トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

道頓堀プール構想 ぶっ飛んでて最高だ

概念を変える様な発想力 大阪はこうでなくっちゃ



あまりにビックリして笑ってしまったので
昨日の記事 の続編は次に譲ることにしました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

あの道頓堀川がプールになる構想があるそうだ

1985年に阪神タイガースが優勝時
有名な戎橋からKFCのカーネルサンダースが
バース選手に似てると言われて投げ込まれ
興奮した人が何人も飛び込んだ
そんなヘドロだらけの道頓堀川がプールになるという

道頓堀プールの構想の動画 MBSニュースへ

道頓堀プール

計画では2015年の開業に向け、およそ30億円かけて
川の上に樹脂パネルと塩化ビニルシートが張られることになっています。
夏に9週間オープンさせ、入場料は1時間2000円。
週に1回、およそ350万円の水道代をかけて水を入れ替えるということです。
年間100万人の来場者を目指しているという。
東京オリンピックより、確実に経済効果が出るだろう。
これで道頓堀の概念ががらりと変わると
総合プロデューサーの堺屋太一さんは語っているそうだ。

消費しないピノキオは朝から爆笑してしまった

あまりに構想がぶっ飛んでると感じたからだ
金額はやや高いように感じるけど、

読売新聞社の記事によると、以下のことが書かれていました

一度に5000人が入っても耐えられる設計
夏季以外は2000人分の観客席を設置し、連日船上パレードを披露する
建設事業費の約30億円は企業などから調達する考えだ

ヘドロだらけの川をプールにしてしまうという発想



Ads by Ninja AdMax


堺屋さんの言うとおり
確かに道頓堀川の概念が変わる


あの一帯は既に観光地で一等地だし
その場所がきれいになるだけで、大きくイメージは改善する

入場料は1000円くらいでいいと思うんだけど
企業が出資するようだし、採算はなんとかなるんじゃないかな
これからの構想の成り行きに注目したくなりました


人を呼ぶ法則

堺屋 太一 幻冬舎 2012-09-28

by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 道頓堀プール 大阪 橋下徹 堺屋太一
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
491: by prire on 2013/10/12 at 06:41:56

困りますねえピノキオさん。道頓堀川は85年当時の汚いままとは違いますよ。
今はかなり綺麗になり周辺も随分オシャレな雰囲気になりました。遊覧船まで出ている始末です。
http://www.ebisubashi.or.jp/topics/68.html
奇しくも今日は道頓堀でランチの予定ですw

492:ホントだ 側道はおしゃれになってる by 消費しないピノキオ on 2013/10/12 at 06:56:34 (コメント編集)

写真をみたら、側道がたしかにキレイに整備されてますね
私が道頓堀川を最後に訪問したのが14年前かな
その頃のイメージで書いていましたが、既に準備は進んでいるんですね
ランチ楽しんできてください

493: by 仙人 on 2013/10/12 at 13:32:31

画像めっちゃワロタ

494:笑いますよね by 消費しないピノキオ on 2013/10/13 at 08:16:22

雑居ビルと派手な電飾の谷間を流れるヘドロ川が
プールに変化するって発想がお笑いですよ
屋根をつけたりドームにしないから、なおさら笑います

495:大阪だから…… by ヒョウタンツギ愛好家 on 2013/10/13 at 09:34:32 (コメント編集)

全てはこの一言で片付くと思いますよ(笑)。

引きこもりには距離を置きたい「村落」です。

496:そうですね 大阪いいですよ by 消費しないピノキオ on 2013/10/13 at 10:04:31

大阪の本拠地は天王寺界隈
そこにも どでかい笑い を1つ頼みたいところです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS