トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

価格の歪みが利益をもたらす

価値は日々動いている



タワーマンションの固定資産税評価の見直し

のつづきです


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


目立つか目立たないか



一般的に高層マンションは
高層階、角部屋ほど高い価格で分譲されています

しかし固定資産税評価は、占有面積の尺度でのみ
評価をして、戸別に按分して固定資産税を算出していたわけです

そのギャップに目をつけて、節税をする人も当然出てきます

不公平感が世の中で目立ってきたので
見直したというのが、正直なところでしょう

目立たなければ放置されていたはずなんです


ふくろう 蛾 擬態
petapeta



歪みなんて世の中に溢れている



2018年の新築引渡し以降の物件のみを
新たな評価方法の対象にするという決断は
至極 公平なものだと考えています

知っていて買うのと知らずに買うのとでは
まるで意味が違うということです

今、こうしてアナウンスしているので
これから買う人は、評価方法が変更されることを
知った上で、購入することになります

自己責任です

2018年までにタワーマンションを売り切ろうと
デベロッパーは必死になっているはずです
セールストークにも使われるでしょう
急ぎすぎるあまり、欠陥住宅が出てこなければいいのですが

富裕層の駆け込み購入も増えるのかな


価格や制度の歪みが利益をもたらす



時価と固定資産評価額の歪みのギャップを狙い
将来の規制まで先読みして上手に立ち回る人が
果実を受けることは、全く問題ないと思っています

こんな歪みは世の中に溢れています
スポットライトが当たっているかいないかの違いだけです

容積率の緩和、用途変更、法や条例による規制
大型ショッピングモールの建設、道路や駅の新設など

資産価格に影響を及ぼすイベントなんて
それは、それは たくさんあります

マイホームの価値も日々変動しています



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 価格 ギャップ 歪み 税制 タワーマンション
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5196: by たんちん on 2016/11/16 at 08:58:03

歪み探しを面倒と思う人がいないといけませんね、時は金成です。

5197:これぞ by アホンダラ on 2016/11/17 at 01:37:52

バリュー投資の真髄ですね。

ただ、才能が必要です。
廻りの雰囲気に飲まれないという。

皆と同じことをしていないと心配で眠れない、
という人には無理です。

又、私のように気が付かない内に無意識に
飲まれていて、ずっと後にそれと知るのも
ダメです。

さらに、データを取ってよく検討して無意識に
落とし込むというメンドーな作業が苦にならず
に楽しい、という変態性も必要だと思いますわ。

5198: by 煙々 on 2016/11/17 at 05:41:58

タワーに部屋を所有の私が思うには、タワーを購入するくらいなら固定資産税ごときで文句を言う人なんてほとんどいないのではなかろうか?と。どちらかというと、相続税としての節税が国税に睨まれただけかと。

どのような按分方式になるかわからない時点でなんとも言えないのですが、税制はシンプルであるべきと。そう考えると法改正なんていらないと思うのでうけどね。私の保有しているタワーの部屋は、新しい税制に従うと、たぶん安くなるはずですが、ちょっと反対ですかね。

5199:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/11/17 at 06:25:22 (コメント編集)

歪みがあると知っている人のうち
その行為を面倒と思っている人もいますが

歪みなど気にしたことがない人
歪み自体がないと考えている人
仮に歪みがあっても自分の気持ちを優先する人

きっと大半だと思うんですよね

高価な商品=良い商品という逆転の思い込みが
気持ちよく成り立つくらいに相場を信じているように思います

5200:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/11/17 at 06:29:32 (コメント編集)

ちょっと疑いの目で世の中を見渡せば
とても身近なところにも
なんでこんな価格帯で売られているのか
という商品はたくさんあると思うんです

私は作られた便利グッズが嫌いで
便利グッズのアイデアだけ盗んで
自分で便利グッズを作って使います

たしかに変態なのかもしれないw

5201:煙々さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/11/17 at 06:43:45 (コメント編集)

そうです、固定資産税や不動産取得税といった
少額の税対策ではなく、相続税対策ですね

事業で儲かっている人は
経費を増やすことを考えるので
社宅として借り上げたりします
これも税対策です

だから賃貸需要もあるんです

税制がシンプルであるべきと私も思います

現時点でも評価見直しは行われていて
これも時価との乖離を減らすための努力です
会計制度も時価会計に近づけています

評価額が時価よりも低いということは
時価が間違っているということもできます

きっとこのあたりも柔軟に対応できるように
評価見直しが定期的に実施されています

今回の件、複雑な税制になったという印象はまるでなく
評価法に新しい尺度が追加されただけと思うんです

まあ、ここは考え方ですけどね

5202: by いろいろでセカンドライフ on 2016/11/17 at 12:07:45

知り合いが、税金同じなのに、
上の階の人間は良い場所に住んでずるい、
と言っていましたが、一部解消するんですね^^

30階を超えるようなタワーマンションは、まだ建ち始めて30年ぐらいだから、一世代ちょっとと比較的早く税制改革されたんですね。
次は、大改築や建て替えを迎える、後30年ほどたった時に税制含めてどうなるのかが楽しみです。
20階建てあたりと30階超えるものは多分、60年経過以後ぐらいから、メンテが大きく異なってくると思うので。
私は、その未来を見ることはできないでしょうけど^^

5205:いろいろでセカンドライフさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/11/18 at 19:20:54 (コメント編集)

2018年の新築分譲 引渡し物件から
評価法が変わるようです
タワーマンションの行く末には、私も興味津々です
取り壊しに一体いくら費用がかかるのか
環境規制なども厳しくなっていることが想定されます
タワーマンションの建て替えに際しては
容積率の緩和は難しいかもしれません

うーん、どうなるんでしょうね

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS