トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

理不尽な一方通行の感情は、あきらめしか生み出さない

子供を一方通行の感情で怒る親のこと

ファミレスで見た兄妹 がフィクションかどうかわかりませんが
このような風景をリアルに近所のスーパーなどでよく目にします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

子供 怒る 叱る
photo by Axel Bührmann

自分が親になる前もなった後も
このことは変わらず感じていることなんだけれど

親は必要以上に子供に対して怒りすぎるし
感情的になりすぎるし 口を出し過ぎているってこと

子供を心配する気持ちもわかるんだけど
親は時折 感情的な気持ちが前面に出てしまうことを
自分の経験からも感じてしまいます

鬼の形相をした母親が子供を捕まえて
叩く光景をスーパーで目にしたことがある
もはや叱るという行為を完全に逸脱しているし
子供は親に恐怖しか感じていない様子

この状況で躾なんて可能なんだろうか

子供は逃げ回ってるし、親は人目を気にしながらも
感情むき出しで追いかけまくってる
これって一体なんだろう ただのケンカじゃないの

人間だから感情があるのは当然なんだけれど
子供を親の所有物のように考えてしまってないかな





あと携帯に夢中で子供を放置している親

子供が何かを話そうとしても、親の心はここにあらず
テキトーな返答をしているし、しまいには 「うるさい」 と一喝

ただただ 一方通行な ほとばしる感情があるだけ

きっと子供が携帯に夢中で親の話を聞かなかったら
親は躾と称して怒りをぶつけるに違いない
でも、その逆の状況には自ら戒めを持つこともない
子供は矛盾を感じていたとしても
そんな親に反抗する気にもならないだろう
そしてあきらめるようになっていく

理不尽な一方通行の感情は、あきらめしか生み出さない

親は この社会の中で多大なストレスを感じている
そのストレスを子供に向けてしまっても仕方がない
子供にとってはまだ世間が狭く、家族が全て
親と違ってストレスの捌け口なんてどこにもない

ストレスが蓄積していった先に何があるのだろう

こんな躾を受けてしまった子供達は
将来 どんな親になるのだろう

ほとんどの親の場合、根底には愛情があるわけで
感情的に子供を叱った後で
後悔していることがとても多いと思う


ファミレスで見た兄妹 のお話しに話題を戻すと
無口で母親に対して既に諦観している兄と
まだ諦めてきれていない妹という構図の中で
携帯電話に夢中な母親を中座させることで始めて
ようやく妹が話したかったことを話し
食事もゆっくり食べれるという普通の状態が訪れます

兄にはそのような助け舟を出す人が
残念ながらいなかったのでしょうが
その兄は妹を救っているわけです

こんな母親も反面教師という形で
兄に受け入れられているわけです

子どもが変わる 怒らない子育て (フォレスト2545新書)

嶋津良智 フォレスト出版 2013-08-08
売り上げランキング : 2062
by ヨメレバ

ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 生活 育児 感情
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
228: by にこまる◎ on 2013/08/10 at 14:49:39 (コメント編集)

夫くんと息子くんBがこの状態でした。
同居して初めてわかったことです。

夫くんのストレスも同情しますが まずは息子くんBに手をあげることと理不尽に怒ることを阻止することから始めなければいけませんでした。
この文に書いてあるとおり息子くんBにはあきらめしかないのがよくわかりました。
そういう育ち方をした子はトラブルも起こすのでいろいろありましたが 高校に入った頃から良い方向へ変化があり他県の専門学校へ進学してからはのびのびとして良かったなと思ってます。
夫くんも年をとって少し変わりましたしね。
そんな夫くんも きっと同じように育てられたのでしょうから誰が悪いわけでもないんですけど…。
ストレスは無いに越したことはないですが 上手にはけ口を作っておくのが大切ですね。
大事な我が子にそれを持っていけばいろんな弊害が出てしまいますものね。

ヘルメット残念でしたね。
犯人はこんな育ち方をした人かもしれないってちょっと思いました。
ヘルメットは残念でしたが こういう文を書かれる消費しないピノキオさんですから上手く心の処理をされるんだなと思います(*^^*)。

きっとまたいいことありますよ~(*゜▽゜)ノ。

230:どうもありがとう by 消費しないピノキオ on 2013/08/10 at 20:12:42

コメントを見ました そんなことがあったんですね

にこまる◎さんが来て、家族はいい方向に向かったんでしょうね
人間同士の関係性って一度 形成されてしまうと
なかなか当人同士では覆らないですからね

夫くんも息子くんBもどちらも辛かったんじゃないかな

ヘルメットは自分の不注意ってことで解決しちゃいました
きっと臭いを嗅いで、川にでも投げ込まれたように思います

何度か洗濯したりして大事にしていたので
ヘルメットくんには申し訳ない気持ちです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS