トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

サラ金に借金返済するために銀行強盗

借金返済のため銀行強盗の不思議



私がピカピカの小学生の頃に記憶に残る
銀行強盗事件があった

Googleで銀行強盗と検索するとトップに出てくるので
やはり有名な事件であることは確からしい

三菱銀行北畠支店の銀行強盗事件だ

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

たしかテレビではこの銀行強盗事件を生中継していた
銀行強盗のあった日の夕方からずっと翌日の朝まで
梅川昭美 三菱銀行北畠支店 銀行強盗
この事件には様々なエピソードがある
Wikipedia 梅川昭美 を始めとして
犯人の梅川昭美に関する記事は山ほどあります

事件が起きたのは1979年です
当時は銀行強盗が結構 流行していました
銀行員2名、警察官2名が死亡、梅川昭美も射殺されています

この記事で書きたいことは
銀行強盗の動機についてです

動機は借金の返済でした

銀行から強盗した金を行員に持たせサラ金に返済させています

借金を返済するために銀行強盗

不法行為で得た金銭ですから返済は有効にならなかったはずです

動機はそれだけではないと思いますが
実際に借金を返済させようとしているわけで
少なからず気にはなっていたのでしょう



Ads by Ninja AdMax


資力はほとんどなく、無担保でしょうから
返済できないなら、自己破産したらいいのでしょうが
当時は借金を踏み倒すなんてとんでもないという
価値観が浸透していたんでしょうか

貸金業法が出来たのは1983年のことでした
強引な貸付や取り立て、借金苦による自殺などが
社会問題化していたのは、ちょうどこの頃です

1983年以前の貸金の上限金利 知ってる人いますか

109.5% です

出資法による上限金利規制でした
当時の質屋の実勢金利をもとに決めたそうです

この金利で借りる人がいたことが奇跡です
当時も金融リテラシーのない主婦層が
格好のターゲットにされていたようです

武富士、アコム、プロミス、アイフル
中小零細の貸金業者を吸収合併しながら
規模を大きくしていきました

そりゃ儲かります 凄い時代でした

三菱銀行事件の42時間

読売新聞大阪社会部 新風舎 2004-11
売り上げランキング : 133438
by ヨメレバ


お金貸します、命もらいます へつづく

ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 銀行強盗 借金返済 上限金利 サラ金 消費者金融
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
953: by prire on 2014/01/12 at 22:01:02

うーん、犯人の何ともいない律儀さが伝わってきますね。
そういう意味での古き良き時代的な側面もあると同時に、
国民が無知な時代だったという側面も大きいのでしょうね。

954: by クロスパール on 2014/01/13 at 05:37:01

借金返済の為に銀行強盗・・・、発想的にはわからんでもないがちょっとお粗末ですよね。やっぱり身を守るために最低限の知識は必要だと思いました。

955: by sm on 2014/01/13 at 16:18:26

まあ、

その強盗は、真面目なんでしょ

でも

真面目に人生

送って、なんになるかね

956:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/01/13 at 17:56:10 (コメント編集)

梅川自身も射殺されていることから
動機の本当のところは不明ですが
当時の自己破産件数は今と比べるとかなり少ないです

借金の踏み倒しは仁義にもとるという価値観
結構影響していたように思います

おっしゃるとおり情報が可視化の影響
結構大きいだろうなと思います

978:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2014/01/18 at 12:37:22 (コメント編集)

気の毒な事件です、犯人を含めて5人が死亡しています
生きていく上で必要なものの1つがお金の知識だということを
この事例からも学ぶことができます

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS