FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

波が反転する時に矛盾が出てくる

上がり続ける相場はない




米国債の逆イールドが話題となっています
2年と5年、3年と5年で逆イールドになりました


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄



これまでも米国債のイールドカーブは
フラット化に向けて進行していました

直近は長期金利の急な上昇により
スティープ化の兆候もありましたが
再度フラット化に向けて進み始めました


逆イールドはたしかに問題です

でも逆イールドの直前までセーフで
逆イールドになった瞬間にピンチという話ではありません



すべては流れです

一方向に順調に流れている時よりも
流れが反転した時に問題が出てきます

ポジションの変更を迫られるからです


直近、順調に上がっていた
米長期債の金利が下がり始めました


「米国債の金利下落を株式市場が好感」

そんな解説を聞いた時、「えっ」って思いました
一般的には「正しい」見解なんですけど
状況によるんだよね


長期金利が上がり続けている時はいいんです
市場が先行きに楽観しているわけですから

イールドカーブもフラット化に向けて
進んでいる時は問題が発生しないわけです


ジェットコースター 繰り返し ボラティリティ



フラット化が進まなくなり反転した時が問題です

長期金利が上がらなくなり、スルスルと下がり始めて
様々な指標が悪化してきて、中央銀行が短期金利を下げていく
長期金利は相変わらず下がっていく
金利が長短ともに下がりながらスティープ化が進む


こうなったら もうチェックメイト


毎回 呆れるくらい ワンパターン


そういえば暴落前にこんなリツイートもしてました





気が向いたら グラフでも描いてみるよ



リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

パフォーマンス計測

ほったらかし投資 2019 05/15更新
収益額 +113,131
投資額 9,300,000

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS