トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

売れ残った宝くじが当たったら

売れ残った宝くじに1等はいくつある



年末だからでしょうか、宝くじの話題を目にします
私も思うところがたくさんあるので、書きたいと思いました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

prire さんが 年末ジャンボの考察 という記事で
宝くじの期待値45%の低さを指摘されていました

お金 マネー ドル


おっしゃるとおり宝くじやトトの期待値の低さは別格です
宝くじやトトは当選金が無税なのが唯一の救いですが

この期待値の低さこそが
宝くじは愚か者に課せられた税金と揶揄される所以です

消費しないピノキオは宝くじを買うつもりもなかったので
宝くじのことについて知りたいとも思わず
まるで調査もしていませんでしたが
ちょっと知りたいと思って、調べてみました

宝くじの売上高は近年下がっていて人気離れが顕著です

当せん金付証票法 という法律 ご存知でしょうか
この法律で 50% を超える配当は出来なくなっています

そこで 49% 近い数字まで期待値を引き上げて
なんとか人気を維持しようとしているそうです

最高金額についても、当せん金付証票法 で取り決めがあります

当せん金の最高の金額は、額面金額の50万倍を上限とする
ただし、総務大臣の指定するものの上限は
250万倍(加算金のある場合は500万倍)とする




Ads by Ninja AdMax


宝くじの有効期限は1年です
1年経過したら失効となります

年末ジャンボ宝くじについては
売り切れがないように売っているそうです
そのため、売れ残りは必ずあるそうです

バラと連番を販売店にばら撒く前にほぼ半々に分別します

売れ残った宝くじは一斉に集荷され
当選の有無がチェックされ
チェック後に裁断されます


売れ残った宝くじについての当選状況についても
販売委託先のみずほ銀行は把握しています

これだけの規模ですから、大数の法則が効いているのでしょうか
売り出された分の宝くじの当選率と
売られなかった分の宝くじの当選率は ほとんど同じでした

つまり1等も売れ残りに含まれています

次回の記事では 換金率のことを書いてみます
不思議とあまり書かれていない情報なんですよね

年末ジャンボ宝くじ 当選券の換金率 へつづく


宝くじが当たったら

安藤 祐介 2012-11-16

by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 宝くじ 家計 当選金 換金率 当せん金付証票法
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
712: by on 2013/12/01 at 21:27:15 (コメント編集)

税金かからないっていったって、投信の信託手数料みたいに最初から差し引かれてなかったかな?
当選金+税金が実際当てた額だという
ま、宝くじなんてWebのシミュレータ眺めてるだけで十分(笑

714: by prire on 2013/12/01 at 22:21:07

へえ、最近は期待値の引き上げまでやってるんですね。でも低い・・。
とは言え、競馬やパチンコって元々税金取られてる上に所得税が必要になる可能性もあるんですよね。
やはりギャンブルはする気になりませんねw

715:on さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/12/01 at 22:38:16 (コメント編集)

当選金に税金は掛からないですが
収益金は発行元(国や自治体)で活用されることになります
言ってみれば税金ってことです
私も宝くじを買いたい気分にはならないですね

716:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/12/01 at 22:43:25 (コメント編集)

期待値は50%すれすれまで上昇させていますが
時効による失効などで結果的に期待値は下がり
46%程度の数値に落ち着く結果となっています
はい、ギャンブルはいいことなしです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS