:18 (コメント編集)

はじめまして。
職場のストレスに耐えきれず会社を退職したので、面白く記事を読ませていただきました。感情労働の職種には該当していないのですが、会社の方針・スタイルとして、上司に絶対服従の会社は、感情労働に属しているのかなと思いました。

投資先を選ぶにあたっては、社員が働きやすい会社であることをチェックリストにいれたいと思っています。

1711: by 正吉 on 2014/06/19 at 00:57:01 (コメント編集)

記事の引用ありがとうございました。
ピノキオさんの記事を読んで、コールセンターの人が可哀そうだなと感じたことを思い出しました。
問い合わせに対応してもらった後で、メールが来たんです。「オペレータ対応の成績表(点数表)」みたいなのがついていて、記入してください、って書いてあるんです・・。
こんな仕組みを考える人がいる・・。まるでヴァーチャルな監獄です。(悲)

1713:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/20 at 00:04:13 (コメント編集)

感情を入れずに上手に演技できる人は
向いているように思います 私もそんなタイプです
自分でコントロールさえできれば、そんな仕事が好きな人は
たくさんいるんじゃないでしょうか

1714:輝夜姫 さんコメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/20 at 00:33:46

まだブログをはじめて間もないんですね

いろいろ大変な思いをされたんですね
おつかれさまでした

感情的に怒る上司がいると困ります
そういう上司が評価されていたりすると部下が辞めていき
会社の体力が弱っていきます
その点においては投資先には不適格なのかもしれません

1715:正吉さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/20 at 00:37:51

こちらこそ、ありがとうございました

コールセンターの応対品質について
顧客に評価してもらう仕組みも一般的になりました
上司が評価するよりも正しそうな気もします

私も何度か評価したことがあります
大抵の場合、いい評価をつけてあげました

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS