FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

売却タイミング ヤバイと思ってから売っても遅くない

歴史に学ぶ売却術



リーマンショック時 米国債イールドカーブはスティープ化していた
のつづきです


相場には波がある 大きな波と小さな波


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


小さな波は無視、大きな波は抵抗せず一目散に逃げる

売りタイミングを見極めるため市場の波を眺めている


独自のモノサシで米国債イールドカーブを注視中
米国債の長短金利差に対して独自の重み付けをして加算したグラフが青

本グラフには登場しないWilshire5000 指数の
天井(赤)、底(緑)、最終戻り高値(茶)を三角印でプロット


イールドカーブ Wilshire5000 インデックス



グラフが反転した箇所の最低値に線を引いた

1995年につけた 3.233 を緑線
1998年につけた 1.415 を黄線
2005年につけた 0.470 を赤線


黄線から茶三角の間に売却できれば合格ライン
赤線から赤三角の間がベスト
茶三角は最終波の戻り高値なので、その後はクッションもなく大暴落


ところがですね

グラフを見るとわかるとおり、赤三角を越えてしまって
逆イールドからイールドカーブのスティープ化が始まって
「ああ やられた」「ヤバイ」「もう手遅れだ」
と思ってから売っても意外に遅くはありません

しかしながら、茶三角を越えてから売ったのでは手遅れ


残念ながら茶三角がどこに出るかはわかりません
そして緑三角も意外にも早く訪れます

黒丸がリーマンショック

あなたはどこで売りますか、売らずにホールドですか
売らずにホールドも気持ちのよい戦略の1つだと思っています


つづきます


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS