トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

内部留保批判の虎が猫になるグラフ

勘違いの蔓延




内部留保批判をからかう という
エントリーを書いたことがあります

内部留保批判をからかう

内部留保=現預金と考えている人が
どうやら世間には多いんです


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


PDF 企業の内部留保をめぐる議論

この文書は平易な言葉と法人企業統計を基にした
データをグラフ化してわかりやすく書かれています

勘違いが生じる原因は、現預金での貯蓄一辺倒な
家計と直感的に比較してしまうからなんでしょうね

内部留保批判を繰り返して
印象操作をしている側は当然にすべてを
知った上での行動なんでしょうけど

バランスシートの左側は資産の運用形態
右側は資産の調達源泉を表しています
純資産の部に計上される利益剰余金は
調達源泉を表していることになります

利益剰余金が必ずしも現預金や
有価証券等の形で保有されているとは限りません

そんな会計の「きほんのき」から解説
ごくろうさまです <(_ _)>


内部留保批判は実は現預金保有比率への批判を
意図したものであるという前提で考えても
このグラフを見てしまうとイメージとは違うものになる

1980年代は、利益剰余金の増加に伴い
現預金も増加していたわけですが
特に2000年以降は連動していない

そして会社の規模という尺度で斬ってみると
資本金1億円未満の中小企業が
多くの現預金を保有している状況が明白


内部留保 企業規模 現預金
クリックすると参照先の本文へ


虎が猫になるグラフ


中小零細企業は、間接金融に頼らざるを得なく
景気変動に耐えるための緩衝として
現預金比率が高くなるのは、きわめて自然


町工場のおっちゃんに、現預金ばかり貯めやがって
設備投資するか従業員に還元しろ とは
さすがに言えないので、「大企業の」という冠を付けていますが
現預金を貯めこんでいるのは、上のグラフのとおり


とはいえ、諸外国の現預金の対名目GDP比率
このグラフは興味深いですけどね



[参考記事]
日本の大企業は守銭奴なのか
大企業は本当に内部留保をため込んでいるのか



リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: マネーの虎 内部留保 現預金 中小企業 麻生太郎
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5421: by いろいろでセカンドライフ on 2017/03/20 at 18:26:59

長い資料でした、けど、とっても面白かった。こんな機会が無いと読みませんから^^ありがとうございます。

経理の知識ゼロなので、内部留保探すのにバランスシートの資産の部を見て、無い無い、と思ったら
負債・純資産の部にありました。
そんなレベルです。

日本の特殊性とバブルからの企業の苦しみが、流れとしてわかります。
設備投資の停滞と海外投資増、そしてリスクへの備えとしての内部留保。面白いですね。
でも、この海外投資が、今の第一次所得収支にもつながるわけで。

内部留保への課税は無いだろうけど、労働者への分配としての、費用への配分比率の変更は起こるのかも。


5422: by プライア on 2017/03/20 at 22:13:07

確かに安全策として中小零細の方が現金を持つ傾向があるのは自然な気がします。
内部留保に文句を言っても仕方がないですよね。
やっぱり雇われている側が圧倒的に分が悪いです。

5423:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/03/21 at 06:55:30 (コメント編集)

役に立ったようでなによりです

内部留保課税もどきは韓国や台湾に事例がありますが
その結果を見ると、なかなか面白いことになっています

5424:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2017/03/21 at 07:04:07 (コメント編集)

内部留保という言葉のイメージ
間違ってはいないけど誤解を生む可能性があり
言葉の表現って難しいです

アイテムを持たない雇われる側はホント弱いです
アイテムを増やしていかないとね

私はみんな内部留保が積み上がることを
期待して株式投資をしているものだと思っていました
案外、そうでもないってことがわかったことが
ここ最近の驚きのひとつです

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS