トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

その言葉を徹底すると、誰が得するのか

経済成長は格差解消に役立つのでしょうか



気になる記事がありました

2014年の日本の焦点 荻上チキさんの記事です

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

成長を諦めてスローライフ、この考えが格差を広げる

群集 人民 社会

気になったのは経済成長に関する内容です

「日本はもう成長しないからだんだん減っていく資産でのんびりうまくやっていこう」
という論調にはご注意ください。はっきりと有害なんですね。
いま持っている人が徹底的に強くなる社会にしかなりません。
いま持っていない人が段々と衰弱していくことを肯定することになります。
パイが少なくなるということは配るパイも少なくなるし、
企業活動のスケールも小さくなります。格差がさらに広がり
犯罪も増え、虐待とかDVも増えます。成長を抜きに再分配はできない。

皆さん、どう感じますか

Twitterのコメントを見ていても
概ね肯定的な意見が多かったです

「いま持っている人」が徹底的に強くなるのは
経済成長の有無とは、関係ないように思います

景気が悪くなると思うなら
リスクの低い資産で保有するでしょう

景気が良くなると思うなら
リスクの高い資産で保有するでしょう

単純に資産をどう配置するかの問題です
持っている人は臨機応変に動かすことができます



Ads by Ninja AdMax


経済成長を遂げても遂げなくても
資本主義社会では格差は広がると思うわけです

だから再分配が必要なわけです

経済成長をすることは容易なことではなくなっています

誰でも経済成長できるのならしたいと思っているはずです

経済成長に後ろ向きな「いま持っている人」
一体誰を想定しているのでしょうか


そして、こんな言葉で締めています

経済成長がこれ以上見込めない社会であっても
工夫をすれば幸せで安定した社会になり得るというのは
既に逃げ切れる人とかインテリ層のリアリティなのかなという感じがします。
漠然とした美辞麗句に流されることなく
「その言葉を徹底すると、誰が得するのか」を
考えるようにしてほしいなと思います。

早期リタイアする人などが想定されているのかな

消費しないピノキオは、リタイアしていませんが
今リタイアしている人でも
経済成長を望んでいる人は多いと思っています

「その言葉を徹底すると、誰が得するのか」

この記事を読んで まさに今 そのことを考えています

ファッション、時計、高級車、男のための最新情報 GQ JAPAN
この雑誌のサイトの記事なんですね

僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか
絶望から抜け出す「ポジ出し」の思想

荻上 チキ 2012-11-30

by ヨメレバ



リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 経済成長 家計 格差 社会保障 お金
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1313: by prire on 2014/03/30 at 22:16:52

早期リタイアする人を想定しているのかは分かりませんが、
少なくともこの記事が消費好きであまり資産を持っていない層相手に消費を推奨する意図で書かれているのは間違いないでしょうね。
お金をもらって記事を書いているのでしょうから、どこまでが本心なのやら。

1314:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/03/31 at 23:37:15 (コメント編集)

やはりそう思いましたか
私もどこまで本心なのかなって思いました
なんだか無理やり記事にした印象が強いです

1315:ベストタイミング? by ヒョウタンツギ愛好家 on 2014/04/01 at 07:19:09 (コメント編集)

投稿された時期からしても、増税後の「反動買い控え」を抑えるために仕組まれた記事なのだ、と考えるのが「普通」でしょうねw

1316:ヒョウタンツギ愛好家 さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/04/01 at 22:52:16

やはり、そんなところでしょうか

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS