トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

純金積立と消費寄託契約 その信用力

信用を含めて買う契約形態




金地金の売買と消費税還付 のつづきです


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


消費寄託とは

金銭その他の代替物の寄託をいい
受寄者は寄託物を消費してよく
種類、品などおよび数量の同じ他の物をもって
返還すれば足りるとするものである (民法第666条)

コトバンク 消費寄託より抜粋



「受寄者は寄託物を消費してよい」

スポットと積み立て どっちも手数料がかかる
しかし売買手数料にしか消費税はかからない

金地金の現物売買とは明らか異なる契約形態

調べてみました

純金積立には、大きく消費寄託と特定保管(混蔵寄託)
大きく2種類の保管形態があります


特定保管の場合

文字とおり「金」として保管されます
所有権も移転されませんから
運営会社が倒産しても影響はありません


消費寄託の場合

金を購入した人は同種、同等、同量の金の
返還請求権を取得するに過ぎません


指輪 リング ゴールド
walcyr mattoso


つまりですね 消費寄託の場合

顧客が金を買う 業者に手数料を払う
購入した金の所有権は業者のものになる
購入者は返還請求権という権利だけを得る

顧客は、金を買っているわけではなく
金価格に連動した金融商品の時価に応じた
金銭の返還請求権を買っているわけです



業者は金を買っているとは限りません
業者の独自運用により収益を上げることもありますが
所有権は業者にあるので、収益金は業者の儲けです


業者によっては、ボーナス(配当)が購入者に
払われることもありますが
一切配当をしていない業者もあります

その分、手数料を引いてますよって感じなのカナ
スプレッドも手数料も十分に高い気がするけど


金は利息を生みませんから
配当金目当てで金の消費寄託契約を選択するならともかく
配当金すらない状況で
消費寄託契約をするって、購入者の目的はなんだろうね


万一 金価格が暴騰するような状況下で
金融業者を信用、信頼できるのカナ 大丈夫カナ


契約条件に不公平感があるなと感じちゃいました

消費寄託契約は業者を信頼することと同義

おかしな業者と消費寄託契約したら
あとあと 大変なことになるかもね

つまり業者は金だけでなく
信用もセットで売っているわけです

まあ 貨幣だって国を信用しているわけです




リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 金地金 消費寄託 特定保管 純金積立 信用
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS