トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

人生のターニングポイント 仕事の駆け抜け方

走り方の問題 速く走るか 効率的に走るか




人生のターニングポイント



現在、消費しないピノキオは40代半ば

入社してから今日までを振り返ってみると
いくつかのターニングポイントがあった

一番のターニングポイントは
早期リタイアをしようと考えた瞬間

毎日があまりに忙しく、休日も自己研鑽していたし
生活全般が疲弊していて、胃まで壊しつつあった
こんな状態があと何十年も続くなんて完全に無理

結論はあっさりと出た

これは入社3年目くらいの出来事


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


このまま会社勤めをして、苦労し続けても
自分にとって、いい事はなさそうだと確信した

問題は、手元のカネが少ないことだった

忙しくてカネを使う暇がないという
悲しい状態が結果的に功を奏したが
それでも まるで足りなかった


こりゃ、しばらく働くしかなさそうだ

この時点では早期リタイアという目標は
あくまでぼんやりとした目標だったが
働くという行為は手段に変化した
仕事を仕事として、淡々と処理していた


自転車 競技 競争


出口を意識すると楽になる



終わりを意識することのない毎日の中で
気持ちの乗らない仕事をし続けることは
心身の疲弊があまりに大きい

でも、仕事とは関係のない目的があると
仕事はあくまで手段となる

仕事への意識のプライオリティが下がる

リタイアの場合、幸いにして「終わり」と直結している
これが消費に向かうと概ね「エンドレス」に直結する

当時 上司を見ても、幸せそうにはまるで見えなかった
そのストレスが部下にも伝わり、部全体が消耗していた

レールを辿っていった先には、たしかな果実がある

でも、その果実を掴むには、あまりに長く辛く
絶え間のない疲労を生む道を駆け抜けなくてはならない

それだけ苦労をしたところで、果実を掴めるかどうか わからない
実力だけではない、運にも大きく左右される

自分でコントロールできるのは基本的に自分だけ


仕事での走り方を変えてみた



仕事の仕方を意識的に変えていった

がむしゃらに走って最高のタイムを狙うのではなく
無理せず、怪我なく走って、そこそこのタイムを出し続ける

ものすごく簡単に言うと、そういう方向に舵を切った


だから、プロセスを徹底的に意識するようになった

速く走るためのスキルアップではなく
効率的に持続的に走るためのスキルアップ

問題が起きる前に先読みして問題発生を予防する

このスイッチが下手だった真面目な人ほど
メンタルの病に倒れて去っていった印象を持っている

彼らは、とにかく速く走っていた 速く走りすぎていた

当時、うつ病は 今日のように認知されていなかった
本当にヤバイ状態になってから、会社に来なくなった

今 どうしているのだろう

視野が狭くなってしまうと、人生の中の仕事の比重が増えていく

全てが仕事なんだと感じてしまった時
その仕事が上手に運んでいないと
人は簡単に倒れてしまうのかもしれない


大事なのは距離を意識すること、ペースを意識すること
100m走のペースでマラソンは走り切れない

早期リタイアの決断時に考え抜いたこと へつづく



[参考記事]
仕事が好きという状態をいつまで維持出来ますか
1度心が折れてしまうと もう昔のようには働けない
仕事に関わりたくないという人の本気



僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか




ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 仕事 リタイア うつ病 メンタル 距離
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5063: by バッタモン on 2016/10/03 at 10:46:44

私はもう60を超えてますが、20代の頃は今よりも社会や会社が働く人にやさしかった。
殆どが正社員でそれほど努力をしなくても自然に売り上げは伸びていたし会社自体も大きくなってましたね。
会社の福利厚生も充実してましたし
大した会社でなくても厚生年金のほかに企業年金が付きました。
おかしくなりだしたのが97年ぐらいからで賃金が下がりだした。
小泉政権の頃には企業は簡単に従業員を解雇できるようになりました。
それからはホントに働くのがつらくなりましたね。
たまらなくなって50代で早期リタイヤしましたよ。

5064: by プライア on 2016/10/03 at 22:56:56

ゴールを意識して仕事が手段になった時から楽になるというのは全く同感ですね。

実務は常に全力を意識していましたが、出世レースを走る必要がなく、個人技の評価は意識しつつもサラリーマンとしての評価はあまり意識せずに済みました。だから完走できたんだと思います。

鬱病で去って行った人たちは何人も見て来ましたが、彼らは何をゴールと思って頑張っていたんだろうか・・それがその半期の目標だったとしたら悲し過ぎる・・・

5065:バッタモンさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/04 at 06:20:58 (コメント編集)

バッタモンさんが20代の頃
40年くらい前ってことですか
今とは大違いなんでしょうね

その当時は週休2日ではない時代
でも、今よりも心にゆとりがあったんでしょうね

ところでバッタモンさんは
ブログをしないのでしょうか

5066:プライアさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/04 at 06:29:28 (コメント編集)

プライアさんは自分のモノサシで考えて
全力で取り組める人だろうと思っています

私もモノサシを今回披露したわけですが
目の前のことに熱中してしまう性格はなかなか抜けません
気が付くと目先の明確な目標に向かって、夢中に走っていたこともあります
だからこそ、自分でブレーキを意識しないとヤバイ感じなんです

不幸にも倒れてしまった人は、皆 真面目さんでした
自分にモノサシがなければ、相手のモノサシで高評価を得たいと思うし
自分の目標がなければ、提示された目標で刷りかえられてしまいます

仕事でメンタルをやられてしまう人が
少なくなればいいなといつも思っているし
会社も気を配りつつありますが
ゼロにはなりませんね

5067: by バッタモン on 2016/10/04 at 06:42:34

>その当時は週休2日ではない時代
でも、今よりも心にゆとりがあったんでしょうね

公務員でも土曜日は昼まで働いてました。
一般では隔週で休みの処もありましたね。
仕事は肉体的に結構きつかったけど精神的には今よりも楽だったんじゃないでしょうか。

>ところでバッタモンさんは
ブログをしないのでしょうか

自分でテーマを考えて文章に起こすのは難しいです。
今のところ書きたいテーマもないですし。
コメントする方が楽ですね。
そのうち書きたいネタが見つかればブログを始めるかもしれません。



5076:バッタモンさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/10/08 at 10:08:57 (コメント編集)

>仕事は肉体的に結構きつかったけど
>精神的には今よりも楽だったんじゃないでしょうか

やっぱり、そんな感じだったんですね
たしか、土曜日は午前中だけだったんですよね


ブログ、始めたら教えてください

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS