トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

中高年のひきこもりは問題なんでしょうか

ひきこもりの半数は中高年

中高年のひきこもりは問題なのか

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

引きこもりの半数は中高年 という記事を見た
40代の389人、50代の233人
60代以上の95人を合わせると計717人
実に該当者の半数近くの約45%が、40代以上の中高年だった

ちなみに、15歳から39歳の該当者は855人で、全体の約53%
無回答が35人で約2%だった

結構、居るんだなーって印象です
20歳くらいから、ずっとひきこもりで
40歳を超えてしまったら、もはや社会復帰は非常に困難でしょう

やる気なし 無気力 ひきこもり

ひきこもりの本人がやる気を出したところで
雇用主が欲しがらないと思うんです
本人にしても極めてハードルは高く
素っ裸でジャングルに出るようなものです

40歳を過ぎてから、何らかの理由で
ひきこもりになった人もいることでしょう

中年のひきこもりと言っても、状況は様々で
あまりにざっくり切り過ぎているように感じます

ひきこもりの定義ですが
2010年の内閣府による定義では
以下のようになっています
仕事や学校に行かず、かつ家庭以外の人との交流をほとんどせずに
6ヵ月以上続けて自宅にひきこもっている状態の方

仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流はないが
時々は買い物などで外出することもある方





普通に生活できているけど、社会と関わりたくないという
軽度のひきこもりも居れば
部屋から全く出てこないで、誰とも会話を交わさないという
重度のひきこもりまで、様々でしょう

そんな状況の中、消費しないピノキオは
中高年のひきこもり 果たして問題なのかって思っています

ひきこもりっていう定義もあまりにざっくりし過ぎています

こういう調査自体に意味があるのかという気持ちもあり
いろいろと思うところがあります



早期リタイアとひきこもりの微妙な関係 へつづく

ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: ひきこもり ニート リタイア やる気なし 無気力
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
453: by prire on 2013/10/01 at 07:44:27

多いですね。若年層がほとんどなのかと思っていました。
どうせなら中高年引きこもりの何%が早期リタイアなのかも知りたいですね。

454: by りりぃ♪ on 2013/10/01 at 09:40:39

え~そういうなら、私も半分はひきこもりかも^^;
アウトドア派じゃないんでしょうがないかな・・

455: by にこまる◎ on 2013/10/01 at 15:28:24 (コメント編集)

本人に収入が無く親からの支援で生活してひきこもってる人が問題とされてるのかな?。

親が残した財産が無くなった後は生活保護だと思われます。

個人的には 生活の糧を持ってて ひきこもっている分は問題ないと思いますよ~。

456: by ヒョウタンツギ愛好家 on 2013/10/01 at 20:15:40 (コメント編集)

引きこもりが問題視される(笑)のは何故か?

答えは簡単。支配する側の価値観による「経済成長」(死語なんですけども、敢えてこう書きます)に参加しないから。
引きこもりがパチンコや競馬競艇競輪オートレースへ行くという話は聞きませんし、「引きこもり」っていうぐらいですから、食事のために出かける、なんてことは希でしょう。地上波民放テレビで紹介される商品のうち、引きこもりが選ぶのは一部の生活必需品だけだと思います。
つまり、必要最小限の消費しかしない引きこもりは彼らにとって迷惑な存在だからなのです。

僕から言わせれば、引きこもり生活は究極のミニマム&シンプルライフ、ということで実現へ向けて必死になっているんですけどもね(笑)。
ほんと、憧れの生活様式です。引きこもり。

457: by バネ on 2013/10/01 at 23:15:03 (コメント編集)

引きこもりはテレビの向こうの話と思っている人が多いのでしょうか?
他人に話さないだけですぐ近所にもいるんですよね。
親世代の方で子供に生活の面倒を見てもらっている人や、同世代で学生時代から引きこもっている人も知っています。
同級生でも引きこもってしまった人もいます。
自分の家族や子供が引きこもりになるかも?とは誰も考えないんでしょうね。

460:prire さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/10/04 at 06:14:33

私も中高年ひきこもりの中での早期リタイア率を知りたいと思ってますが
公表されないんじゃないかな
高齢者のことは、さすがにひきこもりともニートとも呼ばないですよね

このことからも、中高年はまだまだ仕事するべきという
価値観を暗に示しているんだと思われます

461:りりぃさん コメントありがとうございます by 消費しないピノキオ on 2013/10/04 at 06:16:23

そうなんですよ、ひきこもりの定義がアバウトなので
アクティブでない人は、ひきこもりになってしまいます
それでひきこもりは問題って主旨のニュースを流されてもね

462:にこまるさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/10/04 at 06:20:33

そうですね、ひきこもりできるってことは贅沢なことなので
自分自身で生活できるようになってから、アクションして欲しいですね

生活保護を受給することは難しいように思うのですが
ひきこもり=心身の病というイメージから
受給できるようになるのかな


463:ヒョウタンツギ愛好家さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/10/04 at 06:28:55

はい、おっしゃるところも大きいと思ってます
ミニマム&シンプルライフという表現ではなく
ひきこもりというマイナスのイメージが定着している言葉で
誘導している感じがとても嫌ですね

高齢者のひきこもりというと、とても問題な気がします
高齢者のニートって言葉も、イメージだけで言うと
あまりよくないですよね
高齢者の大多数はニートに決まってるんですけど
だけど定年退職して悠々自適とかリタイアって言葉だと
高齢者にしっくりくる

464:バネさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/10/04 at 06:40:41

ひきこもりの定義を精神疾患を伴って部屋から外に出ない人
ってすれば、かなり少ないのではないかなと想像しています

同年代で学生時代からひきこもりっていうことは
もう20年近くもひきこもりなんですね
ご家族もさぞかし心配だろうと思いますが
本人が社会に出て、収入を得ることは、ほぼ不可能でしょう

社会が一体どこまで手当てする必要があるのか
ここが大きなポイントですね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS