トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール


早期リタイア 家計 節約

ランキングに参加しています

ポチっとクリックお願いします

不動産投資
中長期投資  くる天ブログ
ブログの殿堂
FC2ブログ  ブログ王

この人とブロともになる
ブログの記事一覧へ

List Me by BlogPeople
貯まる人 貯まらない人

おすすめ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

セルフレジまで大行列 速度ポイントを導入してみたら

行列をどうにかしてほしい




近所のスーパーでセルフレジが導入された

商品をバーコードで読む作業と
合計金額を確定する作業はレジで店員が処理をする


リタイア 家計 貯蓄 リタイア 家計 貯蓄


精算処理だけがセルフとなっている
これはセミセルフ方式と呼ばれているようだ

1つのレーンには2台の精算機が置いてある

精算処理でもたつく人は確かに多いので
意味がないとは思わないけど、実に中途半端だ

案の定 レジ待ちの行列は相変わらずだ


レジ 店員 カードポイント


駅近くのスーパーはフルセルフ方式だ

商品のバーコード読みから精算まで
一気通貫でセルフになっているレジがある

小さなスペースに6台のセルフレジが並ぶ
導入当初は、そのレーンの行列も短かったが
最近では非セルフのレーンよりも行列が長くなっている

客の不正を見逃さないためか
監視モニターを見ながら
店員がひとりで立っている


多くの客が期待しているのはスピードだ
スピードが上がればレジ待ちの行列も減る

RFIDが普及するまでのつなぎのシステムだ

ちょっと遊び心を加えた実験をしてみてはどうだろう


セルフレーンで、特別なポイントを付与する
そのポイントはレジの処理速度に応じて付与数が変化する

処理が速ければ速いほど、多くのポイントを手に出来る
商品点数に応じた標準時間との乖離でポイントは決まっている

時間がかかりすぎるとポイントはマイナスになっていく
時間がかかる人は、有人レジに並ぶ方がお得になる


セルフレジポイントはアクセラレーターのような働きをするに違いない

でも、クレームを恐れて、どうせ何もしないんだろうな

そんなわけで、消費しないピノキオは行列に並びながら
金額が確定してから、ゆっくりと財布を取り出し
ピタリ賞を狙うかのような、執拗な小銭払いする
おばちゃんの姿を、背後から眺めつつ
今日も歯を食いしばって耐えるわけです



ランキングに参加しています
お気に入りましたら是非とも
恵みのワンクリックをお願いします


リタイア 家計 貯蓄

くる天ブログ ブログの殿堂
FC2ブログ ブログ王
関連記事


Ads by Ninja Admax
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
このエントリーのタグ: 行列 セルフレジ スピード 消費 カードポイント
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5048: by クロスパール on 2016/09/27 at 05:58:41

ポイント制はクレームというより、損する確率があるというだけで敬遠されると思います。投資が普及しないのと同じで。

こんなのどうですか?
一回のレジにつき商品は5点以内とする。これならばかなりスピードアップに貢献すると思います。(ただし客は何回も並ぶのでこれもまたクレームが出るだろうけどね)

5049:クロスパールさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/09/27 at 07:39:17 (コメント編集)

クロスパールさんの言うとおり
スピードに自信のない人は有人レーンに並ぶと思うんです

そうなると有人レーンだけが大変な行列になります
それを見て、行列に並ぶかどうかですね

実は、そこが狙いです

たかだか、買い物するのに
なんでこんな大行列に並ばないといけないのか

その疑問がいずれセルフに足を向かわせると思うのです
そしてセルフという選択肢の中で
ポイントを減らさないためには と考えるようになり
自分で自分を訓練するようになるはずです


1回のレジにつき商品は5点以内
たしかに回転数は上がるのですが
レジを見ていると10000円近い精算客も
多いですからね うーん

5050: by たんちん on 2016/09/27 at 07:59:55

歯を食いしばって耐える
これよくありますわ、ピノキオさんも気が短いんですねえz

5051:たんちんさん コメントありがとう by 消費しないピノキオ on 2016/09/28 at 07:08:20 (コメント編集)

渋滞、行列、混雑

つまり待つということだけは
大人になれそうにありません
永遠の少年として頑張ります

ブログ内検索

おすすめ書籍

おすすめ記事

RSS