トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

無配当は嫌い 高配当が好き 配当性向 何が違う

配当性向が高い企業は好きですか




配当性向は高い方が好きですか

まるでREITであるかのように
最終利益を全額配当として拠出する
そんな企業に投資したいですか



リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


内部留保と配当拠出 何が違う



最終利益を内部留保することなく
すべて株主に配当拠出していた場合
拠出された配当分だけ
企業の純資産は減っているはずです


新規に投資する人にとっては
無配で内部留保してくれていた方が
財務数値が配当分だけ良くなるので
投資妙味があるともいえます

投資先企業は配当金を留保しているだけです
当然ですが、消えてしまうわけではありません


投資家は実質的に損も得もしていません

サンタクロース 贈り物 ずぶ濡れ
emre nacigil


配当金を上手に回転できるのはどっち



拠出された配当金を投資先企業よりも
自分の方が上手に回転できると思うのなら
配当を選択する思考も理解できますが
配当は企業から投資家にお金が動くため
余計に租税負担を負うこととなり
最初からハンデを背負っているわけです


米国の著名企業の中には最終利益を超過した
配当を拠出しているタコ足配当企業もあります
それで連続増配達成とかキモいアピールをしていたりします

その内実は剰余金を取り崩したり
借金してまで、配当をしているわけです


とはいえですね

投資する側も投資の収益率を意識しています
無配だと当然、数値は悪くなります

特に業務として数値を追いかけている
機関投資家、ファンド連中は高配当を選ぶ傾向が強いでしょう
その期の数値だけが特に大事なのですから


無配当はキャリーオーバー へつづきます



あれか、これか 「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門




リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5791: by pin on 2018/06/04 at 11:21:55

私は株投資を長くやっていますがほとんど勘と思いつきだけで判断してます。
ピノキオさんのマネー記事はためになるんで重宝してますがROEとかBPSとか難しくてわかりませんwww
でも今日のはだいたいわかりました。
続きが楽しみです。

5793:pinさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2018/06/06 at 17:18:55 (コメント編集)

ありがとうございます

昔から不思議に思っていたことが
結構あります、書き溜めてあるので
少しずつ掃き出していきます

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS