トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

AKB商法が我が家に忍び寄っている

たった10秒の握手に1000円 行列2時間待ち



他人のカード情報でAKB48のCD大量購入というニュースを見ました

バイト先などで盗み見た3人分のカード情報を使って
AKB48のCDを480枚を購入したそうです

投票券や握手券や生写真などがCDには付いていたそうです
大量の握手券を使ってAKB48のメンバーと80分間
握手をしたり会話を交わしたとのこと

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

観衆 ファン 舞台 アイドル

AKB商法のことは、ぼんやりと知っていたのですが
まるで無関心でした 遠い世間様のお話しと考えていました
今回と同様の事件は過去にもあったようです

ちょっと調べてみたところ驚きの連続でした

消費しないピノキオはAKB商法とは
もっとも縁の遠いところにいるので
こんな世界があるのかと驚愕しました

こんな相談を目にしました
子供がAKB48のCDを大量に買ってしまいました

実はこの前、家に帰った時 AKBのグッズが机に置いてありました
話を聞くと子供たちの間で流行っているそうです
これから先、AKB48の握手会などに嵌らないとも限らないので
その対策のためにも親も理解を深めることが必要と感じたわけです

総選挙も握手会もCDを大量に売るためのマーケティングです
これだけ大々的に劇場空間を作り出して
観衆を誘導してくと凄い効果をもたらします

総選挙は実にお見事な仕組みとなっています



Ads by Ninja AdMax


当初 運営が決めていた人選に対して
不満を持つファンの心理を逆手にとって
投票券をCDに付けてファンに支援させる仕組みを作りました
話題つくりにも成功して、テレビ中継するまでに発展させました

握手会には個別握手会という仕組みがあって
そこでは特定のメンバーと握手券1枚につき10秒だけ
握手することが可能なようです
個別握手会に参加するにはシングルCDを購入する必要があり
CD1枚は1000円するそうです

今回の事件では480枚なので48万円分ということになり
80分間という計算になるようです
握手会はメンバーによっては、長蛇の列になり
わずか数10秒の握手のために、1時間以上も並ぶそうです

参加人数も1日に10万人くらいのようで
東京ビッグサイト、パシフィコ横浜
幕張メッセなどの大きな箱で大々的にやるそうです

握手会だけでなく、総選挙でお気に入りのメンバーを上位に
あげるために、大量購入した人もたくさんいるようです

1人で5500枚、2200枚購入した人
5500枚とか2200枚とか 一体どうなってるんでしょう
アルバムのようなので1枚1600円だそうです

AKB48のメンバー自身も1日に何千人と握手するわけで
さすがの営業スマイルにも限界があるでしょう
実際にバタバタと疲労で倒れているようです
握手するために、長時間並んで大枚をはたいて来ているので
限界まで頑張ってしまうんだろうなと思います

子供のお小遣いの使途についてまで
親が細かく口出しすることはしたくないので
やんわりとAKB商法のことを諭してみたいと思います


いいね!がお金に変わる魔法のマーケティング

川上徹也 フォレスト出版 2012-12-08
売り上げランキング : 278608
by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: AKB商法 握手会 大量購入 総選挙 AKB48
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1037: by prire on 2014/02/03 at 07:50:13

うーん、理解できないですね。
応援したいと思っても別に握手したいと思わないですけどね。

本題とズレてますが、アルバムが1600円と安い事に最も驚きましたw

1040:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/02/04 at 20:37:25

アルバム たしかに安いですね
その昔 3200円なんて時代もありました

それにしても流行って怖いです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS