トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

住居費、教育費で6000万円 大事なのは家計支出の管理

収入より支出コントロールが大事です



生涯年収2億円でも貯蓄不足になる消費社会 のつづきです

先の例では単身者を計算対象として取り上げました
妻帯者との相違点としては
扶養に伴う税金や保険料の控除と各種手当て分です

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

収入面では大きな差にはならないと思っていますが
支出面については、大きな差が出てきます

先の記事で書いた家計調査の結果
60歳時点での貯蓄額2200万円は単身者以外も含んでいます
単身者だけであれば、貯蓄額はもっと増えるでしょう

教育費 1000万円

[教育費について]

文部科学省の2006年のデータによると
教育費は子供1人あたり
幼稚園から大学まで全て公立で814万円
幼稚園から大学まで全て私立で2195万円
これは学校外の教育費を含んでいます
幼稚園に行くまでの費用もかかります
100万円程度でしょうか

[住居費について]

3500万円の3LDKの新築マンションを
マイホームとして購入した場合を考えます
フラット35で金利2.0%、返済期間35年
諸経費は140万円、元利金等返済、頭金ゼロ
管理修繕費が年間20万円、固定資産税20万円

この前提条件では住居の総返済額で4870万円
初期費用で140万円
ランニングコストが38年分で1520万円

住居費の総額を月額にすると14.3万円となります
賃貸だとしても、その程度の金額でしょうか

単身であれば、4万円程度で済むかと思いますが
単身でなければ住居費も嵩んでくることになります



Ads by Ninja AdMax


ざっくり計算してみると子供1人で控えめに見積もっても
7650万円程度になってしまいます
教育費は工夫が可能ですが、住居費は必ず掛かります
結構な節約を試みたとしても6000万円はかかりそうな感じです

月額に換算すると 16.8万円
その他生活費を11万円で抑えても 27.8万円です

単身であれば、住居費のみで 2200万円程度でしょうか

この他に介護費用などが、いずれ加算されていきます

家計支出のコントロールをきちんとしていけば
その結果は貯蓄額に反映されていきます

収入を増やす以上に家計支出のコントロールが大事です

なぜなら、家計支出をきちんと管理すれば
収入差はいとも簡単に凌駕できるからです

次回は、生涯賃金差についてのまとめを書きます

生涯年収で1億円の差 月額貯蓄でわずか4.9万円の差 へつづく


[参考]
お金が貯まる家計のノウハウまとめ
金を貯めようと思ったら、使わないことだよ
貯蓄するには支出を減らすことが一番の早道
お金は使うために貯めるものですか
貯金は呼び水と同じ そして消費も減らすようになる


子どもにかけるお金の本
この1冊で確実に準備

子どもにかけるお金を考える会 主婦の友社 2012-12-05
売り上げランキング : 36355
by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王

関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 教育費 住居費 家計 家計簿 支出 収入 貯蓄
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS