トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

日米名目金利差のファクト

例外は一つもないってなんすか



麻生財務大臣が、こんな発言をしたと
日経新聞電子版に書かれていました

長期金利について、これまでの歴史をみると
米国との金利差が3%に達すると
必ずドル高・円安に振れる 例外は一つもない

麻生財務相「日米金利差3%でドル高・円安に」


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


「必ずドル高・円安に振れる 例外は一つもない」

昔 竹中さんが「今 ETFを買えば絶対に儲かる」
という主旨の発言したことがありました

当時 TOPIXは840、日経平均株価は8450くらいでした
その後、竹中発言のとおり株価は急反発
竹中発言は結果的にウソにはなりませんでした

竹中発言は不確かな未来の予想でしかありません
対して麻生発言は歴史を遡ったファクトベースです
検証する気になれば、誰でも真偽を確認できます

この麻生発言に反論している人は、ごく僅かで軽く驚いています
「例外は一つもない」は明らかに言い過ぎ、ファクトと異なります

消費しないピノキオはちょっと前に生データを調べたことがあったので

「そんなわけねーだろ ボケ」

をオブラートに包みつつ、上品にツイートしました

残念ながら、当時のデータをすぐに引っ張れなかったので
この度、データを引っ張り出してきて自作のグラフを描いてみました
日米の10年国債の金利を対象としています


日米金利差 米ドル円レート 高低差


麻生財務大臣の考えるドル高・円安水準が
一体どの水準なのか、長期金利は10年債のことを指しているのか
そんな詳細情報は一切ないので、私には皆目 不明ですが
発言したのは3月29日の午前でした
その時点でのドル円レートは約106.6円でした



グラフの解説は明日あたりに投稿します

日米の名目金利差と貿易摩擦 影響度合いを知る へ つづきます




リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS