トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

マイホームは不動産競売で落札しました

その昔 競売で不動産を買いました



不動産競売のこと、知らない人が多いと思います
消費しないピノキオは不動産競売市場でマイホームを買いました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

以前にこんな記事を書きました

住宅ローンが払えなくなった後の展開
抵抗しても最後は国家権力に放り出される

最近は投資のことを書くことも稀だったので
これからは少しずつ書いていこうと考えています

鳥 頂点


今では裁判所は不動産競売のサイトまで立ち上げて
三点セットを公開してくれています
三点セットとは 物件明細書、現況調査報告書、評価書 のことです

裁判所の執行官がまとめた現況調査報告書に
不動産鑑定士が鑑定した結果が評価書になっています

不動産競売物件情報サイト

こんなサイトがない時は管轄の地裁の支部まで出向いて
高いコピー代を支払って、コピーして帰ってきたものです
しかも裁判所の支部などは不便な場所にあることが多いです
駅から遠いんです だからバスを利用して行きます
閲覧室というところがあり、ビデオカメラで監視されています
その部屋 16:00ころで閉められてしまいます

消費しないピノキオは午後半休などを活用して
時々出かけていました、8年前くらいのことかな

先客の何名かが一生懸命 三点セットの資料に目を通しています

プロっぽい人も居ましたが
どう考えても素人っぽい おばちゃんも居ました

競売不動産を買うにあたっては
不動産だけではなく、法律の知識も当然必要になります

現況調査報告書に書かれている文言から何を読み解くか
どういう物件に手を出してはいけないか
入札、落札、代金納付、所有権移転登記、占有者排除
そんな手続きはどうしたらいいか



Ads by Ninja AdMax


登記簿の読み方も、もちろん重要です

正直ゼロからスタートするにはハードルが高かったです
普通の物件みたいに、銀行もなかなか融資してくれなかった

売却基準価額(最低売却価格)と呼ばれる価格が
入札する際の最低額となります

不動産鑑定士が鑑定した評価額に対して
安い場合で、およそ6割程度
一般的には7割程度が売却基準価額として設定されます

売却基準価額以上で最高価を入札した人が落札できる仕組みです

入札金額も過去データを分析しながら決めました
やってみると いろいろ面白い世界です

落札したら裁判所に物件と落札者の氏名、住所が公表されます
見事に晒されてしまうわけです


気が向いたら またつづく

安心できる競売物件の見方・買い方―危ない物件の見分け方

競売実務研究会 民事法研究会 2012-07
売り上げランキング : 372353
by ヨメレバ



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 競売 不動産投資 資産 マイホーム 投資
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
832: by prire on 2013/12/22 at 22:28:47

競売ですか。うーん、色々大変そう。
やっぱり不動産投資をする人はすごいです。

833: by sm on 2013/12/23 at 08:41:34

もう、親からは

土地と、家かってもらってるから

もう、十分

土地も駐車場でかしてるから

固定資産税それで払ってる

まあ

今は仕事、休職中だから

あんま、がめつくしてもね

838:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/12/23 at 23:55:09 (コメント編集)

prire さんなら大丈夫だと思いますよ

ただ大阪の物件 ちょっと高い気がするんですよね
鑑定士の影響か、評価額が管轄で微妙に違う気がするんです

839:sm さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/12/23 at 23:57:14 (コメント編集)

おっしゃるとおりです
自分の得意なフィールドで戦うのが一番です

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS