トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

会社にこそ断捨離は求められている

平穏な時だけ幅を利かせる仕事は、捨てるべき仕事です



利益に直結しない仕事は思い切って減らしてみませんか

リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄

必要のない仕事をしているから時間が足りなくなります
本当に必要な仕事だけをやるようになれば
もっと労働時間は減らせるはずなんです
そういった真の業務改革を進めて欲しいところです

苦悩 悩み 仕事

昨日 モチベーションについて語りました
モチベーション管理とか要らんですよ

モチベーションを組織として管理することは
あまり意味のあることではないと思っています
百歩譲ってベターな選択肢の1つです

そんなものを導入してコストを膨らますくらいなら
何もしない方がいいと思っています

投資家目線で言えば、くだらんことには一切経費を使うなってことです

物事はシンプルに考えましょう
企業は営利目的集団ですから利益を稼ぐところです

やりがいとか動機付けとかって仕事以外で満たすのが本来の姿

ところが仕事に、そんなことを求めるから仕事中心の生活になって
仕事を辞めたら暇つぶしも出来ないっていう不思議なことが起きてる


仕事が全てという生き方 ピラミッドの上に安住している人ほど
そんなバカな生き方 とっくの昔にやめていると思いますよ

無駄な仕事を作り出す人 のエントリーでも書きましたが
非利益活動は間接費の増大だけでなく
管理職の日々の心労を高める要因にもなっています

管理職は業績の目標数値だけでなく
非利益活動にも積極的に取り組むことまで強要されます



Ads by Ninja AdMax


でも経営が危機な状況になると、真っ先に削られる予算でもあります
経営が危機的になった時にこそ
モチベーション維持は重要な気もするのですが
平穏な時にしか、無駄な仕事は生き残れません

こういう無駄な仕事はコンサル屋さんが大抵持ってきます

コンサル屋さんは儲かっている会社には
無駄な仕事を大事な仕事であるかのように
必死にプレゼンして無駄を導入します

儲かっていない会社には
無駄な仕事を削れと言って、一気にコストカットして
業績の急回復で信頼を得た後に無駄を導入して儲けます

常套手段です

話をもとに戻しましょう

管理職のモチベーション維持には
無駄な仕事を減らすことが、もっとも効果的なんじゃないかと
真剣に考えてしまうわけです

そして普段 疲労困憊しているから
新たなイノベーションのアイデアなんて出てこないわけです


無駄学

西成 活裕 新潮社 2008-11

by ヨメレバ


ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
412: by prire on 2013/09/21 at 10:10:45

確かに無駄な仕事は諸悪の根源となっているように思います。
・・・でも、無くせないんですよね、これが。社会の仕組みと割り切るしかないのかな。

417:無駄な仕事 by 消費しないピノキオ on 2013/09/22 at 07:34:59

社会の仕組みになってしまっているのですが
このままでは、ずっと生産性が低いまま
行政が請け負うべき社会保障を会社でやることとなり
結果的に新規雇用も見送られるという悪循環になると思うんですよね
そして非正規雇用ばかり増えてしまう

418: by 仙人 on 2013/09/22 at 09:14:30

コンサルは会社を食い物にしますからね。

行き過ぎたファブレス会社などは会社そのものが無駄の場合もあります(笑)

422:行き過ぎたファブレス by 消費しないピノキオ on 2013/09/22 at 21:08:09 (コメント編集)

どうなっちゃったんですか
なんだかとても気になりますが

424: by 仙人 on 2013/09/22 at 23:02:30

一時、ファブレス化がもてはやされたこともあり、とある会社が製造をやめてしまいました。製造は下請けに丸投げし、開発と営業に専念するようになりました。工場や在庫を持たないため、リスクも小さくなりました。設計なども派遣や契約社員でこなし、受注量によってはバンバン首を切ったり、大量に雇ったりを繰り返しました。会社は短期的に利益を計上しました。

数年後、会社は多額の営業損失を計上するようになりました。

製品の品質が著しく落ちてしまったのです。派遣社員をないがしろにして、下請けを叩きまくったため、品質が落ち、クレームの嵐となりアフターコストが巨額になりました。

会社は間接部門まで切り始めました。財務役員がいなくなり、経理の人員も削られました。財務役員がいないため、経理部長が粉飾まがいのことを要求されるようになりました。私は退職することにしたため、その会社の面倒を見るのを途中でやめました。

会社は監査をパスし、なんとか取り繕いました。
その会社に残ったのは、ニーズの分からない開発、売れない営業、制御機能を失った経理でした。
技術屋さんとして、半世紀近く続いてきた会社は空っぽになりましたとさ。

めでたし、めでたし。

429:悲惨な末路ですね by 消費しないピノキオ on 2013/09/23 at 20:27:05

品質が落ちてしまったんですか あらら
取引先にも大きな迷惑が掛かってしまったでしょうね
想像しただけでも大変そうです
取引先も一部は逃げていったんでしょうね

とてもよくわかりました
ありがとうございました

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS