トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

既存不適格マンションの資産価値

容積率はとても重要なファクターです



マンションが老朽化して修繕でどうにもならないとなった時
マンション管理組合は建て替えを検討します

マンションの最期を考えてみた では、そんな話を書きました

マンションを買う際に、どこを見て買いますか

チラシ、ホームページ、モデルルーム
どれもセールスポイントが散りばめられています

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

地味ですが物件概要は役に立ちますよ

タワー 歴史的建造物 世界遺産


大抵の場合、ホームページの目立たない場所に
物件概要は、ひっそりと位置しています

新築マンションの場合
物件概要には用途地域、敷地面積、建築面積、延べ床面積
総戸数、販売戸数、土地の権利形態などが記載されています



Ads by Ninja AdMax


マンションを建て替える際の
大事なポイントの1つに容積率があります


物件概要を見ながら、実際の容積率を計算してみます

容積率とは、敷地面積に対する延べ床面積の割合のことです

おそらく多くの人はマンションを買う時に
容積率のことや用途区域のこと
ほとんど意識していないと思います

新築マンションの場合は用途地域内で
建築許可された容積率の限界まで
有効活用するように設計、建築されているものです

だから、あまり意識しなくても大丈夫です

中古マンションの場合は結構重要です

既存不適格という言葉をご存知でしょうか

Wikipedia には以下のように定義されていました

建築時には適法に建てられた建築物であって
その後、法令の改正や都市計画変更等によって
現行法に対して不適格な部分が生じた建築物のこと

一応 重要事項説明の対象となっていますので
知らずに買うということはないと思いますが
購入話がほとんど確定している状態で
明らかにされるケースもありますから要注意です

既存不適格になる物件もあれば
容積率緩和などにより
容積に余裕がでる物件もあります


前者は評価が下がります、後者は評価が上がります

容積率は評価に大きな影響があるわけです


次回は容積率とマンションの建て替えのことを書きます

マンションにいつまで住めるのか

藤木 良明 平凡社 2004-10

by ヨメレバ


[参考記事]

仕組みを理解してから参加していますか
そこはワンルームマンションではなく仕組みを売っている
タワーマンションというドル箱
タワーマンションとスーパーカーの類似点
買うか借りるか シミュレーションは現実的に


老朽化マンションの容積率が1.5倍になるかも へつづく


ランキングに参加しています
結構 気合入れて書きました
是非とも恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: マンション 容積率 用途区域 既存不適格 不動産
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1325: by ぱある on 2014/04/05 at 11:19:13 (コメント編集)

大変興味深いお話で、続きが楽しみです。そういう知識は、どうやって勉強されるのですか?
この記事という事ではなく色々な話題が満載なので、どれだけ勉強されているのだろう?と思うので・・

消費しないピノキオ様の、情報収集源は本ですか?本の購入は惜しまないのでしょうか?

1326:ぱあるさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/04/05 at 19:11:40 (コメント編集)

あれ、期待してくれていますか 嬉しいことです
情報収集源は本やネット、あと業者さんとの会話とかです
マンションを買う時に、本当にいろいろ調べました
今はその時の知識でなんとなく書いてる感じです

既にノンジャンルなブログとなって久しいですが
今後ともよろしくお願いします

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS