トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お金貸します、命もらいます

貸金の上限金利の歴史



お金貸します、命もらいます

そんな言葉で揶揄されていた
サラ金地獄という言葉が流行していた時代

サラ金に借金返済するために銀行強盗 のつづきです

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

貸金の上限金利の推移です

1954年 109.5%
1983年 73.00%
1986年 54.75%
1991年 40.004%
2000年 29.20%
2010年 20.00%


随分と上限金利を引き下げてきました

当時サラ金から借金をしていた人は
かなり追い詰められていたのでしょうか

サラ金地獄という言葉が流行していた
1970年代後半から1982年くらいまでの
実情については、よくわかりません

消費者金融 サラ金 高利貸し



Ads by Ninja AdMax


現在は企業が公序良俗に反することをしないよう
積極的に法で制約をかける方向に傾いています
だから、これだけ上限金利を引き下げてきたわけです

顧客からのクレームが多く社会問題に発展しそうな
ケースでも、相当に早く動いているように思います

コンプガチャの件やいつかはゆかしの件も
行政は 結構 早く動いたと思っています

現在の安倍政権の運営が企業本位の政策ばかりという言説がよく聞かれます
たしかに企業をまず元気にするという姿勢は見受けられます
しかし昔の方が遥かに酷かったことは上限金利を見るだけでも明確です

2013年の日経平均株価のパフォーマンスが 56%
破綻した安愚楽牧場なんて 4.5% 程度でした

1980年当時は土地バブル崩壊前で金利水準も
やや高い時代だったとはいえ
上限金利 109.5% がどれだけ異常な数字だったか
ということが、すぐにわかると思います

これだけの金利で契約が出来るなら
審査に多くの手間をかけることもしないため
コストも相当に低く抑えることが出来たと思われます

武富士 サラ金の帝王

溝口 敦 講談社

by ヨメレバ



借りたものは返すという価値観が担保になる へつづく

ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: サラ金 高利貸し 上限金利
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
957:失礼します。 by kitty on 2014/01/13 at 19:57:39 (コメント編集)

「1970年後半」は「1970年代後半」ではないでしょうか。
「1970年後半」なら「1970年7~12月」になりますが。

958:それから by kitty on 2014/01/13 at 19:59:26 (コメント編集)

総理の名前が違ってますよ。

959:kitty さん コメントありがとうございます by 消費しないピノキオ on 2014/01/13 at 20:52:37

>「1970年後半」は「1970年代後半」ではないでしょうか。
> 総理の名前が違ってますよ。

ご指摘ありがとうございました、漢字が違ってましたね。
修正しておきました。

960: by prire on 2014/01/14 at 08:20:53

1990年代後半、私は借金まみれでしたが、最も高い契約で36.5%でした。
大手ほど安い傾向があって、20%くらいで契約できた時は、安っ!と喜んでました。

完全に病気です。タイムマシンで戻って説教したいですねw

961: by sm on 2014/01/14 at 08:47:43

金はただの紙

だけど

命と
引換え
、できるパスポート

973:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/01/17 at 20:45:54 (コメント編集)

かつて借金まみれでも、こうして見事に復活しているわけで
お金に対する知識と考え方を変えることが大事ですね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS