トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

あなたの家の固定資産税 間違っていませんか

固定資産税の課税ミスが山盛りです



固定資産税の課税ミスをしたことのある自治体
ちょっと調べただけでも、こんなに一杯あります

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

埼玉県新座市
青森県十和田市
鳥取県北栄町
岐阜県多治見市
山形県西川町
香川県琴平町
静岡県伊東市
兵庫県加古川市
和歌山県田辺市
茨城県古河市
佐賀県三養基郡基山町

今回の話題は埼玉県新座市です

家 邸宅 固定資産税

なんとも悲惨な出来事が起きた

新座市 27年分を過徴収 固定資産税など240万円

固定資産税、都市計画勢について特例措置の適用を行い
年額約43000円を課税する必要があったが
適用しない状態の119200円を課税し続けていたそうだ

市は国家賠償法上返還できる
20年前までの過徴収額に利息を加えて返還したようです

夫婦は事業の借金や住宅ローンなどに追われながら
2004年ごろまでは期日を過ぎても課税の元金は納めていた。
しかし、期日を1日でも過ぎると生じる延滞金が重くのしかかり
昨年9月時点で夫婦への市からの請求額は
約800万円以上に膨れ上がり、翌月に住宅は公売に掛けられた。

公売というのは、税金滞納に伴う強制売買です
債務名義なんて一切必要ありません
今ではヤフオクの官公庁オークションまで活用されています

公売にかける段階でもチェック機能は全く働かなかったようです
公売は予定とおり実行され、不動産は公売で購入した不動産業者に渡る

その不動産業者が固定資産税が高すぎることに気が付いて
指摘したところ、はじめて徴税ミスが発覚したそうです

以前、固定資産税の評価について情報開示請求をしたことを書きました

ゴールデンウィーク前に毎年憂鬱が訪れる

それは、評価額に関する質問でした
固定資産税のベースになっている金額です

評価額が決まれば、課税額が決まります

自治体がミスしまくりなので
一度、役所に行って確認してみるのがいいかもね

来年は3年に1度の固定資産の評価替えの年です

住宅の固定資産税と都市計画税の負担が2015年度から増える


ヒューマンエラーを防ぐ知恵 ミスはなくなるか

中田亨 朝日新聞出版 2013-07-05

by ヨメレバ





Ads by Ninja AdMax



ランキングに参加しています
固定資産税はきちんとチェックしましょう


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 税金 固定資産税 過徴収 新座市 都市計画税
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1691: by 招き猫の右手 on 2014/06/16 at 21:05:10

僕は家を買うことはおそらく無いので一生持たない悩みですねえ。
でもいずれにしても役所を信用するなということですね、間違いなんて一杯ありますよね。

1692: by たんちん on 2014/06/16 at 21:15:06 (コメント編集)

酷い話ですねえ。誠意ある対応が必要です。

1693:招き猫の右手さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/16 at 21:26:29 (コメント編集)

はい、役所はミスをしないというのは幻想です

1694:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/16 at 21:29:11 (コメント編集)

役所は誠意ある対応をしたと思っていますが
役所が負担したわけではなく
まわりまわって住民が負担したわけです
デフレの時代に法定利率で運用できたと考えると
むしろお釣りができたんじゃないかという考えも間違いではないかも

1695: by prire on 2014/06/16 at 22:10:24

それが面倒くさいのでほとんどの人は確認なんかせず、
そのせいでずっと間違いが続くということも起こるんでしょうね。

1696:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/16 at 23:28:54 (コメント編集)

たしかに面倒くさそうに思われがちですが
実は自分で調べる必要はなくて

「この金額 間違っていませんか」
「税額計算の根拠を説明してください」

って言えば、役所は調べるはずで
そこで問題が発覚するんですけどね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS