トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

今の株価は常に正しい

正しいという言葉の意味




値段は常に正しい のつづきです

「正しい」ってなんですか



「正しい」は、誰にとって「正しい」のか

という主体を必要とします

万人にとって正しければ
「正しい」で問題ありません

実際「正しい」こともたくさんあります


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


でも、「正しい」ことと「正しいと思っている」ことを
厳密に区別していない人が結構多いと思うんです

自分にとって正しいことは
他人にとって正しいとは限りません

多くの人にとって正しいことでも
一部の人にとっては正しくないかもしれない

現在は、正しいとされていなくても
未来では、正しいとされることもあります

もちろん、その逆もあります

足跡 ログ 事実


今の株価は常に正しいですか



株価は、不特定多数の人が
いろいろな期待や思惑を持って
売買を繰り返した結果、形成された価格です

人気、流動性、浮動株比率、大株主動向、信用倍率
需給指標、テクニカル指標、財務状況、将来性、業界動向
ファイナンス、投資家の決済期限、資金繰り 他

株価を変動させる要素が、どの程度あるのか
各要素が、どの程度インパクトがあるのか

消費しないピノキオには、まったくわからないし
すべてを知ることが出来るとは全く思っていません


株価は、特定の売り手と買い手が
その時点、その瞬間に 互いに判断して
売買が合致した結果でしかありません

他の方の売買においては、その基準は
必ずしも当てはまるものではありません

但し、株価は事実そのものです

「事実」と「正しい」は、まったく関係ありませんが

その値段で売買が成立したという事実は
ログに残り、その後の投資判断に
何らかの影響を与えているわけです

投資する側に、何の前提知識もなければ
「本当に正しい」と勘違いしてしまいそうです


顧客に上手に勘違いさせることが
商売の基本ですからね


長くなりました

要は買い手が何を信じるか へ つづく



知性の限界 不可測性・不確実性・不可知性 限界シリーズ




ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 株式投資 可謬性 裁定取引 バイアス 再帰性理論
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5277: by 小黒とら on 2016/12/18 at 20:52:39 (コメント編集)

こんにちは
前回もそうですが、今回も興味深い内容です。
次回も楽しみにしています。(^^)

5278: by プライア on 2016/12/19 at 09:51:45

Yahooファイナンスに銘柄ごとに目標株価ってのがあって、かつてはそれが適正価格と本気で信じて、いや信じ込もうとして損切りが出来ませんでした。

勝てなかったわけです。

5279:小黒とらさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/12/20 at 06:32:42

ありがとうございます

5280:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/12/20 at 06:40:17 (コメント編集)

Yahooファイナンスの目標株価って
みんかぶの株価診断のことかな

みんかぶの診断基準はよくわかりませんが
多くの理論価格は過去の純利益から推測した
未来の純利益を想定して、現在価値を算出しています

客観的指標の1つで根拠はありますが
その数字を信じている人にとってしか
正しいとはならないんですよね

5281: by いろいろでセカンドライフ on 2016/12/20 at 11:40:52

「正しい」「間違っている」
「良い」「悪い」
「信じる」「信じない」
「儲かる」「損になる」
「事実である」「虚偽である」
「好き」「嫌い」
立場の違いで、判断基準がガラッと変わりますよね^^
ある宗教の教義を基に「信じる」「信じない」を軸に行動している人に
ある国の法律を基に「正しい」「正しくない」を軸に話してみても、平行線のままですねw
そんないろんな軸と基を持った多数の人たちが値をつけて、成立した株価、どこから攻めても、それなりの理屈は通りそうだし、どれもダメな理屈にもなりそうで、面白いです^^

「ハイゼンベルクの不確定性原理」「ゲーデルの不完全性定理」「アローの不可能性定理」
それらに並ぶおもしろさですよね><

知性の限界シリーズ、久しぶりに読んでみようかな^^
私には、わかった気になれるので、このぐらいがちょうどよいです。
新しいのも出たのかな。

5284:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/12/22 at 20:38:25 (コメント編集)

どこから攻めても
それなりの理屈は通りそうだし
どれもダメな理屈にもなりそう

本当にそうですね
事実ありきで理屈をつけるので
どうとでも料理できます

占星術と大差ありませんw

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS