トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

会社はいずれ凡庸になっていく

余計なことは考えないで走る会社は強い



このブログを開始した頃、こんなエントリーを書いていた

働かないアリの考察 その1
働かないアリの考察 その2
働かないアリの考察 その3

皆が同じ目標を向いて突っ走っている会社は
余計なことを考えず、無駄なことをせず
1つのことに集中して突き進んでいるから強いんだと思う

ネットで会社の成り行きを面白おかしく
語っている文言を見つけました

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

会社 オフィス 企業

あまり大きくない会社がある

その業界でやっていきたい
本気モードの人が集まってすごい商品を作る

それを聞きつけてその業界で生きていく気まんまん
やりたいこと爆発状態の社員が集う

優秀な人材がいるのでさらにすごい商品ができる

会社がどんどん大きくなって大手になる

あの業界といったらこの会社
という風に一般人も知るようになる

有名大学の安定志向の連中が
とりあえず安定したいからって理由で志望してくる

本当にその業務に興味のある
社員の割合がだんだん減っていく

過去にすがってどうにかブランドで
生きていこうとする(会社の終わり)


がむしゃらに働く人、適度に働く人 あまり働かない人

会社で働く従業員の数が多くなり
嗜好も働く目的も人生観も相互に影響しながら
同じ価値観を共有できる人材は、だんだんと少なくなっていく
会社が成長して大きくなり従業員が増えるということは
人材の多様性を受け入れていくことでもある

そして会社はいずれ凡庸な存在になっていく
角ばった石ころもぶつかりながらいずれ丸くなっていく



会社の老化は止められない
未来を開くための組織不可逆論

細谷 功 2013-04-05

by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ
ブログ王

関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 労働 多様性 凡庸 大企業病 ベンチャー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
652: by prire on 2013/11/14 at 21:17:54

早期リタイア関係者にとって、サイクルの初期と末期とどちらがいいのか?

初期なら感化されてモチベーションも上がり、リタイアなど考えないのかも知れない。一方末期だと楽な反面危機感も蔓延してるだろうし、多くの人が考えてそうですね。

早期リタイアとIT業界ってやたらとリンクするけど、やっぱりIT業界自体がサイクルの末期にさしかかっているのかな。

655:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/11/15 at 23:00:38 (コメント編集)

初期も末期もライフスタイルの多様化で
どちらも需要が必ずあります
年齢も大きく影響しているように思うんですよね
おっしゃるとおり早期リタイアは初期も末期もどちらもいるでしょう
早期リタイアする人が増えてくると、仕事の仕方も変わり
雇用は新たなステージに向かうと思うんですよね
我々はきっとトップランナーの次点くらいですよ

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS