トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

3400万円も払ったのに家を失い 1107万円の残債を負う

ノーマネーではないけど98%OFFでフィニッシュです




まるでマンガのようなお話ですが
これはフィクションではありません、ノンフィクションです

2600万円が103万円に バブルの破壊力 のつづきです


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


金融機関への支払総額 3400万円 也



競売の事件記録のコピーが手元にあります

そこには残債額が書かれています

約1150万円です

競売に至るまでの期間が17年半なので
推測の上、シミュレーションしてみました

変動金利タイプ
借入平均金利 5.5%
支払期間 17.5年
借入期間 25年
元利金等返済
ボーナス払いなし
繰上げ返済なし

この条件で計算すると、約1150万円が残債額になります


ダンス 渇望 欲望


そして、こんな結果になります

合計支払額 3400万円
元本支払額 1450万円
利息支払額 1950万円


沼田さんは、金融機関に、合計いくら支払ったか

推定3400万円です


借入額は2600万円でした

金融機関 ちゃっかり債権回収出来ています



17年半の利息支払総額が1950万円




金利があまりに高いため、利息の支払額が
元本の支払額を超えてしまっています

17年半の利息支払額が1950万円

金利の威力って本当に凄いです


申立人の請求債権額は、1150万円です

この規模の不動産競売手続きの諸経費は
およそ60万円くらいのようです

ちなみに裁判所への予納金も60万円となっています

落札価格103万円から経費60万円が差し引かれ
不動産競売の申立人は、43万円を受領し
債務者の残債から差し引きます

結果、債務者の残債は1107万円になります


ウソみたいですが 2600万円が43万円に



沼田さんにとっては、2600万円で買ったマンションのローンを
3400万円も支払った挙句の果てに、支払いが滞り
債権者である金融機関に抵当権を実行され
マンションを競売で強制的に売却、そして残債が43万円減っただけ

これでは、まるで焼け石に水です

残債が4% 弱減っただけです


ローンを組む時は、金融機関にいくら利息を支払うことになるのか
ってことも計算してから、契約をした方がいいですね


次回、金額をまとめて明示してみます

高金利 リコースローンの恐怖 へつづく



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 不動産競売 残債 自己破産 予納金 借金
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5137: by バッタモン on 2016/10/30 at 21:12:36

>沼田さんは、金融機関に、合計いくら支払ったか
推定3400万円です
借入額は2600万円でした

そりゃすごいですね。
破産宣告は出来なかったのでしょうか?

しかし、逆に儲けた人もいます。
バブル崩壊当時に個人年金に加入すれば金利が5%以上ついたはず、しかも複利で
コツコツと毎月積み立てていれば元金の3倍近くになっている。
まぁ当時は皆がみんな不動産バブルも金融バブルも永遠に続くと思っていたんですなぁ。
多くの人は現状の延長線上に未来を想像します。
あとから思えばそれがとんでもない状況だとしても。
さて、今日のデフレ経済、未来はどうなりますかねぇ(笑)

5138:信用二階建て by アホンダラ on 2016/10/31 at 00:33:36

借金でバクチを打つという意味では同じです。

借金と言っても、証拠金の額内におさまるような
レバレッジ1倍以内ならいい。株取引でも、売り
から入ったり、両建てする人もいるから。

不動産は、物件を担保にして借りるので、まさに
信用二階建て状態。頭金のキャッシュを多くする
か、損切を早くするかのとにかく三十六計逃げる
にしかずにしておかないと、好景気に乗り遅れまい
とする最後発ドシロート投資家が大損しても不思議
じゃないわ。

不動産で儲ける人は、かなりのインサイダーか、
街角に血が流れている時に出動できる勇気と合理
性を持った人だと思います。

5139:沼田さんより少し前に家を建てました。 by pin on 2016/10/31 at 13:02:19

住宅金融公庫から4.5%、年金機構から4.9%のローンを借りました。
住宅メーカーは金利はこれから上がる一方だから今が買い時だと言っていたのを思い出します(笑)。
支払総額を計算するとばからしくなるので、その後低金利のに借換えてなんとか払い終わりましたが冷や汗ものでした。

5140:バッタモンさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/31 at 20:12:03 (コメント編集)

破産宣告 自分でってことかな
おっしゃるとおり、もっと前に無理なことくらい
わかっていたはずです
沼田さんは銀行と交渉するつもり
だったのかもしれないですね
だから任意売却も持ちかけた
でも、ことごとくNOと言われたので
最後は自己破産+免責という王道パターンに
出たような気がします

デフレもいつまでも続くわけじゃないですよね
スタグフレーションになりそうです

5141:アホンダラさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/31 at 20:20:09 (コメント編集)

>好景気に乗り遅れまい

本当にそんな空気が蔓延していたようですね
歴史から学ぶことが多いと言いますが
こんなに身近にいい例があります

>街角に血が流れている時に
>出動できる勇気と合理性を持った人

東京大空襲の最中、地下壕で不動産売買を
していた人もいるくらいですからね

5142:pin さん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/31 at 20:24:54 (コメント編集)

これは貴重な経験を書いて頂きありがとうございます
お金が人生に及ぼす影響は、やっぱり大きいです

その時代に住宅購入を考える年頃だったら
そんな狂乱相場を正しいと思い込んでいたかもしれません



ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS