トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

夢の中のカタストロフィ

カタストロフィの中にある希望



これは、きっと夢の中の出来事である
夢の中の出来事は極めて勝手な論理で物語がつくられる

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

テレビの中で総理大臣っぽい雰囲気の人が何かを話している
声が聞こえない、音量を上げてみる

顔 夢 希望

国民の皆さん、社会保障に頼るのはもうやめましょう
残念ですが、無い袖は振れないのです
ご自身のことは、どうかご自身、家族、親族でやり繰りしてください

そんなことを国民に呼びかけているようだ

社会保障制度の抜本的な縮小宣言である

そんなことは、さすがに許されないだろうと思ったが
残念ながら夢の中では法の論理は通用しない

罵声を浴びせている人、どこかで納得した表情をしている人
修羅場では人間性がそのまま出てしまうらしい



Ads by Ninja AdMax


誰もがいつかは壊れると思っていた社会保障
やっぱり壊れてしまった そのことに安堵感を抱いている人もいる

そんな最悪な状況下で、面白い現象が起きはじめた

生活に困窮している人に対して、周囲が積極的に支援をしている
そんな助け合いサークルがいくつも作られている

お金がなければ、お金がないなりに各自が工夫し
互いに知恵を出し合い、余裕のある人が全く余裕のない人に
手を差し伸べていたりする

かつては暗く希望を失っていた若者が明るく元気な表情に戻っている

完成された社会の中に大きな間隙が生じ
その間隙を突くかのように新たな事業を起こそうと
目を輝かしている人がいる

社会保障費用の過度な負担がなくなったからだろうか
まるでこの世の中に大きな希望を見い出したかのようだ

どこか暗く浮かない表情の老人も
コレで良かったんだと諦観しているように見える

私たちは、どうやら あまりに長生きしてしまったようだ

と話している

社会保障がぶっ壊れたというのに
若者たちはなぜか子供を積極的に作ろうとしている

自分たちが年老いた時に誰も面倒を見てくれる人が
いないことに不安を感じたのだろうか
少子化対策にお金を費やしても効果が出なかった時代がウソのようだ

「何か」が大きく動き始めた

消費しないピノキオは ただただ、その様子を俯瞰していた

もう少し続きが見たかったが目が醒めてしまった
実に残念なことをした気分だ

あの夢は一体なんだったんだろう
これは本当に夢だったんだろうか

今 私たちはどのくらいの高さまで砂の山を作り上げてきたのだろう


[参考記事]

お砂場遊びと一緒です


ゴドーを待ちながら

サミュエル ベケット 白水社 2013-06-18

by ヨメレバ



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 社会保障 破綻 税金 リタイア
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1716: by on 2014/06/20 at 18:08:37

藤子・F・不二雄先生の「定年退食」のような夢ですね

1717: by からあげ on 2014/06/20 at 18:14:38

ピノキオさんこんばんは。
もう嘘で塗り固められた社会保障制度はいりませんね。
正夢になることを望みます。

1718: by クロスパール on 2014/06/20 at 19:03:55

かなりリアルな夢ですね。未来の暗示でしょうか?
社会保障制度は最低限であとは自分たちでというのが一番しっくりする気がします。

1719: by prire on 2014/06/20 at 22:01:47

おもしろい夢ですね。絶対にないとも言えない内容ですし。
いやいつかその日は来るのだろうけど、その夢のように、
人々が忘れていた何かを思い出せるのなら、むしろ良い転機かも。

きっとピノキオさんがまだ社会に絶望はしていないという事ですよ。

1720: by いろいろでセカンドライフ on 2014/06/21 at 14:18:05

ソビエト連邦の崩壊の時老人だった方々はどうだったのですかね?

実際現場に行っていないので分からないのですが、
悲惨な老後だったような・・・
私の記憶違いかもしれません。

1721:定年退食 調べてみました by 消費しないピノキオ on 2014/06/21 at 19:58:36

藤子・F・不二雄先生の「定年退食」
調べてみました こんな漫画も描いていたんですね
実際に読んでみたいと思いました
いつか漫画喫茶か図書館で読んでみたいところです
ありがとうございました

1727:からあげさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/22 at 11:21:11 (コメント編集)

正夢ですか

からあげさんが言うと説得力あります
どんな環境でも生きていける行動力がありそうだし
知恵もあるように思います

私なんかは都市在住のヘタレですから
そうならなければいいなと思います

1728:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/22 at 11:23:56 (コメント編集)

はい それくらいの心構えがいいと思っています
いろいろ考えて、極力 対処しておきたいなぁ

1729:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/06/22 at 11:32:20 (コメント編集)

日本って大惨事に強い国民性のように思います
総悲観の中に希望を見出すのは得意技なんじゃないかな

失うことの怖さって失う前に感じる怖さなんでしょうね

1731: by 招き猫の右手 on 2014/06/22 at 14:15:21

まあ落ちるとこまで落ちないと物事は動き出さないってことですね。
昔は戦争でリセットがありましが、いまはおいそれで戦争できなくなったので、経済的な崩壊くらいしかリセットは無いのでしょう。
今はまだなんだかんだいって日本には余裕があるんでしょうね、でもどんどん無くなりますが。経常収支が赤字になる時が転機のような気がします。

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS