トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

一億総中流 貧富の格差 事実で確かめる

グローバル上流でも国内下流ですか




一億総中流とは、日本国民の大多数が
自分を中流階級だと考える「意識」を指す言葉

そんな「意識」は希薄になったように感じますが

実際、家計資産という側面での
中流層の厚みはとても強いです



リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


Credit Swiss が毎年公表している
Global Wealth Report

無料で閲覧できるなんて恵まれています


データブックには面白いデータがあります

各国の成人による資産階層を
このように分類して割合を算出しています

1万ドル未満
1-10万ドル
10-100万ドル
100万ドル以上

このうち1-100万ドルの階層割合が多い順に
上位30ヶ国をリストアップしてみました

中流層 格差 ジニ係数
表内の数字はパーセント表記です


日本は堂々の3位

およそ110万円から1億1000万円の間に
90%近い成人の国民がプロットされます

日本

平均資産額 22.5万ドル
最頻資産額 12.4万ドル

1万ドル未満 7.9%
1-10万ドル 35.7%
10-100万ドル 53.9%
100万ドル以上 2.6%

エチオピアという国は、こんな感じ

エチオピア

平均資産額 153ドル
最頻資産額 103ドル

1万ドル未満 100.0%

まるで世界が違いますね

エチオピア、相対的貧困率 少なそう



日本は、G7でもっとも上位に位置しています

この統計結果を見る限り、格差が少ない先進国といえます

バブルで資産が膨れ上がっていると
数字が高く出ますが、そういうわけでもありません


他にも有益なデータが多数掲載されています
ネット上のデマや風評に踊らされぬよう
ファクトを頭に入れておくといいですよね


数字には表れない焦燥感、閉塞感、不安

これは必死にもがいて
数字を叩き出しているからなのカナ



相対的貧困率に絡めて、追記しておきます


相対的貧困率が先進国中
もっとも低いとされるデンマーク

デンマーク

平均資産額 28.2万ドル
最頻資産額 8.7万ドル

1万ドル未満 26.0%
1-10万ドル 27.2%
10-100万ドル 42.0%
100万ドル以上 4.8%

欧州の富裕層がリタイア後
デンマークに移住しているケースも多いようです

デンマークの所得税率はなんと50%を超過
消費税率も25%

社会保障制度の高い国なので
資産を蓄える必要も薄いのかもしれませんね

相対的貧困率のデータは
所得額がベースとなっています

所得をベースにしたデータと
資産をベースにしたデータでは
このように見事に結果が異なります

平均値と最頻値を見ても一目瞭然

一方向からしか光が当たっておらず
見えていなかった事実も
自分で少し調べてみることで
浮き彫りにすることができます




データでわかる日本の新 富裕層




リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5709: by freeflyfisher on 2017/11/22 at 14:45:13

このデータおもしろいですね。
貧困ビジネスをしたいNPOの方や
左寄りの方は、格差が広がり、
それは安倍政権のせいだと言いたいようですが、
経済成長が少ない方がより格差は広がりそうですがw
世の中のせいにして何でも許されるということはないはずです。

無理矢理、相対的貧困という言葉を作りだしていますが、
なぜ比べる必要があるんでしょうか?w

それぞれ個々人が、都度都度、
自分の責任において、人生を選択してきて、
それでも生活できない人は、
基準を満たせば、生活保護を受ければいいだけで、
そうでなければ、最低限度の生活水準はあるということですよね。

5710: by 煙々 on 2017/11/23 at 12:41:28 (コメント編集)

面白いデータですね。私もこのグラフをExcelに取り込んでいろいろ並び替えをしてみました。
中国は、中間層が36.7%と低いですね。1万ドル以下の63.1%も大きい。労働(成人?)人口十億越えを考える絶対数がかなり。まだまだ貧乏な国ということなんでしょうが、もっとあるべきところにお金を使うべきなのに、、、と余計なことを思ってしまいました。

5711:freeflyfisherさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/11/23 at 13:39:41 (コメント編集)

書かれていること、よくわかります

私も概ね、同様の印象を持っています

自分の主張を裏付けるためだけに
都合のいいデータを抜粋して公開して批判をしている
それをファンが拡散して恣意的なデータが
一人歩きを始めてしまっている

この国を良くするために政治家はいるべきだと思うのですが
揚げ足取りに終始しているのは情けない話です

5712:煙々 さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/11/23 at 13:50:20 (コメント編集)

このデータ無料公開、本当にありがたいです

人員もお金もかけて、レポート作成しているはず
しかもコピープロテクトもかかっていない
だからコピペでEXCELに取り込むことも簡単


煙さんのブログ読みました

相対的貧困の件、ホントそうですよね

あくまで相対的ということがポイント

日本ではテクノロジーを活用したサービスも豊富
低コストでサービスに触れることもできる

それが、世界的に見てどれだけ恵まれているのか
少しでも想像が働けば、謙虚にもなります

そういう事実を知る上で
このようなファクトデータはありがたいです

5713: by 山中 一人 on 2017/11/23 at 18:17:21

日本が先進国有数の低格差社会である客観的事実が分かるデータですね。

日本のマスコミは、上記のような客観的事実も9割近くの中間層というサイレントマジョリティの存在も無視して、大声を上げてる極端な人達のみを取り上げて、さも日本が世界最悪の格差社会であるという風に声高に煽ってます。

唯一、我々のような弱小個人ぐらいしか真実を伝えようとする者がいないのが残念ですね。

5722:山中さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/11/28 at 05:41:32 (コメント編集)

コメントを読んで、そのとおりだなって思いました

声の大きな人が言っていることの中には
事実も含まれますが、事実の誇張の仕方や
抜粋の仕方に意図的なものが多くて
自分で元ネタを引っ張ってみてびっくりってものも多いです

5732: by アンビリーバブル on 2017/12/02 at 09:06:32

どのような手法でクレディスイスが調べたかもわからない以上、データを信じる気には到底なれないね。
対象が個人なのか世帯なのかもわからないし、資産の対象も何かわからない。
クレディスイスの調査だから、調査対象者を選定する際、かなりバイアスがかかっている可能性が高い。
金融広報中央委員会の調査では、2人以上世帯のうち、貯金ゼロ世帯が3割を超えているとのことだし、統計手法やサンプル数を考慮すると、こちらの方が信頼するに足る。
労働者数に占める非正規社員の割合からして、資産1万ドル未満が10%を割り込むなんて、世帯ベースの調査結果だとしても、到底あり得ない。
統計法に基づいた公的機関の調査結果よりも、手法が不透明な民間金融機関1社の調査結果を信じるなんて、愚の骨頂だよ。

5733:アンビリーバブルさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/12/07 at 22:06:48 (コメント編集)

どうやら誤解があるようです

credit swiss が各国のデータを
詳細に調査できるはずもありません

政府統計のデータが原典のようです
文書の末尾に data reference として
データ参照元が明記されています

ちなみに日本のデータについて
リンク先は政府統計ポータル e-statでした

金融広報中央委員会の調査における金融資産とは

定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず
運用の為または将来に備えて蓄えている部分であり
土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で
日常的な出し入れ・引き落としに
備えている部分は除くと定義されています

データの解釈部分にはバイアスがあるかもしれませんが
データ自体は各国の調査結果であり
民間金融機関1社の調査結果ではありませんね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS