トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

買うか借りるかという比較は住宅に限らない

なぜ自動車は買うモノなんでしょうか



住宅を買うか借りるかの判断基準 という記事を書きました

買うか借りるかの最大の判断基準は値段という
投資視点では当たり前のことを結論として既に書いています

そしてありきたりのシミュレーションは
この値段の設定におかしなところがあると思ってます


住宅を買うか借りるかの判断基準
買うか借りるかという比較は住宅に限らない
買うか借りるか シミュレーションは現実的に
買うか借りるか 損得勘定は値段で考えよう
住宅の損得勘定の分岐点はどこですか


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

株式投資にしても、スーパーの野菜にしても
値段を見て買うかどうかを判断します

住宅も一緒です 値段が高ければ買いません
値段が安ければ買う可能性は高くなります

そして買うか借りるか、どっちが得かって話は
実は自動車でも一緒だと思っています

自動車の場合、その判断基準は
むしろ顕著に示されていると思うんです

平日は夜遅くまで仕事で独身、通勤手段は電車のみ
こんな人が車を所有していても
車が車庫で眠っている時間がもっとも長く
運転している時間なんて、ほんのわずかです
まるで経済合理的ではありません

通勤電車 会社通勤 ラッシュ

所有するために、車検を通し、自動車税を払い
自賠責保険、民間の自動車保険を払い
そして駐車場代を払っているとも言えます

満たしているのは所有欲と
わずかな利用機会だけですよね


独身サラリーマンの場合
住宅の場合も1日のほとんどは住人不在の倉庫状態ですが
少なくとも毎日 睡眠するために電車に揺られて帰ってくるわけです
自動車よりは利用時間が長いという点で経済合理性に適ってます

自動車の記事で、買うか借りるかなんて比較
あなたは目にしたことがありますか

少なくとも住宅の買う借りるどっちが得
って記事よりは明らかに少ないはずです

最近は長引くデフレ経済の影響で大手自動車メーカーも
カーシェアリングやレンタカーにも力を入れているせいか
少しは目にするようになってきましたが
誰かに操作された常識が思考の壁になっていませんか

自動車に乗らない人はいるけれど
家に住まない人はいない

っていう理屈だけが原因なんでしょうかね


自動車は買うもの、住宅は買うか借りるか考えるもの

固定化された視点に囚われている限り
節約にも限界があるといえます

利用頻度って買うか借りるかを考える際に
もっとも大事な視点といえます


住宅の場合は利用頻度が低いということは
基本的にないと思うので、判断基準は値段の
比重が高くなるのかなと考えています

買うか借りるかという議論は住宅に限りません
ってことを今回は書きました


買うか借りるか シミュレーションは現実的に へ続く



サラリーマンは2度破産する (朝日新書)

藤川 太 朝日新聞社 2006-10
売り上げランキング : 241551
by ヨメレバ








ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王

関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 生活 家計 消費 節約 自動車 購入 賃貸
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
328: by 仙人 on 2013/09/02 at 07:29:58

今の若者は車に興味がなくなったと揶揄する中高年がいますが、彼らより現在および将来の経済に適応しようとしているのは若年者なのかもしれません。

335:仙人さん コメントどうもです by 消費しないピノキオ on 2013/09/04 at 05:57:07

将来の経済に適応しようとしている若者は多いです
この不安を取り除くのは容易なことではないでしょう

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS