トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

信じる投資

面倒をどこまで委任しますか




消費しないピノキオは自国通貨の
現預金ですら投資だと思っています

円を持つということも1つの選択です


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


視野が違うと合理的と考える内容も異なる



見えている範囲が違うから、行動も違ってくる


Aさんの語る合理性とBさんの語る合理性

互いのテリトリーの内では合理的で
それを正しいと信じて疑わないんだろうけど
テリトリーを超えて範囲を拡大していくと
合理的だと信じてくれる人は減ってくる


祈り 信じる 期待


名目価値 つまり額面しか見ていない人は
額面の変動のみを気にしている

実質価値まで考慮している人は
物価変動や為替変動まで気にしている

金融商品ともなれば、商品そのものについて
知らなくてはいけないことがたくさんあるものです


知らなくてはいけないこと

法的に説明義務がある範囲、程度しか説明してくれません
それ以上は販促上 デメリットになりかねませんから


面倒だから信じる、一体どこまで



商品について知ること

その行為自体が面倒くさいとなれば
商品ではなく商品の紹介を信じることになります

知りたい情報がどこまで書いてありますか
そもそも知りたい情報が何か把握していますか


アドバイスの是非を判断するには
事実とアピールの分別から開始しないといけません
ここがきちんと分別整理できていないと
情報を誤認したまま取り込んでしまい
結果としての判断も狂うことになります
そして、その判断にも相応の知識が必要になります


すべてを知ることができればいいのですが
すべてが公開されているわけではありません
知ることには限界があるわけです


突き止めていくと
買い手が何を信じるかという話になる


多くを知った上で、知りえない範囲については
仕方なく信じるということと
知ることすら諦めて、すべてを信じることとでは
まるで意味が違うと思っています



「商品ではなく紹介してくれる人を信じる」

これが一番短絡的です

そして一番危険なわけです

バカ除けがないと直撃でクリーンヒットします
これでは 即 KO負けですね


知ることが防御になる へつづく


[参考記事]
要は買い手が何を信じるか
相手のいるゲームでの戦いかた
バランスしているのは価格です



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 期待 信じる 不可知 知識
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS