FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

不況で株価が底値圏の時 逆イールドは発生しない

Are You Ready ?




逆イールドの記事をよく目にするようになりました
昨年からいくつかエントリーにも書いていました

波が反転する時に矛盾が出てくる
米国株は天井圏にいるよね
リーマンショック時 米国債イールドカーブはスティープ化していた


長短金利差(3ヶ月と10年)が逆イールドになったことよりも
フラット化の進行が継続していることを注視すべきです

2年と10年の金利差 現在14bpになっています
ちなみに昨年12月に11bpを付けたことがあります

逆イールドにならずにフラット化が解消することもあります



リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


現状 大局的に見て、米国の景気が底だという人は皆無だと思うんです

不況下で株価が底値圏にいる時、イールドカーブはフラット化はしないし
逆イールドにもならない、順イールドになっています


今 米国株に投資している人は、頭と尻尾の美味しいところを
自身の強欲に身を任せ 積極果敢にも取りにいっている

という意識は持っていた方がいいです


「逆イールドになってからも1年くらいは景気後退しない」

そんな記事も よく目にするのですが
景気後退期の判断は後日されるもの

投資家の方は景気後退期がいつになるかはどーでもよくて
株価がいつ天井を付けるのかを知りたいわけですよね


1991年から2000年まで長期に渡り
米国株は上昇トレンドを形成しました

期間が今と似てますよね

ということで、ITバブル期の状況を調べてみました



NASDAQ総合指数が天井を付けたのは2000年の3月

景気後退期は2001年3月開始と定められました

その1年間で株価は半分以下まで下落しました


2年と10年の金利差が逆イールドになってから
約1ヶ月半後に株価が天井をつけています


表にまとめてみました
色付きセルは天井までの騰落率です


ITバブル 金利差 イールドカーブ


逆イールドになってから、NASDAQはたった1ヶ月半で約24%上昇

過去がそのとおりに繰り返すとは限りませんが
投資に絶対なんてありません

ショートも大いに気をつけた方がいいです
天井圏ではボラティリティが高くなります



現在 特徴的なのは10年と2年の金利差が
逆イールドになる前に株価が天井をつけている点です

最高値更新の可能性もあります


PIと書いてあるのは、私のモノサシの数値です
Bottomは金利差の底を意味します


長くなりました すみません

次回はリタイアの記事でもサクッと書こうかな



予測の達人が教える 経済指標の読み方




ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

パフォーマンス計測

ほったらかし投資 2019 05/15更新
収益額 +113,131
投資額 9,300,000

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS