トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

正面の理 側面の情 背面の恐怖

背面の恐怖で人を操る



中坊公平の言葉

正面の理、側面の情、背面の恐怖

人を動かすための3要素と言われている

理詰めの理
情緒の情
罰則の恐怖

理と情は直感的にわかる話だから割愛


問題は背面の恐怖


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


従わない場合、どうなるか
背反した場合、どうなるか

それを背中に、じんわりと感じさせる
「こうすると、ああなる」 を想像させる
自問自答させ、自発的に行動させる


背面の恐怖をなくした状態で
今までと変わらずにうまく機能するかどうか

機能すると考える人、そうでない人

この考え方の相違は、人の深いところに根ざしている

上積みで発現するさまざまな意見の相違

深く掘っていくと、この手の楽観、悲観の考えに辿り着く


良し悪しはさておき、管理する側にとって
恐怖は実に使い勝手がいいツールだ


トンネル 恐怖 落書き


会社における背面の恐怖

いろいろとあるだろうけど
シンプルに考えれば

職を失う、出世コースから外される
子会社や地方に飛ばされる
出向させられる などだろう


こんなことを、いささかも恐怖と感じない状態に至ると

糸の切れたタコのような心情になる


「明日、もし天気が雨だったら、会社辞めようカナ」


その程度にまでハードルが下がってしまったら
そこに恐怖は存在しない

無敵の人になってしまう

管理者は もはや透明な存在になってしまっている


背面の恐怖 あなたはどう思いますか



中坊公平・私の事件簿




リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 中坊公平 背面の恐怖 思考 性悪説 罰則
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5668: by ふしやま on 2017/10/15 at 12:06:11 (コメント編集)

私は運送業界の末端社員ですが、ウチの会社には安全研修があります。
この研修が、恐怖心を煽る手法ばかりです。

(1)自分が死ぬ(2)死傷者が出る(3)社内で処罰される(4)逮捕される
などの恐怖を煽るシナリオがあり

(a)ビデオ視聴(b)討論(c)作文させる(d)KY訓練
伝達する方法がいろいろ

(ア)考えさせる(イ)びっくりさせる(ウ)同調させる(エ)批判させる
内面的な思考を動かすための仕掛け

いろいろやってるように見えて、恐怖という着地点と、道程の組み合わせで説明できてしまいます。
そして最後に、偉い人の言う事をちゃんと聞けば怖くないぞ!と助け船を出します。

人を従わせる為に、有効な手法だとは思います。
しかし恐怖で人を操る事に頼り過ぎた企業は、しばしば大事故を起こすように見えますね。
恐怖心は人間の性能を引き上げてはくれないし、屈辱や諦めも生みます。
エントリーにある通り怖く感じない人には無意味ですし。

5669:ふしやまさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/10/15 at 12:56:25 (コメント編集)

具体例まで記載頂き、素晴らしいコメント
どうもありがとうございます

「内面的な思考を動かすための仕掛け」
自分自身で考えさせることで強化できますからね


>恐怖で人を操る事に頼り過ぎた企業は、しばしば大事故を起こす

ホントそのとおりですね

過度の恐怖が諦めを生み出すこともわかります

恐怖は決して万能ではない

恐怖はひっそりと背後に感じる程度がいいんでしょうね

管理側の締め付けが強くなればなるほど
管理される側のストレスも膨らむ
働きずらいと感じる人が増えているのは
管理がより巧緻になっていることとも無縁ではないように感じます

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS