FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

仮想通貨 グランドキャニオンに柵はない

ワクワクしている自分がいる



コインチェックの事件

不謹慎かもしれませんが
ドラマティックな展開に心躍ってます

年甲斐もなくワクワクしている自分がいます
深夜の会見もずっと視聴していました


この事件のドラマに私は出演していません
残念ながら、視聴者でしかありません

でも、この劇場型空間にいる感じ 久々です


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


仮想通貨はグランドキャニオン

さまざまなリスクがあります
法整備もまるで整っていません


グランドキャニオンに柵はない


でも、そういう時期だからこそ

すべてを承知の上でリスクをとって
先行者は投資をして大きな果実を得る


窓 下界 観察
Elizabeth Paxton


今回の事件の対象となったNEMコイン

NEM財団が流出資金自動追跡プログラムの作成を開始
ハッカーのWalletにマーキングをして追尾中だそうな

なんともドラマチックですね


仮想通貨って中央に管理者がおらず
ネット上にブロックチェーンが築かれて
取引台帳を皆で共有管理する仕組み

今回の流出騒動において、NEM財団は不正アクセス前の状態に戻す
ハードフォークはしないと早々に発表しました

不正前の状態にハードフォークする(できる)ということは
スーパーユーザーがいるということです

今回、NEM財団は、ポリシーを死守しましたが
ポイントはハードフォーク 「できない」 ではなく 「しない」 ということです

ハードフォークをコインチェック社からNEM財団に打診したようですが
打診するということは、打診すれば技術的に可能ということです

この点が、私は非常に気になりました

所有者に偏りがあり、一部の人の合意が全体の過半を超えるなら
ハードフォークも一部の人たちの判断で可能ということです

スクイーズアウトは株式の世界でも見られることですが
仮想通貨はグランドキャニオンの世界

ICO発行者の内部犯行の可能性は100%ないのか 等
わからないことが私にはたくさんあります


これから先、仮想通貨とひとくくりに出来ないくらいに
ポリシーの異なる仮想通貨がたくさん登場しそうです


グランドキャニオンに柵はない

仮想通貨に限らず、投資をする人が増えていくと
国民に自己責任の自覚が芽生えてくることでしょう

情弱な国民が減り、自己責任の意識が芽生え
旧態然としたのろまな仕組みが淘汰される

結果、合理的かつ論理的な思考を持つ人が増えてくるのなら
規制で縛った政策よりも、全体的にはプラスに働く

今まで、こういう痛みが日本には少なすぎたのかもしれない

痛みから人は学ぶ

もう二度と同じ過ちは繰り返さないと対策を打つ
そのような流れはとても大事なことです

平和ボケは危険です


今回の事件、コインチェックの顧客にとって
少しでも良い決着となることを願っています


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS