FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ROE 指標はどれくらい役立たずなのか

ROEの意味するところ




ROEのこと 書いてみます


PBR=PER×ROE なので ROE=PBR/PER

PER=株価/EPS、PBR=株価/BPS だから

ROE=EPS/BPS ということです

現状のBPSに対するEPSの割合がROE



リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄



ROEの説明として、よく定義される言葉はこんな感じ


ROEは Return On Equityの略
「株主資本利益率」と呼びます

株主が投資した金額で、企業がどのくらい
利益をあげているのかがわかる指標
ROEとは


BPS:1株あたり株主資本
EPS:1株あたり純利益

ROE=EPS/BPSの式とおり、株主資本に対する利益割合です

EPS10円、BPS100円の株であればROEは10%となります

100でROEを除算すると
BPSと同じ値になるのに要するであろう年数を示します

似たような指標にPERがあります
PERは現在の株価と同じ値になるまでに要するであろう年数を示します


アララギ イチイ 大木


本題はここからです


BPSがもともと低い企業はROEも高くなります

先の例ではBPSが100円でしたが、BPSが200円であれば
ROEは5%となり、半分になってしまいます

BPSが低ければ低いほど、ROEは高い数字がでます

ROEの理屈では、「BPSを上手に運用できていないから」 となります

たとえば、ある年に大赤字を計上して自己資本(BPS)が減ったとします
場合によっては、繰越欠損で数年間 法人税の納税が発生しません
従来と同じ収益構造のビジネスをして同じ収益を出しても
BPSが減り、最終利益は増えるので 結果的にROEは高くなっちゃいます

ROEはピンポイントではなくフローを見る必要があります


ROE BPS成長率で企業成長を確認する へつづきます







リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 ROE 役立たず 経営指標 自己資本比率
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS