トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

貨幣経済の圧倒的優位はコストが低いこと

貨幣経済はつながりを必要とせず面倒がない



金銭的なやりとりと非金銭的なやりとりの
大きな相違点はコストだと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

評価 計測 社会

金銭的なやりとりはお金を払っておしまい。
コストはないに等しい。
非金銭的なやりとりは信頼の積み重ねを要する。
それなりのコストを要する。

コスト=面倒さ加減 と考えてる。

信頼は一朝一夕に出来上がるものではないから
ゆっくりと積み重ねていく必要がある
壊れてしまうのも一瞬だろう

その点、お金のやりとりは危うさが少ない
特に現金の授受であれば、一瞬で決着することになる。

世の中は面倒なことを極力排除する方向で進化してきたと思う。
だからこそ貨幣経済は驚くべきスピードで浸透してきた。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉に象徴されるように
お金で結ばれた信頼というのは、それなりに強いけど
壊れてしまう時も一瞬。

果たしてこれから先
非金銭的なつながりがどこまで浸透していくのだろうか



Ads by Ninja AdMax


大震災を契機として
私の抱くような危惧が少しずつ変化しているのかもしれない。

日本では震災発生当初から、義捐金があっという間に集まり
支援の輪が広がっていった。

金銭的な援助だけではない、仕事の合間をぬって
被災地に訪れボランティア活動をしている人々は数知れない。

何かイベントがあると、このような助け合いが促される社会では
非金銭的なつながりは、拡散していく可能性を秘めているかも知れないけど
震災のような非日常的なイベントがない
日常空間で果たしてどこまで実現可能だろうか

評価経済と貨幣経済がハイブリッド化するにしても
貨幣経済の圧倒的な取引の前で
わずかな評価経済の取引が発生する程度なんだろうけど

金銭的なやりとりに疲れた人もそれなりに多数いて
この広がりがどこまで行くのか
興味深くウォッチしていきたい

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

岡田 斗司夫 ダイヤモンド社 2011-02-25
売り上げランキング : 4913
by ヨメレバ

ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 貨幣経済 評価経済 評価 基準 つながり コスト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS